おいしいもんが好き!

ミシュラン星獲得店・予約困難店など おいしい食べもんと旅行の記録

【大手町】Esterre (エステール)  パレスホテルにオープンしたフレンチレストランへ

 

 

 

大手町駅直結のパレスホテル。

その中に以前は『クラウン』というフレンチレストランがありましたが、

2019年7月に惜しまれつつ閉店。

 

このブログのトップ画のピアノ・オ・ショコラが名物だったので、

大変寂しい思いをしましたが、

同年11月にフランス料理界の巨匠、

アラン・デュカスが設立した『デュカス・パリ』をパートナーに迎え、

新たに『エステール』がオープンしたので行ってまいりました。

 

というか、

 

ここには私たちの食べ歩きの師匠がいらっしゃいましてね。

食べ歩きのアドバイスやフランス料理の楽しみ方を教えてもらっています。

なので、この方に会いに行ってきた感じです。

 

 

 

DSC04474

 

パレスホテルは皇居の目の前にあるので、景色がとても良いです。

内堀通りが一直線。

 

 

 

DSC04468

 

 

DSC04476

 

クラウンも雰囲気のあるお店でしたが、

エステールはさらに磨きがかかってます。

緊張しちゃって、ワキ汗ビッショリ。

 

 

 

DSC04477

 

ウェルカムドリンクをいただきました。

 

 

 

DSC04480

 

カナッペが2種類

これはスズキ

 

 

 

DSC04481

 

こちらはトウモロコシとオリーブオイルとライムをプレスしたもの。

 

 

 

DSC04483

 

アボカドとトマトのペーストをつけていただきます。

 

 

 

DSC04485

 

おもむろに、こんな大きな板が登場。

それも、各々1枚ずつ。

 

ディスタンス的なものかと思ったら、なんとメニュー表でした。

前菜・メイン・デザートをそれぞれ3種類の中からひとつずつ選びます。

 

 

 

DSC04490

 

再び、おもむろにこんなものがワゴンで登場。

なんとパンです。

 

 

 

DSC04492

 

パンは2種類。

オートミールと黒ゴマ

 

 

 

DSC04494

 

バターは、北海道は稚内にあるチーズ工房アドナイのもの、 

左は塩で、こちらは新潟県笹川の玉藻塩 

 

 

 

DSC04499

 

小さな前菜はラディッシュ

下はラディッシュの葉、赤スグリの実も見えますね。

 

ラディッシュの苦みと、赤スグリの酸がサッパリとしておいしい。

 

 

 

DSC04501

 

エステールの菜園から届いたズッキーニの炭火焼き

北海道産ブッラータ ブラックオリーブのプードル

 

ソースにはズッキーニ、リコッタチーズ、バジルの葉。

 

ブッラータは、そもそもイタリアのチーズですが、

エステールでは食材の9割を日本から仕入れているそうです。

 

ブッラータは「バターのような」という意味があるので、

とても柔らかいチーズです。

 

 

 

DSC04503

 

私のメイン

石黒氏が育てたパンタードのロティ 蕪とレモンバーム

 

パンタードは、岩手にあるパンタード(ホロホロ鳥)専門の石黒農場のもの。

もともと肉質がとても柔らかく、匂いやクセがない鳥ですが、

国産は、さらにクセのない甘みのある鳥でした。

 

 

 

DSC04505

 

相方のメイン

北海道産ワイルドライスのクックポッド 夏野菜のコンフィ

 

クックポッドとは調理をする容器という意味があり、

この形は、アラン・デュカスオリジナルだそうです。

 

 

 

DSC04509

 

お口直しのデザートは梅酒を使っていて、スッキリさっぱり。 

 

 

 

DSC04511

 

デザートはババ・オ・ラム

 

私はアラン・デュカスのババが大好物なので、必ずいただきます。

他に、桃とかブラックチェリーのデザートもありましたが、ババ一択。

ババ命

ババ最強

ババ愛羅武勇(あいらぶゆー)

 

 

 

DSC04513

 

バニラビーンズたっぷりのホイップとラム酒をかけていただきます。

 

が!

 

「あ…あたし運転じゃん…」

 

最近、お酒を飲むとすごく疲れるし、

コロナ的にあまり電車に乗りたくないので、私は運転手に徹しているんですが、

ババの事をすっかり忘れていました!

 

つゆだくならぬ、ラムだくにして食べるのが好きなのに!

 

「それでは、香りづけ程度にしておきますね」とお店の方。

「はい……………。」

 

次こそ、絶対にラムだくにして食べてやる!

 

 

 

DSC04514

 

お茶菓子には、干し柿が出てきましたよ。

 

 

シェフが最後ご挨拶に回っていましたが、

なんとご年齢が20代後半。(28歳っていってたかな?)

若くて活力に満ち溢れたシェフでした。

 

アラン・デュカスのお店は、 都内は他に2件、

『BEIGE』と『ブノワ』がありますが、どちらもおススメです。

 

 

 

そして、京都にも

アラン・デュカスのレストランが入ったホテルがオープンしたんですよ。

 


 

いつか行ってみたいけど、高いのよね…。

 

 

 

 

 

 

 

 

あわせて読みたい