おいしいもんが好き!

ミシュラン星獲得店・予約困難店など おいしい食べもんと旅行の記録 目標はラグジュアリー

【札幌】ミシュラン2つ星の天ぷら あら木

 

 

2017年版ミシュラン北海道で2つ星を獲得した天ぷら屋さんへ行ってきました。

(2017年以降、北海道での発表はありません)

 

場所は、すすきの駅から徒歩5分くらい。

 

 

 

DSC04081

 

「大きなお店だねー」と写真を撮っていたら、

相方に「右のお店だよ、右!」と怒られました。

 

 

 

DSC04084

 (こっちだった)

 

夜の営業は2回転しているそうで、18時の時間厳守でスタートです。

お店はカウンターのみ9席。

満席でした。

 

 

 

DSC04085

 

料金は@14,000円(税・サ別)

 

ざっと周りを見回すと、私たち以外は常連さんばかり。

でも大将が気を使っていろいろと私たちにも話しかけてくれます。

 

お料理はイマイチだったんですが、お人柄はとても良かった。

ホールスタッフの接客も、とても良かった。

 

 

 

DSC04086

 

ナチュラルに「イマイチだった」なんて感想を述べてしまいましたが、

食べる順番を間違えちゃったと思うんです。

 

前日、積丹で雲丹やら鮑やらの極上漁師飯を食べた後は、

なにかB級グルメを挟んで口をリセットしないと、

何を食べてもイマイチになってしまうということを忘れていました。

 

 

 

DSC04087

 

タコも前日にブリブリの甘いタコをお刺身で食べたばかりです。

 

 

 

DSC04088

 

銀杏はおいしかった。

 

  

 

DSC04089

 

海老も、新鮮なものを食べたばかり。

 

 

 

DSC04090

 

比べても仕方がないので、しばらく黙っています。

 

 

 

DSC04091

 

イカ

 

 

DSC04092

 

キスは揚げたてを天つゆにドボンと。

大根は鬼おろしでした。

 

 

 

DSC04093

 

アスパラ

 

太くてしっかりしたアスパラで、2回に分けて提供されました。

1回目は写真の状態。

2回目は根元の部分。

根元の部分が甘くてうまかったなー。

 

 

 

DSC04096

 

雲丹

 

 

 

DSC04098

 

雲丹その②

 

雲丹は鱗晃荘(りんこうそう・漁師宿)で無添加の物を食べたばかりでしたので、

ミョウバンの風味がよーく分かりました。

 

これはもうどうしようもないです。

前日に、雲丹漁の漁師が獲ってきたばかりの雲丹を食べたばかりなんですから、

その味を簡単に超えられるわけがない。

 

常連さんたちが「うまい、うまい」と言って食べている横で、

無言で食べる私たちは、さぞ浮いていたでしょう。

仕方ないじゃん!ミョウバンが臭いんだもん!

 

  

 

DSC04099

 

 

DSC04100

 

 

DSC04102

 

そら豆

 

 

 

DSC04104

 

ジュンサイ

 

 

 

DSC04105

 

じっくり火入れをしたサツマイモ。

これはおいしかった!

 

 

 

DSC04106

 

目の前で捌いたばかりの鰻。

木の芽と山葵が良いアクセントになっていました。

 

 

 

DSC04109

 

締めは、天丼、天茶、天むすから選べました。

 

 

 

DSC04110

 

こちらは天むす。

海苔は厚みがあって風味が良かった。

 

 

 

何度でも言う!

食べる順番間違えた!

 

鱗晃荘より先に来ていたら、

きっとおいしかっただろうと思います。

一人14,000円とコスパも悪くないし。 

 

その証拠に鱗晃荘で食べてないもの(銀杏とかアスパラとか)は、

おいしいと思えたので。

 

あぁ…

こんな記事アップしたら、あら木ファンに怒られそうだ。

北海道で二度と天ぷらを食べるな!って。

 

それは困るので、ここはひとつ

『漁師飯は最強だった』ということをお伝えしたかった。

ということでご了承願いたい。

 

 

 

 

 

 

 

あわせて読みたい