おいしいもんが好き!

ミシュラン星獲得店・予約困難店など おいしい食べもんと旅行の記録 目標はラグジュアリー

【麻布十番】エクアトゥールの予約がとれました。

 

 

 

 

エクアトゥールって、すごいお店だそうですね。

 

 

あ、ほら。

私は毎回、相方が予約を取ったお店についていくだけなので、

お店のこととかよく知らないまま行くんですよ。

 

「おいしかった」か「おいしくなかった」かを、

好き勝手ブログに書いているだけなので、

「このお店は〇〇というレストランで修業した~」とか書いているのは、

いざ、記事にするとき調べた後付け的な知ったかぶりがほとんどです。

(壮絶なネタばらし)

 

なので、相方が鼻息荒く

 

エクアトゥールの予約がとれた!

 

と言われましても、それがどれほどのことなのか良く分からなかったのですが、

今調べましたところ、超予約困難店だそうですね。

 

浅いな、知識が。

 

しかし食べログの記事は、激アツなものばかりでしたよ。

評価も4.64じゃないですか。(記事アップ時)

 

 

 

結論から先に申し上げますと、とてもおいしかったです。

さすが超予約困難店だけあります。

 

ミシュランは、予約がとれないということで対象外になっているそうですが、

(寿司さいとうとかと同じ)食べログ4.6以上は納得かも。

 

ただね、お値段が高かったです。

二人で76.000円かな?

飲み物は、シャンパン1杯 ノンアルコールドリンク1杯

白ワイン1杯 赤ワイン1杯 ミネラルウォーター1本

 

麻布十番という立地と食材とを加味したら仕方ないのでしょうが、

ベトナムで激安スパとか激安ディナーを堪能してきたばかりでしたので、

値段の高さに目が行ってしまいました。

 

総額76,000円です。

とくと、ご覧あれ。

 

 

 

DSC00050

 

ビルの一室にお店はありましたが、同じビルの地下一階には、

和食の「かんだ」がありました。

 

相方が「かんだだよ、かんだ」と興奮してましたが、

そんな、かんだ、かんだ連呼されても、

私は神田沙也加しか頭に浮かびません。

 

「かんだ」も予約困難店だそうですね。

 

 

 

DSC00051

 

この表札がなかったら、とても扉を開ける勇気はもてませんが、

フツーの扉を開けたら、中は本当にレストランでした。

 

カウンター6席、個室も6席の、こじんまりしたつくり。

 

 

 

DSC00052

 

私たちは、個室に案内してもらえました。

 

 

 

DSC00054

 

テーブルにセッティングされていた、謎の箱。

 

 

 

DSC00068

 

中にはお箸が入っていました。

 

 

 

DSC00058

 

まずはシャンパン。

 

 

 

DSC00059

 

コースはおまかせのみです。

ランチもディナーも内容は同じだそうです。

 

 

 

DSC00063

 

まずは一品目。

菊芋のブルーテ 鰻の炭火焼き

これは香りがとてもよく、伺ったらマデラ酒の香りだろうとのこと。

菊芋の癖のある風味に炭火の香り、そこにマデラ酒の香り。

おいしいな、これ。

 

 

 

 

DSC00065

 

フォアグラのソテー 

ソースにはフカヒレと豆もやし

 

 

フォアグラは大変味が良く、

そこににフカヒレと豆もやしの食感。

 

一見、この3つは合うんだろうか?と思ってしまいそうだけど、

バランスよくまとめられていて、前菜とは思えないクオリティでした。

 

 

 

DSC00067

 

 

DSC00074

 

オマールエビのフラン 鱈の燻製と黒トリュフ

 

 

 

DSC00078

 

フォンテーヌ・ガニャールのシャサーヌ・モンラッシェ 1er cru

 

 

 

DSC00081

 

大ハマグリと北海道産ウニ

フキがアクセントに使われています。

 

 

 

DSC00085

 

子持ちヤリイカ トマトとイカ墨のソース

ホワイトとグリーンのアスパラ 穂紫蘇

 

私「フレンチで穂紫蘇が出てくるなんて意外だね」

相方「フレンチじゃないよ、イノベーティブだよ」

私「ふーん」

相方「お前、ホントむかつくな」

 

 

 

DSC00088

 

カサゴフリット 筍 花わさび

木の芽 レモンの皮 生姜のコンフィ

 

 

 

DSC00090

 

黒アワビのリゾット仕立て そら豆のエスプーマ

アワビの肝のソース ライムの皮

 

アワビが抜群に柔らかかったです。

アワビは火入れが難しくて、柔らかく仕上がるのは瞬間。

こんなに柔らかいのは久しぶりに食べました。

 

 

 

DSC00095

 

ビオンディ・サンティ2007

 

 

 

DSC00097

 

メインは三種類から(和牛・蝦夷鹿・羊)

 

写真は羊

ソースは羊の出汁とパセリ

 

この低温調理すごくないですか?

今まで低温調理をうたった料理は何度か食べてきましたけど、

これはすごい。

 

 

 

DSC00099

 

こちらは蝦夷鹿

フォンドボーと赤ワインのソース

 

付け合わせが一切ない、この潔さ!

しかし羊も蝦夷鹿も、この方がお肉の味を堪能できました。

ソースを付けてもおいしいですけど、そのままでも十分おいしいお肉でした。

 

 

 

DSC00101

 

冷たいパスタ

ホタルイカ 春キャベツ 芽ネギ

 

 

 

DSC00105

 

デザートも3種類から選べました。

 

これはキンカンの中にメロンアイスが入り、

ソースはローズマリー ライムの皮

 

 

 

DSC00108

 

4種のベリー ホワイトチョコレートのグラタン仕立て

タイムのアイスクリーム

 

 

 

DSC00109

 

 

DSC00111

 

内容はさすがでした。

お料理はすべておいしく、楽しい時間を過ごせました。

 

通い詰めて、お店の方と仲良くなれたら

料理の造詣も深まって、もっと楽しくなるんだろうな~。

と思えるお店。

 

 

気になる点はお値段の高さだけ。

 

7万円の予算があるならば、選択肢は他にもうんと広がるので、

あのお店にもう一回行ってみたいとか、〇〇だったら3回行けるな。

大分だったら1泊2日できちゃうぞ。

 

と思ってしまうあたり、

おいしかったけど、そこまでご縁のないお店なのかもしれません。

 

そもそも予約とれないしね!

 

 

 

 

 

あわせて読みたい