おいしいもんが好き!

おいしい食べもんの記録

【台湾】2泊3日台湾旅行⑧ 迪化街で歩いて飲んで食べて

<前回までの記事>

 

① 準備編

② 出発編 全日空 NH851便 ビジネスクラス搭乗機

③ ホテル到着編 王朝大酒店(サンワールドダイナスティホテル)

④ 占い横丁で、ズバズバ言い当てられる

⑤ 永康街で食べ歩き

⑥ 士林夜市で食べ歩き

⑦ 食べて買って食べて飲んで。要するに食べ歩き

 

 

2泊3日の旅行で、もう8記事目です。

 

どんだけ続くんだよ!

 

と呆れ気味の方々、申し訳ございません。

しかしワタクシは大変興奮して燃えております。

激アツです。

もう少しお付き合いくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

観光スポット迪化街で目についたものを飲んだり食べたり

 

 

迪化街とは台湾最古の問屋街で、乾物屋さんや漢方薬を扱う老舗がある中、

そのノスタルジックな街並みが人気です。

インスタ映えする写真も撮りやすいのではないでしょうか。

 

よって女子が多いです。

 

 

場所はこの辺

 

 

 

ピンを刺したところ、南北に伸びた道が迪化街です。

 

 

 

A7R06968

 

台北霞海城隍廟という廟周辺から、迪化街に入ります。

 

 

 

A7R06969

 

廟の周辺にいた方、みなさんがここでお茶を飲んでいました。

近づくと「日本の方へ」という注意書きがあります。(左下)

 

砂糖入りのお茶なので、少量味見をして味を確かめてください。

 

だそうです。

飲みたくなりますよね。

 

飲んでみたところ、本当に甘くて一口しか飲めませんでした。

 

そしてこの台北霞海城隍廟は、帰国してから知ったのですが、

縁結びのパワースポットなんだそうです。

 

だからお茶が甘いのか!(たぶん違う)

 

 

 

 

A7R06971

 

さー迪化街を歩いてみましょう。

 

 

 

民藝埕 ノスタルジックな店内で東方美人を飲む

 

 

 

A7R06993

 

さっそくかわいらしいお店を発見。

入ってみるとカフェのようで、1階には茶器が売られていました。

 

 

 

A7R06973

 

「カフェは2階です」と、流暢な日本語で案内された先には、

こんな素敵スポットがありました!

 

 

 

A7R06974

 

A7R06984


A7R06980

 

A7R06981

 

映えるよね~。

こりゃ映えるわ~。

 

独り言を言いながら写真を撮りますが、全然映えてませんね。

なんだこの写真は。

 

この時レンズは16-35mmだったんですが、

せめて標準レンズ以上のものを持っていけば良かったです。

 

こういうのを「撮っただけ写真」っていうんです…。

 

 

A7R06975

 

せめてテーブルフォトだけでも!

 

と必死に撮りましたけど、これは茶葉です。

ぜんぜん映えません。

 

茶葉は香りを確認して、好きなものを選びます。

台湾茶日本茶、紅茶がありました。

 

 

 

A7R06978

 

願望も込めて、東方美人を選びました。

 

 

 

A7R06985

 

ノスタルジックな素敵カフェには、素敵店員さんがいるものです。

 

私と対極にいるような、体も声も細くて、お顔も美しい。

毎日丁寧に暮らしていることが体からにじみ出ているような女性が、

流暢な日本語で飲み方を説明してくれました。

 

私も毎日東方美人を飲んだら、こんな女性になれるのでしょうか。

のちほどお茶屋さんに茶葉を買いに行くので、買って帰ろうと心に決めます。

 

 

 

 

A7R06988

 

お茶菓子も豊富です。

これだけ種類があったら、どれか一つくらいハズレがあっても…。

と思いますよね?

しかし何を食べてもおいしかったです。

 

お値段は、一人280台湾ドル。(約1,000円)

映えまくり、癒されまくりなので、決して高くないです。

 

 

 

迪化街の街並み

 

 

A7R06996

 

再び迪化街を歩いていきます。

 

 

 

A7R06994

 

A7R06997

 

A7R06998

 

人が集まってるので、近づいてみますが…。

 

 

A7R06999

 

これは何でしょう?

豆?

 

 

A7R07000

 

これは乾物のようです。

 

 

A7R07001

 

テクテクと、北に向かって歩いていきます。

 

 

A7R07003-2

 

このカゴ屋さんも、ちゃんと撮ったら映えると思う!

 

 

 

A7R07004

 

これはちょっとどうかな。

 

 

 

夏樹甜品で杏仁豆腐を食べる

 

 

A7R07006

 

ビル全体がオシャレでしたので、撮影していたら、

どこかから杏仁豆腐のいい香りが漂ってきます。

 

 

 

A7R07011

 

どうやら1階にあるこのお店が杏仁豆腐を売っているようです。

 

 

 

A7R07007

 

渡されたメニューを眺めながら、

「杏仁豆腐あるよね?この匂いは間違いなく杏仁豆腐だよね?」と話していたら、

「アンニンドウフ?」と訊かれたので、高速でうなづきます。

 

 

 

A7R07008

 

「ツメタイノ?アタタカイノ?」と訊かれたので「冷たいの」と答えます。

続いて「トッピング?」と訊ねられましたが、こちらは丁重にお断りしました。

杏仁豆腐にトッピングって、想像がつかない…。

 

っていうか、温かい杏仁豆腐なんてあるんですね。

湯豆腐みたいな感じかしらん?

 

 

 

A7R07009

 

トッピング用の小豆などが並んでいますが、すべてお店で手作りしているそうですよ。

 

写真撮っていいですか?とカメラを構えたら「チョットマッテ」と言って、

スプーンなどをキレイに並べなおしてくれました。

 

 

 

A7R07012

 

そして二人でシェアすると分かると、ちゃんとスプーンも2本くれます。

台湾の人は、本当に親切。

 

肝心のお味は、今まで食べた杏仁豆腐の中で一番おいしかった。

優しい甘さ、なめらかさ、のど越し。

そのどれもが良かったです。

 

お値段は55台湾ドルでした。(約200円)

 

 

 

 

 

 

次の記事では台湾茶を買い、豚足を食べます。

台湾茶を買うのは、この旅で3番か4番目くらいの目的のひとつでした。

 

日本茶もおいしいですけど、台湾茶もおいしいんですよね。

先ほどのお茶屋さんで飲んだ…

 

あ!

 

東方美人買うの忘れた!

美人になる計画台無し…。