おいしいもんが好き!

おいしい食べもんの記録

【南阿佐ヶ谷】とんかつ成蔵  伝説のとんかつ屋さんへ初訪問 とんかつってこんなにおいしかったっけ?

以前は高田馬場にあり、

3時間待ちもザラだったという伝説のとんかつ屋さんへ行ってきました。

 

高田馬場店はお弟子さんに譲り、

2019年7月南阿佐ヶ谷駅に新オープン。

 

以前は整理券配布でしたが、こちらは完全予約制。

以下のサイト、OMAKASEから予約できます。

 


 

 

R0001143

 

場所は南阿佐ヶ谷駅から徒歩5分。

写真でいうと、青信号を左右に青梅街道が走っています。

右が新宿、左が青梅方面になります。

 

  

 

R0001142

 

17:25にお店の前集合。時間厳守!

とのことで、15分前行動したら、すでに先客が5組も!

大人気店だったことが伺えます。

 

 


R0001129

 

入り口前に待ちスペースがあり、ここでメニューを渡されます。

 

 

R0001130

 

そこそこいいお値段ですが、ここはいっちょ、

TOKYO-Xのシャ豚ブリアンかつ3個(180g)定食を食してみます。

お値段ドーンと5,780円!

私のダイエットは一向に始まりません。

 

メニューに載らない単品もあり、

この日は牡蠣フライなんてのもありましたよ。

 

そして17:40

おもむろに名を呼ばれ、到着順でいそいそと入店。

我々は6組目でしたので、1ターン目では入店できませんでしたが、

最初のお客様が着席して落ち着いたころ呼ばれ、入店できました。

 

入ってすぐに肉の良い匂いがします。

 

「これは期待できる!」

直感的に感じる良い匂いです。

 

店内はテーブルが5組10席。

カウンター8席だったと思います。

 

そして私たちを含め、みな静かに待っています。

大事なことなので2回言います。

みな静かに待っています。

 

これは静かに待つのがデフォルトなの?

と思うくらい誰も何も話さずジッとしています。

その静けさに耐えられず、私は一人ヘラヘラしてしまうくらい。( ̄∇ ̄)

 

しいて言えば、みんな、なにか神々しいものを待っている感じ。

まぁ結果的に間違ってないけども。

 

 

 

R0001134

 

15分ほど待ったでしょうか、

私たちにも運ばれてきました!

 

 

 

R0001135

 

第一印象は「白い」でした。

低温調理でじっくり揚げているそうですが、それにしても白いです。

 

でも衣はサックリしていて軽くてふわふわ。

 

 

 

R0001137

 

断面図どーん!

 

この大きさ、女子のお口の大きさ的にはどうなんだろう?

なんて心配も一瞬で吹き飛びます。

 

まぁまぁとにかくかぶりついてみて。

お肉がとても柔らかいので、すぐに噛み切れます。

そしてしっとりとしていて甘味がたっぷり。

一口食べると、肉汁がじゅわ~っと。

 

あれ? とんかつって、こんなにおいしかったっけ?

 

私のイメージするとんかつは、筋があって脂身があってしつこくて、

とにかくダイエットの敵のような存在で…。

 

ネガティブイメージ満載ですが、これはそれらをすべて覆します。

3時間でも並ぶ人がいるはずだ!

おいしくておいしくて誉め言葉しか出てきません。

低温でじっくり揚げているのに、なぜこんなにさっぱりしているの?

 

あまりにもおいしくて夢中になって食べてしまいました。

なんだったんだ、これは。

 

 

 

R0001132

 

しばらく普通のとんかつは食べられなくなりそうです。

 

「とんかつもそうだけど、お前のカツ丼うまいのになぁ。

あれもしばらく食べられないや」と相方。

 

「なにおー!生意気にー!」

と、お小遣いを減額してやりたいところですが、

今回ばかりは私も同意見でした。

 

 

これはまた頑張って予約とらないと!(相方が)

 

 

 

予約サイト貼っておきますので、ご活用ください。


 

地図も貼っておきますね。