おいしいもんが好き!

ミシュラン星獲得店・予約困難店など おいしい食べもんと旅行の記録

【湯河原】らぁ麺 飯田商店  早朝6時から行列ができるラーメンを食べてきました。

 

 

 

超行列店のラーメンを食べに、

東京から3時間かけて湯河原まで行ってきました。

 

早朝6時から行列ができ、130枚の整理券があっという間になくなったり、

最大180分待ち、300人超の行列となったこともあるというこのお店。

 

早朝6時って、家を何時に出ればいいの?

 

と二の足を踏んでいたのが、

コロナ禍により予約制となりましたので、行ってまいりました。

ラーメン屋さんで予約ってなによ、とかいうツッコミは無しでヨロ。

 

 

ちなみに予約はOMAKASEで取れます。

 


 

 

 

DSC04292

 

予約時間は13時。

遅刻したらシャレにならないので、自宅を9時に出発。

 

途中、渋滞に巻き込まれつつも12時に到着できました。

予約時間まで1時間ありますが、ジッと車の中で待ちます。

 

12時50分

おもむろに車から降り、予約名を告げたところ、

すでに同じ時刻の予約客が並んでいらっしゃいます。

 

 

 

DSC04293

 

並んで待っている間に注文をします。

 

 

 

DSC04294

 

往復6時間もかけるんだから、一人一杯で帰るのはもったいない。

なので二人で以下の4点を注文。

 

しおらぁ麺 1,300円 ×2

つけ麺 1,700円 

お出汁割り 200円

 

  

 

DSC04302

 

時間になり、到着順に店内に誘導されます。

お客は完全入れ替えなのか、先ほどまで一緒に並んでいた予約客しかいませんでした。

 

店内を見回すと、受賞記録がたくさん張り出されています。

 

 

 

DSC04301

 

券売機にも受賞記念のシールがたくさん。

トロフィーまで置いてあります。

 

 

 

DSC04296-2

 

席は間引きされ、一人一人の間が広いです。

ラーメン屋さんにありがちな、胡椒とかの調味料も置いてありません。

これはコロナによるものなのか、もともとそういうスタンスなのかは分からないけど。

 

 

 

DSC04303-2

 

しおらぁ麺 1,300円です。

 

ラーメンとしてはお値段お高めですけど、一口食べて納得。

とにかくおいしい。

ラーメンとしては別格。

これはラーメンというより、別の食べ物なんじゃないか。

 

シルクのような食感の麺

濃厚なのに、喉をするする通っていくスープ

一口麺を食べると、口の中に広がる小麦粉の風味。

 

早朝から並んで食べる人の気持ちが良く分かる絶品。

 

うまい!

 

 

 

DSC04309-2

 

私たちが一杯目を食べ終わるタイミングで、つけ麵@1,700円です。

 

 

 

DSC04310-2

 

チャーシューは東京X名古屋コーチン

 

 

 

DSC04311-2

 

 

DSC04317-2

 

つけ麵は、しおらぁ麺と違って、いろいろカスタマイズできます。

九条ネギ、山葵、へべす(宮崎県産柑橘)、ふき味噌

お出しも二種類あります。

 

お店には若い子も多く、一生懸命説明してくれました。

「へぃらっしゃい!」的な、ラーメン屋さんの接客ではなく、

こんなオバちゃんにも丁寧に接してくれるのは微笑ましい。

 

そして、このつけ麺もおいしい!

甲乙つけがたいですが、

私はほんの少しだけ、つけ麵の方がおいしいって思いました。

 

 

 

DSC04318

 

オーダーした出汁割りですが、

なんとなんと直前に鰹節を削り、出汁を取り、麺つゆの中に入れてくれました。

削りたての、出汁取りたて。

 

くそ…これもうまいな。

また全力で予約をとって行かなくては…。

 

 

 

 

 

 

  

あわせて読みたい