おいしいもんが好き!

東京を中心に食べ歩きをし、時々旅にも出ています。

【千葉】ウシマル(Ushimaru) 食べログ高評価。千産千消(地産地消)のイタリアン

 

 

 

食べログってあてにならない。情報操作してるんじゃね?」

 

 と以前は思っていたこともありましたが、最近は

 

「そうでもなくね?」

 

と思うことが増えてきたような気がします。

高評価のお店は、やっぱりおいしい。

 

 

そんなときに伺ったのは、千葉にあるイタリアン

千葉と言っても九十九里の方です。

片道車で約3時間かかりました。

 

食べログの評価は 4.27(記事アップ時)

・千葉のイタリアンランキング 第2位

・口コミ件数も200件弱

 「遠くまで来た甲斐があった」という内容のものが多い。

・千葉の食材が多く、千産千消(地産地消)がこだわり。

・お茶のペアリングが秀逸。 

 

食べログから得た前情報は、こんな感じ。

 

 

 

 

 

 

千葉東金道路、松尾横芝ICから約6キロ

高速を降りてからはすぐなので、渋滞さえなければすいすい来られるかも。

 

 

 

A7R03547

 

お店は住宅街にひっそりと建っていました。

 

 

 

A7R03550

 

相方から3時間もかけて千葉までイタリアンを食べに行くと聞いたときは、

まーた都内の美食家どもが、

地元密着でひっそりやってるお店を祭り上げてるだけなんじゃないの?ああん?

なんて思いましたケド、

最初に感想を言っちゃう!

うまかった!

まーたーいーきーたーいー。

 

お料理はもちろんおいしかったですけど、

お茶のペアリングがマジで秀逸。

先日の茶〇華のペアリングも素晴らしかったけど、超えちゃったかも。

 

 

 

DSC04517

 

ランチは2コース。

6,000円と10,000円。

お安い方をお願いしました。

 

お茶のペアリングは5,500円

アルコールのペアリングも、もちろんありますよ。

こちらは8,800円。

 

あらやだ。

コース料理とペアリングのお値段がほぼ同じじゃない。

 

写真は真蛸。

あとでおいしく調理されて登場します。

 

 

 

DSC04520

 

最初のドリンクは白桃ジュース。

ミントは、自家栽培のアップルミント

 

 

 

DSC04526

 

九十九里産の『ながらみ』です。

緑のソースは、胡瓜、メロン、ツルムラサキ

 

 

 

DSC04528

 

『ながらみ』とは、巻貝の一種だそうです。

 

 

 

DSC04529

 

とても美しい貝ですね。

 

 

 

DSC04533

 

次は福岡の煎茶。

 

 

 

DSC04537

 

藁で炙った九十九里岩牡蠣と、お茶の青みがとても合う。

 

 

 

DSC04540

 

次に登場したお茶は、一見コーヒーっぽいですが、コーヒーじゃない。

「香りと味で当ててみてください」とのこと。

 

 

 

DSC04545

 

私はチョコレート?カカオ豆かな?と思ったら、正解は落花生の殻でした。

そうか!

千葉は落花生の本場ですね。

 

 

 

DSC04547

 

合わせるお料理も落花生。

 

落花生の中身と落花生の殻のドリンク。

口の中で一つの落花生が完成します。

 

 

 

DSC04548

 

落花生はペースト、アイス仕立て、ボイルと

3種類の調理方法で楽しめます。

 

 

 

DSC04552

 

焼き立てパンが登場

 

 

 

DSC04553

 

 

DSC04557

 

次は、生姜とレモングラスのサッパリしたドリンク

 

 

 

DSC04560

 

クエと千葉産のダイヤモンドポーク 焼売仕立て

穂紫蘇がいいアクセントになってます。

 

 

 

DSC04567

 

ジャスミンティ

 

次のお料理は先ほどの真蛸なのですが、

蛸に香りがないので、お茶で華やかさを演出するそうです。

 

 

 

DSC04571

 

真蛸はそうめんカボチャと共に登場。

 

 

 

DSC04575

 

こちらはお店で手作りしているお茶

茶葉は袖ケ浦の茶畑から手摘みしているそうで、

発酵したもの、未発酵のもの、2種類の香りをかがせていただきました。

 

今日お料理に合わせるのは、発酵したお茶。

 

 

 

DSC04580

 

魚料理は石鯛です。

皮がパリパリに焼いてあり、その香ばしさとお茶の発酵具合がピッタリ。

 

 

 

DSC04584

 

玄米茶

次のお料理は新米を使ったリゾットなので、

同じお米から作った玄米だそうです。

 

 

 

DSC04588

 

シマアジと、いすみ市産の新米リゾット

 

今回は、このお料理が一番おいしかった!

シマアジは脂がのっているし、お魚の甘味と新米の甘味が合うし、

お茶を飲めば口の中が再びサッパリして、また次の一口がおいしく感じられる。

 

 

 

DSC04595

 

一休みのサラダ

 

 

 

DSC04590

 

桜野園のほうじ茶

茶葉はこの後さらに直火でいぶします。

 

 

 

DSC04596

 

そして香りを閉じ込めます。

こういう演出も乙女心をくすぐる。

 

 

 

DSC04601

 

そしてワイングラスに氷を入れて、アイスで飲むのです。

こうすることで、口の中でスモーキーな香りが広がる。

 

 

 

DSC04605

 

メインは千葉県産ジャージー牛とソーセージ

 

 

 

DSC04607

 

お口直しのシャーベットは、赤紫蘇。

紫蘇はお店のお庭で収穫したそうです。

 

 

 

DSC04611

 

パスタの量は調節できます。

私は少なめでお願いしました。

 

自家製麺のトマトの冷製パスタ

 

 

 

 

DSC04615

 

アイスとヨーグルトのシンプルなデザート

 

 

 

DSC04620

 

下には牛皮ときくらげの一口デザートも隠れていました。

 

 

 

DSC04617

 

最後のドリンクは、パッションフルーツのかき氷風

 

スプーンが添えられているので、かき氷として食べてもいいし、

氷が解けてから飲んでもOK

 

 

 

DSC04521

 

お料理 12皿

ドリンク 9種類

全部で2時間半と長丁場のランチでしたが、

わざわざ遠くまで来た甲斐がありました。

 

これだけ千葉にこだわった料理やお茶を堪能できて、二人で総額約3万円。

交通費もかかるし、決してお安くはないけど満足感はとても高い。

平日のランチで満席だったのも、納得のお店でした。

 

 

 

 

 

 

 

あわせて読みたい