おいしいもんが好き!

ミシュラン星獲得店・予約困難店など おいしい食べもんと旅行の記録

【広尾】茶禅華(さぜんか)

 

 

 

茶禅華(さぜんか)っていう中華屋さんがありましてね。

 

そりゃまぁもうすごいお店なんですよ。

ミシュラン二つ星だし、アジアベストレストランだし、食べログ4.5だし。

予約全然取れないし。

予約全然取れないし。

 

そして私のようなオバサンが行くお店じゃあない。

 

インスタとか見ると、素敵女子や都会の人がたくさん写ってる。

みんななんかとてつもなくオシャレ。

 

そんなの見たら怖いし、

なんならもう行かなくてもいいや。

くらいに思っていたんですが、このコロナ禍。

サクッと予約が取れました。

 

 

 

DSC04339

 

この看板、インスタでたくさん見ます。

 

 

 

DSC04340

 

入店したらインスタ女子たちに

『あのお腹の出たオバちゃん、区民じゃないよね』

ってヒソヒソされるかと思ったけど、一番乗りだったので誰もいませんでした。

 

そしてこの店内。

とても雰囲気があります!

こりゃ女子たちがトキメクわけだ。

 

「素敵ですね、写真撮っていいですか?」と伺ったら、

「茶器もご覧になりますか?」と案内してくれました。

 

 

 

DSC04343

 

ビクビクしながら入店したのに、すぐに図々しくなれるのもオバちゃんの特技です。

 

 

 

DSC04345

 

メニュー表ですが、4文字熟語が並びます。

文字を読むと、何が出てくるのかなんとなく想像できますね。

 

お願いしたのは、おまかせコース @23,000円(税・サ別)

 

茶禅華は、お茶のペアリングの評判が良いそうで、

・お酒のペアリング 13,500円~

・お茶のペアリング 7,500円~

・お酒とお茶のミックスペアリング 12,500円~

 

相方はミックスを。

私はなぜか帰りの運転を言いつけられたのでお茶のペアリングをお願いします。

 

駐車場ですが、先着1台駐車できます。

事前に連絡しておいたので停められたのですが、

広尾の駐車代金なんて想像しただけで怖いからラッキーでした。

 

ここで合計金額を書いておきます。

税・サ込で総額ハチマンエンデス。

 

ハチマンエンです。

 

写真多めですが、

ハチマンエンのお料理&お酒をとくとご覧あれ。

感想は最後に書いてあります。

 

 

 

DSC04349

 

シャンパンはドメーヌ・スェナン

 

 

 

DSC04346

 

お茶は東方美人

 

 

 

DSC04351

 

青山緑水

一品目はお茶を使った料理です。

極細麺、出汁、青山緑水というお茶の香りをつけたオイルを味わいます。

 

 

 

DSC04353

 

長野県産の鮎

お酒につけて酔わせてから揚げるそうです。

 

 

 

DSC04357

 

プーアル茶

 

 

 

DSC04358

 

紹興酒

 

 

 

DSC04361

 

酒酔大蝦

紹興酒につけられたボタンエビです。

 

 

 

DSC04365

 

京都甘露

 

なんとなくお茶の雰囲気が和食の龍吟に似ているな~

なんて思っていたら、こちらの川田シェフは龍吟出身で、

ペアリングのお茶も担当していたとのこと。

 

 

 

DSC04366

 

五粮香鮎

 

先ほどまで泳いでいた鮎です。

春巻きの衣をつけて揚げてあります。

 

 

 

DSC04369

 

たで酢は「紅たで」です。

 

鮎は3回に分けて食べます。

頭:そのまま

お腹:肝の苦みを味わう

最後:たで酢をつけて

 

 

イカとトマトで割ってあるので、

飲めるほど爽やかなお酢でした。

 

 

 

DSC04371

 

蜜汁叉焼

 

 

DSC04373

 

 

DSC04374

 

叉焼の付け合わせは、大豆、ゴーヤ、茗荷

 

 

 

DSC04375

 

温かいお茶でいただきます。

 

 

 

DSC04377

 

酸橘海蜇

クラゲが酢橘の中に入っています。

蓋の酢橘を絞って、さらに酢橘の風味を立たせます。

 

 

 

DSC04378

 

 

DSC04379

 

北野呂醸造という甲府にあるワイナリー

 

 

 

DSC04381

 

雉雲吞湯

雉肉(キジ)のワンタンで、ワンタンにもスープにも雉が使われているそうです。

 

 

 

DSC04385

 

中国・安徽省(あんきしょう)の手摘み茶。

一枚ずつ手摘みしてプレスしているそうです。

香りと余韻が、他のお茶とは一味違う。

 

 

 

DSC04387

 

蝦子鯧魚

魚は鯧(マナガツオ)

 

 

 

DSC04391

 

四川排骨

真っ赤な料理が登場しました。

 

 

 

DSC04393

 

中から出てきたのは、やまと豚のスペアリブ

 

唐辛子、鷹の爪、山椒を使って炒めているそうですが、

お肉は程よい辛さに仕上がっています。

 

 

 

DSC04396

 

薫香正山小種

 

 

 

DSC04398

 

ポルトガルのモウシャンワイン

 

 

 

DSC04400

 

お口直しの無花果と干し梅

 

 

 

DSC04403

 

岩茶奇蘭

 

 

 

DSC04404

 

シャトーヌフ・ドュ・パフ

 

 

 

DSC04405

 

紅焼魚翅

気仙沼産のフカヒレ煮込み

 

 

 

DSC04408

 

フカヒレ御飯

 

 

 

DSC04414

 

 

 

DSC04410

 

清蒸蕪菁

 

 

 

DSC04413

 

蕪はこちらの腐乳(ふにゅう・豆腐を発酵させて使った調味料)で食べます。

 

 


DSC04419

 

サイフォンでお茶が登場しました。

レモングラス、ローズ、シナモン等入っています。

 

 

 

DSC04420

 

赤ワインは、ナパバレーのカベルネソーヴィニヨン

 

 

 

DSC04421

 

茶禅羊肉

羊肉ですが、ハスの葉が別添えで置いてあるので、

これを使って手で食べます。

 

 

 

DSC04424

 

清湯麺(ちんたんめん)

 

 

 

DSC04425

 

蟹肉とXO醤で味変しながらいただきます。

 

 

 

DSC04427

 

楊枝甘露

ココナッツのアイス グレープフルーツとマンゴー

これも途中で奥にあるタピオカとマンゴーのソースで味変。

 

本場香港ではすべて混ぜて食べるスイーツだそうですが、

日本ならではの食べ方に仕上げたそうです。

 

 

 

DSC04433

 

杏仁豆腐は、温かいものと冷たいものの2種類

 

 

 

DSC04434

 

安徽省の白菊茶

 

 

 

DSC04436

 

ゴマ団子 酢橘のシロップ 針生姜

 

 

 

DSC04440

 

茶器が美しくて眺めていたら、あれもこれもと持ってきてくださいました。

すべて手書きだそうですが、特にこれが繊細で美しい。

 

 

 

最後に感想ですが、

どうやったらこの感動を伝えられるかな

って写真を整理しながら考えていました。

 

おいしい?

繊細?

一流?

 

どれもピンと来ない。

とにかく美味。

一つ一つの食材が、今まで食べていたそれとは違う。

 

俗っぽく言えば、

こりゃ、舌の肥えた区民がこぞって食べに来るわけだー。

単なるインスタスポットじゃないやー。

みたいな感じになってしまうんですけど、

もう一つ俗っぽく言えば、さすがのハチマンエンでした。

 

ハチマンエン出せば、たしかにおいしいものは食べられるかもしれないけど、

ここまでのハイクオリティとは驚きです。

 

ハチマンエンじゃ、普段使いはできないな…。

ねんいち…。

いや、年に1回も無理だな。

数年に1回、特別な日に利用したいです。

 

 

男性の皆様におかれましては、

女性を連れて行くにはピッタリなお店なので、

ここぞという時のデートやお忍び等々、

お好きなシチュエーションでご利用になると良いのではないでしょうか。

特にインスタ女子には大変喜ばれると思います。

 

しかしインスタ女子たちは、あざといのでご注意を。

「おいしい~!連れてきてくれてありがとう!」

と感謝を述べるかもしれませんが本命は映え写真です。

あなたじゃなく、映え写真です。

 

なんの話をしているかって?

茶禅華が感動的においしかったっていう話に決まってるじゃないですか。

 

あ、あとついでに私もインスタやってます。

相方、ご愁傷様。

 

 

 

 

 

 

 

 

あわせて読みたい