おいしいもんが好き!

ミシュラン星獲得店・予約困難店など おいしい食べもんと旅行の記録

【東京・東村山市】予約困難店&食べログ高評価のお蕎麦屋さんで蕎麦懐石をいただく

 

 

 

 

今回は、東村山市まで蕎麦懐石を食べに行きました。

 

東村山市志村けんさんの「東村山音頭」で有名になりましたが、

若い子たちはご存じなのかしらん?

 

アラフィフの私でも、ドリフ全盛期は小学生でしたし、

東村山市が本当にある地名だと知ったのは、大人になってからだったんですよね。

 

 

 

DSC04868

 

その東村山市にあるお蕎麦屋さんは、食べログ評価が4.05(記事アップ時)

食べログ百名店、ブロンズなどに輝き、

全国の蕎麦屋ランキングでも10位以内。

 

完全予約制ですが、全然予約が取れないというお店。

 

 

 

DSC04869

 

そんな名店に潜り込むことができました。

予約方法は電話だけなので、相方が頑張ったようです。

 

 

メニューは2種類

・季節の蕎麦懐石「昼」6,050円

・季節の蕎麦懐石「夜」8,000円

だけです。

 

 

 

場所はこのへん。

 

 

 

 

DSC04870

 

建物は築100年の古民家を改装したそうです。

店内へ案内してもらったあと、早速写真を撮らせていただきました。

 

 

 

DSC04871

 

ぬくもりの感じられる徳利やお猪口が並びますが、

車で行ってしまったので眺めるだけ。

 

 

 

DSC04872

 

どこか、相方の祖母宅に似ています。

 

20年前に亡くなった後、取り壊してしまったけど、

そのままにしていたら、たぶんあの家も築100年を超えていたのかなぁ。

保存しておけばよかったんじゃないの?

と勝手に思うヨメ。

 

しかし

 

その家を取り壊す際に、もらってきたブリキの桶を、

私は今でも毎日食器洗いで使っています。

 

f:id:oisiimongasuki:20201012161022j:plain

(こんな感じの)

 

84歳の義母が「物心ついたときから家にあった」というので、たぶん80年選手。

さすがに底にいくつか穴が開いていますが、修復して使っています。

あと20年くらい使って100年選手になったらブログ記事にしようかな。( ̄∇ ̄)

 

 

 

DSC04874

 

ドリンクメニューは、こんな具合。

 

 

 

DSC04880

 

秋鮭をジャガイモで包んだ温かい前菜。

あんがかかっていますが、あんとじゃがいもの、ほどよい甘さと

わさびのピリッとした刺激が合っておいしい。

 

 

 

DSC04884

 

季節の盛り合わせ

 

冷たい茶碗蒸し、湯葉豆腐、無花果と巨峰のゴマクリーム掛け

ホタテの真丈の唐揚げ、さわら、茄子、蓮根、茗荷

サツマイモ、栗、子持ち鮎の味噌煮、落花生の塩茹で

 

 

 

DSC04887

 

見ても楽しい、食べても楽しい盛り合わせです。

これは日本酒だったなー。

 

 

 

DSC04888

 

やったー!

そばがき大好きー!

 

添えてあるのは鱧、松茸、冬瓜、つるむらさき

このメンツの中にいても、遜色のないそばがき。

 

 

 

DSC04892

 

治部煮です。

加茂茄子、舞茸、生麩、パプリカ

 

 

 

DSC04895

 

そしてお蕎麦です。

たしか9割と仰っていたと思います。

アクセントには山葵ではなく、辛味大根。

 

 

 

DSC04896

 

ここで大事なことを告白します。

 

私は大人になるまで蕎麦が苦手だったんです。

と言っても15年くらい前なので、

おいしいと感じられるようになったのは割と最近。

 

なのでお蕎麦に対する評価は全然信用しないで下さい。

 

と前置きしてから書かせていただくと、うーん…。

食べログ上位かぁ…。

それってお蕎麦じゃなくお料理の評価なのでは…ゴニョゴニョ。

 

でも相方は「おいしい、おいしい。また来たい」と言っていたので、

絶対においしいんだと思います。

私がすっとこどっこいなだけです!

 

「この馬鹿舌め!」

と罵ってやってください。

 

 

 

DSC04901

 

そば湯は、とろみが強くておいしかった。

 

 

 

DSC04906

 

予約困難店でしたが、コロナ禍で予約がとりやすくなってきているそうです。

都心からだと東村山はちょっと遠いかもしれませんが、

おいしいお料理と蕎麦を堪能されてはいかがでしょう。

 

でも昭和なアナタですと、

東村山音頭が頭から離れなくなるので、ご注意あそばせ。

「ひがしむらやぁまぁ~」って頭の中エンドレスですよ。

 

ちなみに東村山「市」なので、「東村山一丁目」という地名はありません。

 

わぉ!

 

 

 

 

 

 

 

 

あわせて読みたい