おいしいもんが好き!

東京を中心に食べ歩きをし、時々旅にも出ています。

【鹿児島】指宿温泉 悠離庵(ゆりあん)宿泊記 全室露天風呂&温泉水プライベートプール付離れ宿 2日目

 

  

 

ギックリ腰になりました。

人生5回目のギックリ腰に。

それも1週間の旅程2日目に。

 

 

だいたいギックリ腰って、きっかけがあると思うんです。

重いものを持ち上げたとかなんとか。

少なくとも過去4回はそうでした。

 

でも今回は何もなし。

 

寝てたら腰が痛くて目が覚めて、

『腰が固まったかな?寝返りでもするか』と思ったら痛くてできない。

 

『この痛みはもしかして…』

徐々に覚醒する意識の中、この痛みがギックリ腰であることを思い出します。

 

 『いやいやいやいや、ここでギックリ腰はないでしょ』

 

ゆっくり体を起こしてトイレに向かいますが、腰がガクガクします。

この腰の不安定さと、時折来る激痛が、もうギックリ腰以外考えられない。

 

 

そして全治3~4日と推察できそうな痛みです。

私的に『プチギックリ腰』と呼んでいる部類です。

(本物のギックリ腰は全治2~3週間。うち1週間は、まったく動けない)

  

 

 

33769F32-B9A6-4B5F-B8A4-2783608AE6EA

 

『プチならいいか…』

頭を切り替え、とりあえず朝ごはんに向かいます。

 

 

 

C30215CD-005B-4312-956B-5AF979D7E49E

 

「ご飯食べたら痛み止め飲まなきゃ…」

「今のうちにAmazonで腰痛ベルト購入して、次の宿泊地に届くようにする?」

「多少は動いた方が回復早いから、プールの浮力を使ってウオーキングしよう」

 

有識者会議を開きつつ、朝食をいただきます。

(相方もギックリ経験者)

 

 

 

4E519124-C01E-4B64-9F02-46F288539EA9

 

 

1B4813AA-22ED-4F63-A198-19730A8AE201

 

 

64B1F3AA-38D0-40F4-8D74-DB4791F193E2

 

昨晩の夕食もおいしかったけど、朝食もおいしいです!

 

 

 

A54AD9F8-0806-4D40-9517-CE2810978361

 

個室から 人工池を望めます。

お天気悪いですね…。

最近は良かったんですけど、雨男&雨女復活のようです。

 

 

 

042A0352-83CC-4F52-8CD1-A5912602FC67

 

連泊なので、シーツ交換やら掃除やらの希望を訊かれますが、

タオル交換と飲み物の補充だけお願いしました。

 

 

 

1D218919-186A-49FD-BB80-1C72A7826FF3

 

昼食はサービスなのかな?

追加料金を徴収されなかったので、たぶんサービスだと思いますが、

おにぎりがおいしかった。

 

 

 

59E61CEA-3CFE-426E-AECD-983F8C49599A

 

午前中は雨がやむ時間帯もあったんですが、

降るときは写真のようにかなり強く降っていました。

 

 

 

F87ED891-54C6-4EF0-BAA6-FDEBB1022FAA

 

せっかくのプールでぜんぜん泳げませんが、

とにかく気になるのは、のちに令和2年7月豪雨と呼ばれる、この豪雨。

 

テレビのニュースでは、朝からずっと雨の情報ばかりで、

「〇〇地方の雨がうんぬんかんぬん」言っていますが、

土地勘がないので、何を言っているのかがサッパリわかりませんでした。

ここは何地方なの?〇〇公民館ってどこ?

不安は募るばかり。

 

 

私たちはこのままここに居てもいいのだろうか。

避難した方がいいのだろうか。

それともチェックアウトして次の目的地(福岡)まで移動したほうがいいのだろうか。

でも宿の人は何食わぬ顔でいるし、危険はそんなにないのかも。

 

 

頭の中で何度も上記をリピート。

どうしたもんかな…と思っているうちに、2日目の夕食。

 

食事は本当においしかったです。

これだけが癒しになってくれたかも。

 

 

 9CAF37B7-026E-4F8B-B1DE-806FA5C51791

 

前菜

稚鮎西京焼き  蛸のうま煮  若桃ひすい

穴子寿司 がらミナ旨煮

 

 

 

3EF9C245-824B-4032-9EF8-6BB83AFD7598

 

造り 錦江湾近海産 地魚盛り合わせ

飛魚 コウイカ カンパチ 鯛 赤エビ

 

 


69FAD6DD-8E47-448B-B5D6-06F553053F66

 

焼物

イサキとアスパラのパン粉焼き

 

 

 

 

31D8E815-A19A-4A1F-A37E-802950892FA9

 

冷し鉢

夏野菜と黒さつま鶏 冷製トマトソース

 

 

 

427EFB86-CCF0-4AED-9B55-DA61A4414F35

 

強肴 

鹿児島県黒牛ステーキ フリーズドライ醤油

 

 

 

5BCA2DBA-8305-4316-A2F8-6DBFB3CD1ABF

 

お椀 

鱧とジュンサイのお吸い物

 

ご飯は、土鍋の炊き立てでした。

 

 

 

7DB5FF08-4668-4775-B5A1-C72A4E53C3D3

 

水菓子

 

 

 

1650797B-96E7-466B-BB90-93E4D6A62DB5

 

雨が強くて、普通にシャッターを切っても雨すじが撮れます。

 

食事中に、この旅行で初めての(初めてということは、この後もあります)

緊急速報がスマホに届き、けたたましく鳴り響きました。

マナーモードにしていようが、お構いなしに鳴るアレです。

 

警戒レベル3

避難準備、高齢者避難開始

 

となっていました。

指宿市役所の災害放送でも、高齢者の避難を呼びかけています。

 

土砂災害警戒区域も発表されますが、

土地勘がないゆえ、どうしたらよいのかわかりません。

しかし宿の方の指示がないので動けません。

 

翌日はチェックアウトして九州新幹線で博多へ向かう予定だったのですが、

熊本に豪雨予報が出ていたため、早々に運休が発表されました。

九州自動車道は、まだ通行止めにはなっていませんが、どうなるかわからない状況。

そして私はギックリ腰。

 

博多をキャンセルして、もう一泊ここでジッとしていた方がいいのか、

しかし土砂災害の可能性もあるので、

レンタカーで博多まで行ってしまった方が良いのか。

 

荷物をすべてスーツケースに詰め込み、

いつ避難命令が出ても良いように準備してから眠りにつきました。

 

続きます。

 

 

 

<関連記事>

指宿温泉 悠離庵 宿泊記①

指宿温泉 悠離庵 宿泊記②  ←今ここ

指宿温泉 悠離庵 宿泊記③

都ホテル博多 宿泊記

水炊き 新三浦 博多本店

鞆の浦 ホテル鴎風亭 宿泊記①

鞆の浦 ホテル鴎風亭 宿泊記②

鞆の浦 観光

鞆の浦 汀邸 遠音近音 宿泊記

厳島神社 観光

広島 蔵宿いろは 宿泊記

東海道新幹線 N700S  

 


 

 

 

 

 

あわせて読みたい