おいしいもんが好き!

東京を中心に食べ歩きをし、時々旅にも出ています。

【虎ノ門】東京エディション虎ノ門 スタジオテラス 宿泊記① The Blue Roomでランチ

 

 

 

相方(夫)に、

「エディションとメズム。泊まるならどっちがいい?」

と尋ねられたのはいつだったか…。

 

希望を訊かれる割には、願いが叶ったことがないので

「クラブラウンジがあるほう」と答えたけど、

やっぱりラウンジがない方への宿泊となった今回。

 

2020年9月16日にオープンしたばかりの東京エディション虎ノ門の宿泊記です。

 

 

f:id:oisiimongasuki:20201125132535j:plain

 

 

 

 

EDITION(エディション)とは?

 

 

マリオットインターナショナルの中でも、

ラグジュアリーという最高級グレードに位置しているのがエディション。

リッツカールトンやセントレジス、W等と同格に扱われていて、

日本へは初上陸です。

 

 

2020-11-22.jpg

 

 

そしてマリオットボンヴォイのカテゴリーは最高レベルの8。

私はSPGカードを所有していないので詳しいことはわからないのですが、

同じカテゴリー8は、日本国内だと全7軒あるそうです。

 

・リッツカールトン東京

・リッツカールトン京都

・リッツカールトン沖縄

・翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都

・イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古

・プリンスギャラリー東京紀尾井町

・エディション虎ノ門

 

 

宿泊したことがあるホテルにはリンクを貼っておきますが、 

どれも満足できる滞在だったんですよね。

これらと同等クラスとは楽しみです。

 

「全然希望が通らない」と文句を言いつつ、

頭の切り替えは早い方です。( ̄∇ ̄)

 

 

 

アクセス

 

 

 

東京メトロ日比谷線 神谷町駅直結

東京メトロ銀座線 虎ノ門駅 徒歩10分

東京メトロ南北線 六本木一丁目駅 徒歩12分

 

私たちは車で行きましたが、駐車料金は4,000円

バレーパーキングだと、さらに追加料金が発生するシステム。

 

 

予約内容

 

 

今回も予約は一休.comから。

 

 

 

 

<一休.comダイヤモンド会員特典は下記の3つ>

・チェックイン12時(通常15時)

・チェックアウト14時(通常12時)

チェックイン・アウト共に、空室状況によりますが、

場合によっては26時間滞在も可能になります。

・3,000円分ホテルクレジット

スパ、レストラン、バーで利用可能。ルームサービス、ミニバーは利用不可

 

 

 

 東京エディション虎ノ門 スタジオテラス 1泊朝食付き

 

 プラン名:【開業記念】オリジナルカクテルや10,000円クレジット、朝食付。

 お部屋:スタジオテラス 42㎡

 

 宿泊料金 83,490円(税・サ込)

 GoToトラベル 27,762円

 合計 55,728円 

 

 地域共通クーポン 12,000円

 プラン特典クレジット 10,000円

 一休ダイヤモンド会員特典 3,000円

 

 

 東京エディション虎ノ門のHPはコチラ

 

 

 

THE BLUE ROOMでランチ

 

 

チェックイン前に31階(ロビー階)にあるレストランでランチしました。

 

 

A7C06583.jpg

 

コチラが東京エディション虎ノ門の入り口。

ずいぶんとこじんまりしています。

 

 

 

A7C06582.jpg

 

 

 

A7C06173.jpg

 

中に入ると真っ黒というかなんというか、

このギラギラ感はリッツっぽい。

 

左にあるエレベータに乗って31階へ向かいます。

 

 

 

A7C06554.jpg

 

と思ったらあれれ?

降りたら、とたんに木目調。

 

 

 

A7C06555.jpg

 

ロビーバーのカウンターが目を引きます。

 

 

 

A7C06204.jpg

 

こちらがThe Blue Roomレストラン。

 

こ…これはもしかして。

と思ったら、案の定建築家は隈研吾

 

そのうち誰かが、隈研吾にあらずんば建築にあらず。

とか言い出すんじゃないだろうか。

 

 

 

A7C06179.jpg

 

ランチは3品コース

カクテルorモクテル一杯付き @5,566円。

GoToEatが二人で 1,000ポイント付くとはいえ、なかなかいいお値段。

 

 

 

A7C06176.jpg

 

東京タワーが上から下まで良く見えました。

 

 

 

 

A7C06197.jpg

 

ドリンクリスト(クリックすると大きくなります)

アルコールが3種

ノンアルコールも3種あります。

 

 

 

A7C06180.jpg

 

香茶のパロマ

テキーラベースのカクテル。

 

キューブ状の氷が1個だけ入っているのが素敵!

 

 

 

A7C06184.jpg

 

二つの梨とジン

ジンは「六」という日本のジンを使っているそうです。

 

こちらの氷は四角柱。

 

どちらもアルコールは薄めです。

お酒の弱い私たちが飲んでも全然酔わなかったので、

かなり薄いと思われます。

 

 

 

A7C06186.jpg

 

前菜はスープとサラダから選べたので、一つずつ注文しました。

これはサツマイモのポタージュ

 

 

 

A7C06191.jpg

 

水菜のサラダ

これは私の方がもう少しちゃんとしたサラダが作れるんじゃないだろうか…。

 

 

 

A7C06187.jpg

 

バゲット

添えられているミソバターがおいしかった。

 

 


A7C06194.jpg

 

メインは2種類から選べました。

・ロブスターロール

・ウィンナーシュニッチェル

 

写真はロブスターロールです。

 

どんなものが来るのかと思ったら、これでした。

ブリオッシュの上にロブスターやらイクラやら

ミョウガの素揚げが乗っているんですが、バゲッドもあるんですよね。

パンにパンか…。

 

 

 

 

A7C06198.jpg

 

デザートは7種類から選べました。

写真は、洋ナシのコンポート、フィロペストリー、塩キャラメルのアイスクリーム

 

 

 

A7C06202.jpg

 

三種のチョコレートムース

ミントオイル、コーヒーシロップ、ココナッツ

 

これで@5千円はないわー。

 

と一言つぶやいて深くは語らないまま閉めたいと思います。

ランチメニューはコチラから確認できますよ。

 

 

 

 

ロビー階はインスタスポットの宝庫! ということは…。

 

レストランはイマイチだったんですけど、

ロビー階は素晴らしかった!

 

陽光が優しく差し込んでいて、置いてある小物もかわいらしく、

インスタ映えスポットがたくさん!

 

 

A7C06209.jpg

 

 

 

A7C06535.jpg

 

 

 

A7C06205.jpg

 

 

 

A7C06533.jpg

  



A7C06538.jpg

 

ここではアフタヌーンティも楽しめるそうですが、

インスタ映えアフタヌーンティとなると、

かなりご年齢差があると思われるお連れ様を

連れてらっしゃる男性もちらほら。( ̄∇ ̄)ニヤリ

 

あれは、もしかして…。

 

パパ活かなぁ」と言ったら、

なんと「いいなぁ…」と言ったうちの相方(夫)

 

ちょっと何言ってるかわからないわよ。

そしてそれ、どちらかといえば妻に言うセリフじゃないし。

 

男性はやはり、パパ活願望があるんでしょうか。

家族とか職場にバレた時のリスクは高いのに。

 

「そりゃ、できるもんならしてみたいよ。だって俺が連れているのはコレだぜ」

と私を指さして言うけど、それはご愁傷様だったわね。

 

でもね。

私がオバサンならあなたはオジサンなのよ。

森高千里がそう言ってたから間違いないわ。

 

 

 

A7C06543.jpg

 

その後も、パパ活ぽいカップルを見るたび「いいなぁ、いいなぁ」言ってましたが、

放っておいて、写真撮影続行です。

 

このバーは、クラブラウンジがないぶん。昼も夜も賑わっていました。

 

 

 

A7C06545.jpg

 

営業時間は

7~23時(日~木)

7~24時(金・土)

 

ランチセット 12~16時

アフタヌーンティ 12~17時

 

 

 

 

A7C06546.jpg

 

ホテルのスタッフは皆さんとても親切で、

「何かお手伝いできることはありますか?」

と何度も声をかけてもらいました。 

 

「いいなぁいいなぁ」と、うるさい相方を差し出して、

「この、すっとこどっこい預かっておいてもらえます?」

って言って置いて来れば良かった。

 

 

 

A7C06549.jpg

 

観葉植物がとても多いですが、以前よりも増やしたそうで、

それぞれがパーテーションの役割を果たしています。

 

 

 

A7C06556.jpg

 

 

 

A7C06214.jpg

 

このソファは気軽に座れないような異彩を放っていました。

 

 

 

A7C06527.jpg

 

こちらは2021年2月にオープン予定だという多国籍レストラン。

 

HPとかに写真が載っている割には、どこへ行っても見かけなかったので、

フロントスタッフに尋ねたところ、案内してもらえました。

 

 

 

A7C06528.jpg

 

テラス席がとても気持ちよさそうですね。

 

長くなってきたので、

この辺で一度終了します。

 

 

 

 

 

動画を作成しましたので、よろしければどうぞ。

音が出ます。約8分です。

 

 

 

 

 

 

あわせて読みたい