おいしいもんが好き!

ミシュラン星獲得店・予約困難店など おいしい食べもんと旅行の記録

【押上】焼鳥おみ乃   お料理と関係ない主婦の愚痴をツラツラと書いてみました。

 

 

 

墨田区押上にある、焼鳥おみ乃へ行ってきました。

 

R0001245

 

ところでですね、

『名もなき家事』ってあるじゃないですか。

 

話がガラッと変わってごめんなさいね。

 

でも、あるじゃないですか。

 

主婦の皆さんならわかってもらえると思うんですけど。 

『トイレットペーパーの補充』とか『食事の献立を考える』とか。

 

あれのワタクシ的名もなき家事の筆頭は「脱いだ靴を片付ける」

 

です。

なんなのあれ。

本当に面倒。

 

 

 

DSC04843

 

レバー、ししとう

 

 

我が家は、私以外全員男子なので靴が大きいんですよ。

大きくて邪魔なんですよ。

それが、毎日雑然と並んでいるんですよ。

何度言っても、誰もキレイに脱いでくれないんですよ。

 

 

 

DSC04844

 

銀杏

 

 

大学入学と共に家を出た長男までもが、

コロナのあれで自宅に帰ってきているものですから、

大きいし邪魔だし、なんかもういろいろ臭い。

 

 

 

DSC04846

 

砂肝

 

なので私、考えたんです。

「日替わりで当番を決めよう」と。

 

 

 

DSC04847

 

厚揚げ

 

 

週7日あるうち、相方は一応世帯主なので一番偉いから週に1回。

あとは息子2人と私で週に2回、

曜日ごとの担当制。

 

当番の日は自分の靴だけじゃなく、家族の靴も片付けるルール。

 

 

 

DSC04849

 

マルハツ(心臓)

 

 

そうしましたら奥さん。

子供たち、キチンと靴を脱ぐようになりましてよ。

 

 

 

DSC04850

 

里芋

 

 

自分の担当日に適当に脱がれてはたまらんと思ったのか、

毎日、キレイ脱いである。

これぞ、情けは人の為ならず。

 

 

 

DSC04852

 

せせり

 

 

20年以上も悩まされてきた、靴脱ぎっぱなし状態から

なんと、たった1日で解放されました。

 

 

 

DSC04853

 

ちょうちん

 

 

こんなことなら、とっとと当番制にしておけばよかったですわよ。

 

 

 

DSC04854

 

やげん軟骨

 

 

世の中の奥様方におかれましては、この当番制が

『脱いだ靴脱ぎっぱなし問題』解決の糸口になれれば良いな、

と祈念いたしまして、今日のブログは閉めたいと思います。

 

 

 

DSC04855

 

うずらの卵

 

 

と思ったけど、あらやだ。

写真が数枚残っちゃったじゃない。

 

 

 

DSC04858

 

つくね

 

 

じゃ、あとあの話をしましょう。

『脱いだ洋服裏返し問題』

あれ、みなさんどうしていますか?

 

 

 

DSC04859

 

私は『そのまま洗濯してそのまま干してそのまま畳む』方針です。

元通りになんて戻しません。

 

 

 

DSC04860

 

卵かけご飯

 

 

でも敵もなかなかのもので、全然気にしてないらしく、

次男に限っては、気づかずそのまま裏返しで着る有様。

 

先日、学校の三者面談で担任から「コミュ力が高い」と評されてましたけど、

裏返しのまま着てクラスで笑いでもとってるのか。そうなのか。

 

 

 

DSC04862

 

椎茸

 

 

相方も長男も「着る時、表に戻せばいいや」とでも思っているのか、

裏返し問題は、一向に解決しません。

悔しいです。

なにか良い方法をご存知の方は、教えてください。

 

 

 

DSC04863

 

そんなこんなで、おみ乃のお料理も最後のデザート、社員マスカットです。

「社員」ってなによ、なんなのこの誤変換。

面白いからそのままにしちゃおう。

 

 

 

DSC04865

 

そして今回も焼鳥弁当を持って帰ります。

 

 

 

最後になりましたが、おみ乃は今回も全部がめちゃめちゃおいしかたったです。

予約は、一時より取りやすくなったとはいえ、いつ行っても満席で、

人気の高さも健在です。

 

今回は、特にやげん軟骨がおいしかった。

軟骨にまで甘味があって、コリコリとした食感と共に楽しめました。

 

年内、もう一回行けるといいなぁ…。

 

あ。

 

おみ乃は入店時、靴を脱ぎませんので、ご安心召され。

 

 

 

 

 

 

  

あわせて読みたい