おいしいもんが好き!

東京を中心に食べ歩きをし、時々旅にも出ています。

【石川県】加賀温泉 べにや無何有(むかゆう)宿泊記① お部屋編

 

 

石川県加賀市山代温泉は、和倉、山中と並ぶ北陸随一の温泉地だそうです。

 

その中でも、リニューアル後、高級旅館へと生まれ変わり、

ルレ・エ・シャトー加盟宿にまでなった、べにや無何有へ行ってきました。

 

宿名の無何有とは『何の作為もない、ただ自然なこと』という意味だそうです。

 

客室はわずか16室。

その全てに山庭に面した源泉露天風呂がついており、

和室、洋室、和洋室、特別室という4種類のお部屋から選べます。

 

予約はいつも通り一休.comから

 

 

 

 

 

 べにや無何有 洋室1泊2食2名

 

 プラン名:シェフおすすめの一品付き

 一休ダイヤモンド会員特典:地酒1合、またはワイングラス1杯

 チェックイン15時 アウト11時

 宿泊料金 91,960円(税込)

  

 一休.comはコチラ

 べにや無何有のHPはコチラ

 

 

 

 

 

ルレ・エ・シャトー加盟店

 

f:id:oisiimongasuki:20210117192258j:plain

 

ルレ・エ・シャトーとは、1954年にフランスで発足された、

一流のホテル、レストランで構成された、世界的な非営利会員組織だそうです。

 

加盟には厳しい審査があり、 

2020年日本での最新加盟店は、

ホテル11軒、レストラン9軒のみ。

 

しかしミシュランと違って会員組織なので、

ルレ・エ・シャトーから退会した名店もあったります。

 

よって、加盟していないから店として難ありというわけではなく、

「審査してもらったんだ」

「合格したんだ」

「すごいな」

くらいで、我々は受け止めるのがちょうどよいかもしれません。

 

 

 

現在の日本国内加盟店

 

 

<ホテル11軒>

あさば(伊豆 修善寺)

要庵 西富屋(京都)

強羅花壇(箱根)

天空の森(鹿児島)

扉温泉 明神館(松本)

別邸 仙寿庵(谷川温泉)

べにや無何有 ←今ここ

 

神戸北野ホテル(神戸)

ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズ(沖縄)

西村屋本館(城崎温泉

忘れ里 雅叙園 (妙見温泉

 

 

上7軒は行ったことがある宿です。

旧ブログを含め、記事があるものにはリンクを貼っておきますので、

何かの参考になれば幸い。

 

リンクが貼ってないものは、ブログを始める前に訪問しているので、

記事はありません。

 

 

下4軒は未訪問の宿ですが、なぜ分かりやすくしたかというと、

旅程の決定権を持つ相方(夫)への

「まだ行ったことないよー」という単なるアピールです。

 

 

 

<レストラン9軒>

日本料理 銭屋(金沢)

ドミニク・ブシェ トーキョー(東京)

レフェルヴェソンス(東京)

 

オテル・ドゥ・ミクニ(東京)

オトワレストラン(宇都宮)

柏屋(大阪)

ヒカリヤ ニシ(松本)

ラ・ベガス(大阪)

レストラン モリエール(札幌)

 

レストランは3軒しか行ったことがないようです。

以下同文。

 

 

 

 

チェックイン

 


A7C07483.jpg

 

話を無何有にもどしまして…。

 

宿では加賀温泉駅への無料送迎も行っており、

到着時は、電車の到着時刻は前もって知らせておけば随時。

出発時は(たしか)30分おきに駅まで送っていただけます。

移動時間は10分くらい。

 

 

 

A7C07457.jpg

 

案内されたロビーは、とても明るく、どこを撮っても絵になります。

 

 

 

A7C07452.jpg

 

 

 

A7C07454.jpg

 

 

 

A7C07394.jpg

 

ウェルカムドリンクは、搾りたてのリンゴジュース。

 

ここでチェックイン手続きをしますが、皆さんとてもフレンドリー。

ニコニコと笑顔で接してくださり、滞在への期待値も上がっていきます。

 

 

 

A7C07441.jpg

 

それでは、お部屋に案内してもらいましょう。

 

 

 

 

A7C07442.jpg

 

お部屋の名前は黄蘗(きはだ)

黄蘗色とは日本の伝統色で、各部屋に様々な色の名前が付いているそうです。

 

 

 

A7C07444.jpg

 

扉を開けるといきなり階段が!

 

 

 

A7C07446.jpg

 

上っていくと…。

 

 

 

A7C07435.jpg

 

右手に水屋が。

こちらはあとでご紹介します。

 

 

 

A7C07396.jpg

 

こちらが客室です。 

和室と迷ったのですが、洋室にしました。

 

でも正解だったかも。

とても明るくオシャレな雰囲気のお部屋です。

 

 

 

A7C07399.jpg

 

お部屋の広さも60㎡あり、十分な広さ。

 

 

 

A7C07401.jpg

 

 

 

A7C07431.jpg

 

ベッドサイドに置いてあった鍵には、

黄蘗色のキーホルダーが付いていました。

 

 

 

A7C07403.jpg

 

ルレ・エ・シャトー加盟店であることを、

さりげなくしっかりアピール。

 

 

 

A7C07404.jpg

 

ちょっとエンボスかかってて、肌触りの良いリネン。

 

 

 

A7C07430.jpg

 

beatsのスピーカーもスタンバイ

 

 

 

A7C07408.jpg

 

洗面所です。

 

 

 

A7C07411.jpg

 

これらのアメニティは、無何有オリジナルだそうです。

 

売店で売っていたので値段をチェックしてみましたけど、

なかなかのお値段でした。

 

クレンジング6,600円、フェイシャルウォッシュ8,140円

ローション10,450円、エマルジョン12,045円、ボディローション5,995円

 

文字を入力する手がプルプル震えてしまうくらい強気な価格設定だけど、

そのお値段からも分かるように、しっかり作り込まれていて、

洗いあがりもしっとりするし、香りも強くない。

普段は300円くらいの洗顔フォームを使っている私のお肌が喜んでいました。

 

 

 

A7C07412.jpg

 

タオルウォーマーもあります。

 

 

 

A7C07413.jpg

 

 

 

A7C07415.jpg

 

バスルームにもありましたよ、オリジナルアメニティが。

 

えっと、こちらはですね…。

シャンプー5,500円、コンディショナー6,150円、ボディソープ5,500円。

 

こっちも高いなおい。

 

 

 

A7C07419.jpg

 

源泉を使っている露天風呂です。

湯温設定はフロントにお願いするシステム。

 

写真では分かりづらいですが、2人でもゆったり入れるサイズです。

目隠しの簾のおかげで景色は見えません。

可動式にしてくれたら良かったのにな。

 

 

 

A7C07422.jpg

 

水鳥工業と、ひびのこづえ氏コラボの履物です。

これも購入したらイチマンエンくらいするんですが、

売店では8,250円で売っていました。

 

 

 

A7C07426.jpg

 

このテラスの居心地がとても良かった!

爽やかな初夏の風が吹き抜けていきます。

 

角部屋だったので、明り取りの窓も良い。

 

 

 

A7C07425.jpg

 

正面にある赤松も立派です。

 


 

A7C07432.jpg

 

クローゼットには浴衣がありますが、

こちらは、ひびのこづえ氏と無何有のコラボ。

 

 

 

A7C07433.jpg

 

パジャマは、ひびのこづえ氏、無何有、今治タオルのコラボ。

 

浴衣はサイズによって違いますが、9,000円前後

パジャマは13,750円でした。

 

もうお値段のご紹介はいいですか?

いいですね。

 

 

 

A7C07435.jpg

 

水屋はお部屋の階段を上った先にあります。

 

 

 

A7C07438.jpg

 

コロナの関係うんぬんで、冷蔵庫内は空っぽですが、

ルームサービスをお願いすれば、すぐに持ってきてもらえます。

 

 

 

A7C07447.jpg

 

お値段設定は、こんな感じ。

 

 

 

A7C07436.jpg

 

こちらはムリョーのコーヒー。

 

 

 

源泉の温泉に入って、ホテルオリジナルのアメニティで肌を整え、

コーヒーなんぞを飲みながら(アルコールもいいですねぇ)

肌触りの良いコラボパジャマを着て、履き心地の良いコラボサンダルを履いて、

緑の風を感じながらテラスでゆったり過ごす時間は、

ヨダレが垂れそうなくらい頭の中が空っぽになりますよ。

 

この宿、なかなか良いです。 

 

 

 

 

 

 

 

あわせて読みたい