おいしいもんが好き!

ミシュラン星獲得店・予約困難店など おいしい食べもんと旅行の記録

【愛媛】道後温泉 道後御湯(どうごみゆ) 露天風呂付スーペリアルーム 宿泊記① 施設編

 

 

 

 

<関連記事>

徳島県・虎屋壺中庵

淡路島・潮崎の湯 やぶ萬

奥祖谷観光周遊モノレール

祖谷の隠れ宿 祖谷美人① お部屋編

祖谷の隠れ宿 祖谷美人② 夕食編

最後の清流 四万十川

サンリバー四万十 宿泊記

四万十屋 天然鰻

道後温泉 道後御湯 施設編      ←今ここ

道後温泉 道後御湯 食事編

 

 

 

4泊5日の四国旅行、

最終章は日本最古の温泉と言われる、愛媛の道後温泉へ行きます。

 

 

スクリーンショット-(5)

 

 

3泊の間、昭和な旅館、ちょいオシャレな旅館、ビジネスホテルと続きましたが、

今回のホテルは『スタイリッシュ』という言葉がピッタリな

ばりばりのオシャレ宿。

 

一度でいいから『スタイリッシュ』というワードを使ってみたいと思っていました。

ずっと温めてきたこのワードを、いよいよ使う日が来たのです。

 

 

と、その前に…。

松山市内に入ると、こんな文字がみえました。

 

 

A7R03379

 

やればできる!

 

といえば、ティモンディ高岸くんですが、済美高校の校訓だったんですね。

いい校訓だ。

  

 

 

A7R03511

 

さてさて、今回はスタイリッシュな宿のお話でございます。

宿の名前は『道後御湯(どうごみゆ)』

 

2018年5月に全館新築建て替えのリニューアルオープンをしたばかりで、

以前の名称は『宝荘ホテル』

 

小学生以下は宿泊できない、大人な宿のようです。

ほらほら、なんだかスタイリッシュ。

 

 

 

 

  道後温泉 道後御湯

 

 プラン:早割り10%オフ 料理長厳選食材の夕食グレードアップ懐石

 チェックイン15時 アウト11時

 宿泊料金 1泊2食2名 71,280円(税込)

   GoToトラベル都民対象外期間中

  一休.comはコチラ

 

 

 

公式HP


 

 

A7R03509

 

夜間に撮影しましたが、これだけでオシャレ感をお伝えできてる気がする。

なんの根拠もないけど。

 

右隣の建物は、2年前に宿泊した『道後館』です。

ここは食事がとても良かったので、最後までどちらにするか迷いました。

 

 

道後館の宿泊記事


 

 

A7R03435

 

1階のロビーラウンジです。

 

 

 

A7R03436

 

奥にはライブラリーラウンジがあります。

鉄のアーティスト西永拓郎氏の作品『鳳凰』も飾られています。

 

いろいろオシャレ。

 

 

 

A7R03437

 

ラウンジ内には、温泉・旅・アートに関する本が並びます。

 

 

 

A7R03439

 

ドリンクもあり、部屋へ持っていくことも可能です。

 

 

 

A7R03528

 

キレイに並んでいたので撮ってみましたけど、

湯巡りとかできるのかしら?

 

 

 

A7R03527

 

 お部屋の種類は4つ。

・露天風呂付スーペリア 定員2名

・露天風呂付プレミア 定員2名

・露天風呂付デラックス 定員4名

・露天風呂付スイート 定員5名

 

今回は一番安いスーペリアルームに宿泊します。

 

お部屋の札は菊間瓦という愛媛県今治市で生産されている瓦を使用しているそうです。

菊間瓦の歴史は、750年もあるらしい。

 

 

 

A7R03386

 

 

 

A7R03388

 

 

 

A7R03389

 

 

 

A7R03391

 

ベッドボートは、愛媛県にある五十崎社中のギルティング和紙。

 

 

 

A7R03394

 

浴衣もあるし、

 

 

 

A7R03396

 

安心の作務衣もあります。

 

 

 

A7R03399

 

タオル類はもちろん今治タオル。

 

 

 

A7R03403

 

オムニサンス・パリのスキンケアが置いてありましたけど、

女性用だけじゃなく、男性用のポーチにも入っていました。

 

先日、相方が資生堂洗顔フォームを使っていることが分かって

ショックを受けたばかりですけど、

いよいよ、そういう時代なんだと受け入れなければならないんでしょうね。

 

でも

 

「あ、それすぐに使うから、そのまま置いといて」

とか相方に言われると、

「隠しておいてやろうか、コノヤロー」とか思ってしまうんですけどね。

 

 

 

A7R03404

 

バスアメニティは、ポーラのエンジュリエット

 

 

 

A7R03405

 

 

 

A7R03407

 

お部屋の露天風呂です。

 

 

 

A7R03409

 

温泉は循環式で、温度調節はフロントへお願いするシステムです。

初期設定は41.5度でした。 

 

露天風呂には間違いないのですが、解放感はイマイチ。

景色は、いろんな隙間からのぞき込むしかない。

 

 

 

A7R03412

 

 

 

A7R03414

 

松山城は、一応見えます。

右の山の上に小さく映ってるんですよ。

 

 

 

A7R03419

 

 

 

A7R03421

 

飲み物は、冷蔵庫内も含め、宿泊代金に含まれています。

 

 

 

A7R03423

 

一休.comのダイヤモンド会員特典で、

今治タオルをいただきました。

 

 

 

A7R03424

 

 

 

A7R03426

 

説明書きがお部屋に置いてありましたが、

コロナ対策なのかな?

 

コロナ終息後も、これはこのまま置いておいてほしい。

年齢的なアレで、説明が一回で覚えられないのよ。

 

 

 

A7R03432

 

ホテル最上階には大浴場と湯上りラウンジがありました。

大浴場は利用しなかったのですが、タオルも常備されているので、

手ぶらで行って大丈夫だそうです。

 

 

 

A7R03434

 

このラウンジもスタイリッシュ。

壁面は、こちらも鉄のアーティスト西永拓郎氏の作品。

 

 

 

A7R03433

 

冷蔵庫内にはドリンクがありました。

いよかんジュースとコーヒー牛乳とハーブティがありました。

宿泊料金が一人35,000円を超えてくると、こういうところもぬかりないですよね。

 

 

 

 

次は食事編ですが、食事処もスタイリッシュな素敵空間でした。

 

「スタイリッシュ」が言いたいだけ感が否めないかもしれませんが、

一度使ってみたかった「スタイリッシュ」というワードを、やっと使えているので

次の記事でも「スタイリッシュ」を連呼したいと思います。

 

 

 

 

 

<関連記事>

徳島県・虎屋壺中庵

淡路島・潮崎の湯 やぶ萬

奥祖谷観光周遊モノレール

祖谷の隠れ宿 祖谷美人① お部屋編

祖谷の隠れ宿 祖谷美人② 夕食編

最後の清流 四万十川

サンリバー四万十 宿泊記

四万十屋 天然鰻

道後温泉 道後御湯 施設編      ←今ここ

道後温泉 道後御湯 食事編      ←次ここ

 

 

 

あわせて読みたい