おいしいもんが好き!

東京を中心に食べ歩きをし、時々旅にも出ています。

再び天候に振りまわされるワタクシたち。

 

 

 

前回の記事の続きです。

 

 

A7C09540.jpg

 

昨年の7月。

鹿児島で令和2年7月豪雨にあい、

自然災害の恐ろしさを身をもって体験したばかりですが、

またやってしまいました。

今回は「雪」です。

  

この日は、宿泊した皆美館からJR松江駅へ行き、特急で岡山に抜け、

新幹線で神戸へ向かう予定でしたが、山陰地方は雪予報。

JRが止まってしまうかもしれないと予想されています。

 

 

f:id:oisiimongasuki:20210306224323j:plain

 

「どうしようもなくなったら戻ってくるので、もう一泊、泊まらせてください」

「はい、お待ちしています」

 

とてもいい宿でしたので、戻って来たいような来たくないような、

複雑な心境で送り出してもらいました。

 

まずはJR松江駅みどりの窓口で、

ネット予約してある特急券を発券してもらいます。

 

「運行状況はどうでしょう?」

「今のところ走っていますが、今後運休になるかもしれません」

 

とりあえず特急券を発券できたので、

レンタカー屋さんに電話をして、予約をキャンセルします。

 

「ここまでは順調だね」

「あーでもないこーでもないと悩んだ割には予定通りだなぁ」

 

ホッと胸をなでおろし、待合室で待機します。

 

ところが発車時刻の15分前、アナウンスが入ります。

「特急〇号の運休が決定いたしました」

 

うそーん。

 

再びみどりの窓口へ行き、手続きをします。

次の特急(1時間後)に振り替えるか、キャンセルするか。

 

次の特急も運休になる可能性があり、

何とも言えない状況で、判断は全て自己責任です。

 

レンタカーに電話をしたところ、

先程のキャンセルをキャンセルしてくれるというので、 

車で岡山まで向かうことにしました。

 

みどりの窓口の方が、

「県境は高速でも危ないんですよ、気をつけてくださいね」

と教えてくれたのに、

「降り始めだし、まだ凍ったりしてないから大丈夫だと思います」

と言い返す土地勘のない東京もん。

 

なぜキョトンとした顔になったのか、

高速に乗って、すぐに思い知らされます。

 

 

 

A7C09546.jpg

 

山の方へ向かえば向かうほど激しくなる雪。

 

 

 

A7C09552.jpg

 

これは、遭難レベルの雪なんじゃ。

と思ってしまうくらい。

 

 

 

A7C09556.jpg

 

途中、運転を代わってあげたいんですが、

易々と引き受けられない恐怖があります。

 

何が「降り始めだから大丈夫です」よ。

自分で自分が呆れるわ。

山陰地方の雪を甘く見たら駄目ですね。

 

 

 

A7C09564.jpg

 

途中、ホワイトアウトに合う瞬間もあったりしました。

でも後続車がいるので急ブレーキは踏めません。

高速の道はまっすぐのはずだし、前の車とは十分に車間距離をとっているので、

「大丈夫大丈夫、落ち着いて」と相方を励まします。

 

写真を撮っていますが、これでもまだ「撮ろう」と思う余裕がある降雪状態です。

実際は相方と二人で全集中でした。

 

 

 

A7C09568.jpg

 

松江から岡山まで3時間くらいかかりましたが、

1時間くらいは恐怖を伴う降雪。

ワキ汗びっしょり。

 

しかーし!

 

県境を越えると、途端に天気は回復します。 

雪が止み、どんどん日が差し込んできて気温も上がり、

山に緑が見えてきます。

 

ここで運転交代。

「あとはワタクシにお任せあれ。寝てていいよ」

 

 

 

A7C09571.jpg

 

先程の景色から、わずが1時間半ほどで岡山駅到着。

なんだこの澄み渡った晴天。

 

さすが岡山、晴れの国。

 

そして新幹線で神戸まで行き、本日の宿にチェックイン。

もうホテルの情報とかいいですか?いいですね。 

 

 

A7C09572.jpg

 

一応お知らせすると、JR元町駅近くにある、

カンデオホテル神戸トアロード。

素泊まりの普通のホテルに宿泊しました。

 

 

 

A7C09579.jpg

 

 

A7C09580.jpg

 

お部屋からは山が見えました。

 

私「あれが有名な六甲山だったりして」

相方「そうだよ、あれが六甲山だよ」

私「山が緑だね」

相方「雪積もってないね」

 

 

 

A7C09587.jpg

 

やめときゃいいのに「せっかく神戸にきたんだから」と、

神戸ポートタワーに行く中年夫婦。

 

 

 

A7C09592.jpg

 

 

 

A7C09597.jpg

 

 

 

A7C09590.jpg

 

観覧車に乗ったら、隣のゴンドラがラブモードでした。

あぶねっ!

 

 

 

続きます。

次は神戸牛を食べる記事です。

 

 

 

<関連記事>

いにしえの宿 佳雲 宿泊記

出雲大社参拝  

皆美館① お部屋編

皆美館② お食事編

雪の中、高速で松江から岡山まで 

神戸炉窯工房で神戸牛をいただく ←次ここ

囲炉裏料理いわやで、ぼたん鍋をいただく

 

 

 

 

 

あわせて読みたい