おいしいもんが好き!

おいしい食べもんの記録

【新潟県】苗場ドラゴンドラ 隠れた紅葉の名所 日本最長5,481mのゴンドラが苗場にあるって知ってた?

新潟県って、素敵なところがたくさんあると思うんです。

お米だけじゃなくて、実はおいしいものもたくさんあるし。

 

でも新潟の方って奥ゆかしいのかあまり宣伝しない。

 

そのひとつじゃないだろうか、と思うのが苗場にあるドラゴンドラ

全長5,481m 時間も25分間という日本最長を誇っているにもかかわらず、

箱根のロープウェイよりも知名度が低い。

 

ドラゴンドラという名前は松任谷由実が付けたそうですよ。

あのゆーみんが。

 

 

 

 

 

 

 

 

動画でご紹介

 

 

この後、写真をたくさん掲載しますが、

今回は動画の方がキレイに撮れたので、コチラの方がおススメです。

約4分45秒 音が出ます。

 

赤、黄色、オレンジ。

どの紅葉が一番きれいでしたか?

 

 

 

アクセス

 

 

f:id:oisiimongasuki:20191117214115j:plain

 

<車の場合>

関越自動車道 月夜野ICから33キロ約50分 野沢ICから21キロ約30分

<電車の場合>

上越新幹線越後湯沢駅から路線バスで約50分

 

 

アクセスはあまりよくないので、週末は周辺道路が混雑するそうです。

私たちは金曜日に行きましたが、この時は道路も駐車場もすいていました。

 

 

おススメの行き方

 

 

f:id:oisiimongasuki:20191117214053j:plain

 

上の地図をみていただくとわかるのですが、

左にドラゴンドラ(赤いライン)右には田代ロープウェイ(緑のライン)があります。

田代高原では双方つながっていて、山麓間はシャトルバスが走っているので、

三角形にルートが繋がっています。

 

駐車場は、ドラゴンドラ山麓にも田代ロープウェイの山麓にもあります。

どちらも無料。

 

しかし厳密にいうと、ドラゴンドラ山麓には直接駐車することはできず、

左下にあるバスターミナルシュネーに駐車し、

ドラゴンドラ山麓駅まで無料のシャトルバスで移動します。

 

 

 

料金

 

大人 @2,700~3,000円

子供 @1,400~1,500円

(料金はハイシーズンになると上がります)

 

この料金は、

①田代ロープウェイ(片道)+ドラゴンドラ(片道)

ドラゴンドラ(往復)

③田代ロープウェイ(往復)

上記3つから1つの路線を選べます。

 

あと田代高原には、らくらくリフトやパノラマリフトもあり、

それぞれ片道、往復で料金設定があります。

 

私たちは、1日乗り放題チケット

ドラゴンドラ、田代ロープウェイ、らくらくリフト、パノラマリフト)

@4,200円を購入。

 

 

 

田代ロープウェイ

 

みなさん、最初はドラゴンドラに乗るかな?

と思ったので、私たちは逆を突いて田代ロープウェイから乗りました。

 

シュネーからドラゴンドラ山麓駅までのバスは、混雑すると結構待つ。

というのも理由の一つ。

 

 

 

A7R06781

 

田代ロープウェイ山麓駅。

ここでチケットを購入し、まずは田代ロープウェイに約10分間乗ります。

 

 

 

A7R06609

 

二居湖が見えました。

 

 

 

A7R06766

 

A7R06769

 

A7R06610

 

ロープウェイの中には2か所、このようなスケルトンがありました。

 

 

 

A7R06617

 

A7R06765

 

田代ロープウェイ山頂駅到着です。

 

 

らくらくリフト

  

A7R06619

 

ここからは、らくらくリフトに乗ります。

 

 

 

A7R06627

 

A7R06631

 

右に見えるのは田代湖

 

 

 

A7R06634

 

リフトを降りた後は、白樺林を見ながらドラゴンドラ山頂駅まで徒歩で移動します。

地図では片道25分とありますが、景色がとても良いのであっという間です。

 

 

 

ドラゴンドラ

 

A7R06703

 

次はいよいよドラゴンドラに乗ります。

ここは山頂駅。

 

 

 

A7R06669

 

こっちは山麓駅です。

混雑具合が分かりますか?

この日は平日です。

 

 

ゴンドラは8人乗りですが、ゴンドラだけにじゃんじゃん来るので、

これくらいの混雑で、待ち時間は20分くらいでした。

 

 

 

A7R06644

 

A7R06651

 

A7R06665


A7R06670

 

A7R06671

 

A7R06673

 

A7R06685

 

A7R06686

 

A7R06694

 

A7R06697

 

オレンジ、赤、黄色、そして常緑樹の緑。

自然のコントラストが、とても美しい。

25分間、言葉を失いっぱなしです。

 

 

 

ワンポイントアドバイス

 

A7R06701

 

ここでひとつアドバイス

 

ゴンドラは8人乗りですが、ちゃんと椅子があるので座ることができるのですが、

窓が少し青みがかっているので、紅葉が実際よりも緑色に見えます。

 

子供のころ、絵の具で緑がなくなると青と黄色を混ぜませんでしたか?

あれです。

 

なのでゴンドラの上部が少しだけ空いているので、

ここから覗き込むと良いです。

紅葉の鮮やかさが全然違うのが分かりますか?

 

せっかく椅子もあるし、25分と長いけど座っちゃダメです。

ここから除いた方が、断然キレイです。

 

 

 

A7R06723

 

こうやって余計なものが写り込むけども…。

 

 

 

A7R06735

 

駅に到着する際は揺れるので、この時は座りましょう。

 

 

 

A7R06738

 

A7R06748

 

A7R06750

 

 

 

動画は4Kで撮影しました

 

久しぶりに写真を撮りすぎましたが、

やっぱり動画の方がキレイに撮れています。

ちなみに4Kで撮影しているので、よりキレイにご覧いただけると思います。

 

 

ドラゴンドラはどこに座ればいい?

 

f:id:oisiimongasuki:20191117214126j:plain

 

ゴンドラの前に座った方がいいのか、後ろに座った方がいいのか、

右がいいのか、左がいいのか…。

 

往復で3,000円もするので、決して損はしたくないところではありますが、

2往復乗った感想は「どこでもどちらでも良い」 です。

 

いやマジで。

 

ホント、どこからでもキレイな紅葉が見えますよ。

 

「あっちの席が良かったな…」なんて隣の芝を羨んでいると、

自分の席での絶景を迎えた時に見そびれてしまいます。

どこに座っても大丈夫です。

安心してください。

 

 

 

感想

 

A7R06757


ドラゴンドラから見える紅葉は本当に素晴らしいです。

営業は11月4日で終了してしまいましたが、来年も必ず行きます!

 

往復3,000円チケットでも良いですけど、

あともう少し上乗せして4,200円で乗り放題が個人的にはおススメ。

時間の許す限り満喫していただきたい。

 

ただ週末の混雑時は待ち時間が延びると思うので、

その点はご注意くださいね。