おいしいもんが好き!

おいしい食べもんの記録

【バリ島】個人手配で行くバリ&シンガポール④ セントレジス・バリ 一泊14万円のお部屋

<関連記事一覧>

①マイルが一人しか使えず、アタフタする準備編

②フライトの12時間前に自宅出発

③セントレジス・バリの出迎えに驚く。なんでここにいるの?

④ラグーンヴィラ1ベッドルーム専用プール付 一泊約14万円のお部屋 ←今ここ

⑤ボネカの朝食はビュッフェ台のみならず、オーダーで堪能すべし

⑥私たち的バリ島の過ごし方

⑦バリ島からシンガポールへ移動 SQ943便 ビジネスクラス搭乗記

⑧マリーナベイ・サンズ宿泊記 この記事長いので注意です。

⑨2019年4月完成したばかり!チャンギ国際空港のJewelへ。  

 

 

 

A7R04887

セントレジス・バリの優秀な送迎によって、14時にホテル到着です。

 

宿泊は2年前に一度しただけですが、ここの雰囲気はまったく変わっていません。

午後の穏やかな空気に包まれて、静かな時間が流れています。

 

 

A7R04885

チェックインは15時なので、手続きだけ済ませます。

ルームチャージも利用可とのことで、もうどこへ行っても大丈夫です。

海へ行くことも考えましたが…

 

 

A7R04892

まずはバリ島に無事に到着したことを祝います。

ここに来るまでの2年間、仕事頑張った!

 

 

A7R04897

15時になったので、お部屋へ案内してもらいます。

 

セントレジス・バリのお部屋のカテゴリーですが、大きく3種類あります。

セントレジス・スイート

・ヴィラ

・グランドアスタープレジデンシャルスイート

私たちはヴィラに宿泊しましたが、ヴィラも3種類あります。

・ガーデニアヴィラ

・ラグーンヴィラ(ホテルのプールに直結したお部屋)

・ストランドヴィラ ビーチフロント(ビーチに面したお部屋)

1ベッドルームや2ベッドルームもありますが、私たちは

 

ラグーンヴィラ 1ベッドルーム 専用プール付き 371㎡ 朝食込み

 

というお部屋に宿泊しました。

宿泊料金は前述しましたが、一泊約14万円です。

 

一休.comから予約しましたが、朝食なしプランだったり、

予約の変更不可プランだともう少し安くなるようですが(11万くらい?)

セントレジス・バリの朝食は素晴らしいので、ここは利用してもらいたいです。

 

 

2年前は同じカテゴリーの2ベッドルーム436㎡に宿泊しています。

oisiimongasuki.blog.fc2.com

 

 
 

A7R04899

リビングはとても広く、これだけで我が家がすっぽり入ってしまいそうです。

 

セントレジス・バリの動画を作成しましたので、

こちらをご覧いただくと分かりやすいと思います。

昨日アップした動画と同じなので、

ご覧になった方は飛ばしていただいてもいいですし、

私の力作を再び鑑賞してくださっても構いません。

 

もう一度言います。

再び鑑賞してくださっても構いません。

 

私は20回くらい観ました。(ドヤァ)

 

約14分、音が出ます。

 

 

 

A7R04900

寝室は天蓋付きですが、私の女子力ではこの良さが分からないんですよ…。

閉めてはみるものの「うーん…蚊帳?」みたいな。

どこかに私の女子力が落ちていたら、拾っておいてください。

 

 

A7R04933 

デスク横にある帽子と籠バックは持ち帰り可能です。 

ビーチに行くとき、これらを使うとリゾート感が増します。

 

 

A7R04903

寝室の後ろにバスルームがあるんですが、こちらも広いです。

 

 

A7R04932

バスタブは、大人2人でも余裕の広さ。

相方と二人で入るなんて考えただけでキモチワリー。

あくまで参考程度でお願いします。

 

 

A7R04928

アメニティいろいろ。

バリ島の水道事情はよろしくないので、

歯磨き用のミネラルウォーターも置いてありました。

 

 

A7R04930

シャンプー類は、ルメードゥ。

相方は好んで使いますが、私は香りがあんまり好きではありません。

 

 

A7R04931

クローゼット

 

 

A7R04935

お手洗いその①

 

 

A7R04906

お手洗いその②

なぜ鏡張りなのか、理由を教えてほしい。

 

 

A7R04909

バルコニーもとても広い。

 

動画では写っていると思うんですけど、テーブルと椅子も置いてあります。

いわゆるダイニングセットですが、このテーブルが優秀でした!

検索等で辿り着いて、セントレジス・バリへ宿泊予定の方、すべてにお知らせしたい。

 

テーブルの天板がガラスなんですが、ここで洗濯物が乾きます。

 

日中、ガラスが熱を含み、触るとアイロンのように熱かったので、もしかして…と

相方のパンツ(下着の方)を置いたら、30分もかからずに乾きました。

男性の下着って、合わせがあるから乾きにくいじゃないですか。

それが30分で乾きます。

 

天板に乗せたとたん乾き始めるので、水蒸気がもわもわ~っと出てきて、

絶対匂いをかぎたくない湯気なんですけど、それは置いておくとして

ものすごい勢いで乾いていきます。

手で絞っただけなのに、30分で乾くのはとてもありがたい。

洗濯の心配が少し減りますね。

ガラスの天板の写真を撮ってくれば良かったです。

 

あ!動画!

動画にダイニングセットが写ってます。

相方のパンツは写ってませんけど。

残念! ( ̄∇ ̄)

 

 

動画です。 

 

 

 

A7R04910

このお部屋は前述のようにラグーンヴィラと呼ばれているのですが、

お部屋から直接ホテルのプール(ラグーン)にアクセスできます。

中央に写っているのは、お部屋専用プールです。

 

 

A7R04913

プールが奥の方にチラリと見えています。

直接アクセスできるということは、他の宿泊客も入って来られるということですが、

間違えて入ってくる人もいません。

 

外に表札のように部屋番号が書いてあるので、それさえ間違えなければ大丈夫。

 

 

A7R04915

お部屋専用プールは、そんなに広くないですけど、

浮き輪でぷかぷか浮いているだけなら十分です。

 

 

A7R04919

そしてここが東屋(バレ・カバナ)です。

バリはこの時期乾季なので、ほとんど汗をかきません。

私は一日の大半をカバナで過ごしていました。

コンセントもあるので「電源がないと生きていけない!」

という相方でも大丈夫でしたよ。

 

目の前がラグーンプールですけど、めったに人も通りません。

不思議なことに子どももほとんどいなかったので、

昼でも夜でも、とにかくずっと静かでした。

 

昼間はカバナから流れる水の音を聞きながら、

夜は虫の声を聞きながら、とことん何もしない贅沢な時間を過ごします。

 

 

A7R04904

セントレジス・バリにはバトラーサービスがあるので、

このようなバトラー専用のお部屋があり、

奥には待機用のベッド、トイレまであります。

 

これらを使ってバトラーを独り占めしようと思ったら有料になるんでしょうけど、

コーヒーを入れてほしいとか、衣類にアイロンをかけてほしいとか、

簡単な要望には、すぐに応えてくれるらしいです。

 ビビりなので、一度も利用しませんでしたけど。

 

 

 

 

 

以上でお部屋のご紹介は終了です。

最初は「広い!」と感動したお部屋でしたが、

371㎡もあると広すぎちゃって、最終的には移動が大変になるほどでした。

 

自宅だったら、少し大きな声を出せば誰がどこにいても声が届くのに、

なかなか声が届かないし、

一番大変だったのは、物を探すことでした。

 

日焼け止めとかルームキーとかビデオとか…

ちょっとどこかに置いてしまったものを探すのが、そりゃもう大変。

広範囲になりますから、部屋の中を歩く歩く。

物の定位置が決まるまでは、とにかくいろいろ探しました。

 

普段はちょっと手を伸ばせばなんでも手が届き、

トイレに行くのも10歩も歩けば着いてしまうような部屋に住んでるんですからね。

身の丈に合わない部屋で生活すると、こういうことになるようです。

 

 

 

続きます。

次は、セントレジス・バリご自慢の朝食です。