おいしいもんが好き!

ミシュラン星獲得店・予約困難店など おいしい食べもんと旅行の記録

【六本木】Ryuzu ミシュラン2つ星なのにコスパ最高のランチをいただく。

 

 

 

2011年にオープンし、2013年から8年連続2つ星を獲得しているリューズへ行ってきました。

 

 

53F445DD-A7B8-43D9-B926-D3E9643B5BD1

 

場所は六本木交差点、ミッドタウンから徒歩圏内。

近隣のコインパーキングに車を停めたら、20分400円。

六本木って高いよねー!

 

電車じゃなくて車で行った私たちも悪いけど、

六本木って高いよねー!(2回目)

 

うちの近所(東京都下)のコインパーを見習えよ。とか思う。

 

 

 

A9150DA9-921E-4628-8E60-0C1A5F1AD9EE

 

訪問したのは約2年ぶり。

来るたびドキドキしてしまう高級感が漂っています。

 

ランチコースは2種類

・前菜2皿、魚料理、肉料理、デザート 5,900円

・お任せコース MENU "Ryuzu" 8,600円

 

今回は前者をお願いしました。

 

 

 

432BBB09-27FE-443A-9DA2-97CFEEAFC4AD

 

まずはアペリティフですが、帰りは私が運転なので、

薔薇の香りがするというお茶をいただきました。

まるでヴァンパイアになった気分です…。

 

むかし「ポーの一族」という、巨匠・萩尾望都の漫画がありましてね、

美しきヴァンパイアたちが、人の血の代わりにバラのお茶を飲むんですよ。

人を襲ってばかりいたら、人間社会で生活していけませんからね。

 

そんな話は要らないとか言わないでくださいよ。

来週のテストで出ますから、ちゃんと覚えてくださいね。

 

主人公は、エドガー・ポーとアラン・ポーツネルという二人の男の子なんですが、

エドガー、アラン、ポー。

エドガーアランポー

江戸川乱歩

 

という小ネタもあるし、もっと深い話もあるんですから。

今日はこれくらいにしておきますけどね。

 

 

 

905C5CAE-D3EC-4B23-80A4-6974A40BA38C

 

リューズは6月14日から通常営業を再開されたそうですが、

座席数が減っていて、席と席の間もかなり離されていました。

 

東京では連日、コロナウィルス感染者が100人を超える状況下でしたが、

そんな中でも、レストランにはかなり人が戻ってきている印象です。

座席数が減っていると言いつつも、さすがの満席でした。

 

 

 

70F759FF-DCBF-49B1-8D56-C170DA72522B

 

グリーンオリーブのマドレーヌ

冷たいとうもろこしのスープ

 

夏を感じさせる一品ですね。

 

 

 

0521E8D5-21A5-43AD-A315-FD58FFAA4FE5

 

 

06A52927-73E8-47FA-9A7B-345FCFD916BA

 

関アジのガスパチョ

オクラ、きゅうりの夏野菜が下に隠れています。

 

ガスパチョが濃厚なんですが、その味に負けていない関アジ。

そして夏野菜。

お互いの素材がぶつかり合いますが、うまくまとめる飯塚シェフの腕はさすが。

 

 

 

74E3FE1C-3191-44AB-8472-22DF62684382

 

ルクセンブルクから空輸されているパン。

これは本当に美味しい。

いろいろなところでパンをいただきますけど、3本の指に入る。

 

 

 

6C7EB3DA-9AEB-49FB-9633-C88DC135F9CB

 

新潟産 発色椎茸のタルト仕立て

シェフのスペシャリテですが、

飯塚シェフは新潟出身なので、新潟の食材がたくさん登場します。

 

 

 

D684A0F4-62DB-4E2F-A9EB-F5AFFCBD467C

 

和歌山産の鮎です。

まず3枚におろしてから、身の内側に内臓のペーストを塗っているそうです。

中骨は骨煎餅に。

身を元に戻して揚げ焼き。

 

鮎は難しいなー。

美味しいんですけど、塩焼きにして頭から丸ごと食べるのが、私は一番好きなので、

こねくり回されると「うーん」となってしまいます。

 

 

 

5D75EE94-B6D6-448D-8A09-072502192279

 

新潟県産の妻有(つまり)ポークです。

この豚肉は本当に本当に美味しいんですよ。

 

火を入れすぎず、ほんのりピンク色。

柔らかくて甘くて、皮もパリッと焼かれています。

妻有ポークが美味しいのか、飯塚シェフがすごいのか、それとも両方なのか。

 

これを今日食べられたのはラッキーでした。

 

 

 

773A58E0-3572-4D33-A289-EFD3EC576DB8

 

国産ライチのデザート

 

よくある台湾産などの甘いライチではなく、

国産のせいか、さっぱりと酸を感じられるライチでした。

 

 

 

59D38ECC-D726-441B-9242-A3296C59F8F0

 

メインのデザートは、バジルのアイス、パイナップルのクリーム

一番上はメレンゲです。

 

 

 

94AD1AF1-E3C7-40C1-970A-D8F31F53FECF

 

さすが飯塚シェフ、重厚感のあるランチには唸りっぱなしでした。

これが@5,900円とはコスパ良すぎます。

 

飯塚シェフの料理を食べたら、渡辺シェフの料理が食べたくなりますが、

7月末には栗山シェフのいる新潟で妻有ポークを食べたし。

アサヒナには1回しか行ってないし、時々、三軒茶屋一丁目食堂を挟みたいし…。

 

妄想は止まりませんが、結局はロブションが好きなんだな。

と思った次第。

 

そうそう、駐車料金ですが、

20分400円で、合計4,500円でした。

 

もう!六本木高い! ヾ(。`Д´。)ノ彡☆

 

 

 

 

 

 

 

あわせて読みたい