おいしいもんが好き!

東京を中心に食べ歩きをし、時々旅にも出ています。

【積丹】鱗光荘(りんこうそう)今年も漁師直営の宿で海鮮まみれになる①

 

 

 

今年も雲丹の時期がやってまいりました。

 

 

DSC06151.jpg

 

雲丹を食べるため、

まずは飛行機に乗って北海道へ行きます。

 

 

 

DSC06152.jpg

 

新千歳空港からは特急で小樽まで1時間半弱かけて移動。

 

 

 

DSC06155.jpg

 

さらに小樽駅からは、レンタカーで約2時間弱。

 

 

 

DSC06161.jpg

 

余市にあるローソク岩なぞを見ながら積丹まで走ります。

 

 

 

この日宿泊する鱗光荘はこの辺。

 

 

 

DSC06164.jpg

 

なぜこんな遠いところまで行くのかというと、

積丹の雲丹が抜群においしいからです。

 

抜群においしいからです!(2回目)

 

積丹には、とれたての雲丹を食べさせてくれる宿はいくつかあるようで、

それぞれ特徴が違いますが、鱗光荘の特徴は…。

 

・雲丹漁師直営

・雲丹は、一人約10個分

・食事の量が多い(「残していいですよ」と言ってくれるので罪悪感は少ない)

・懐石料理ではなく、魚を切る、焼く、煮るだけの調理。

  素材で勝負。肉や野菜はない。

・お部屋に洗面所、トイレあり

・お風呂は共用(貸切風呂ではない)

・ドライヤーはお風呂場にあり、お部屋にはない

・基礎化粧品あり

・お掃除が行き届いていて、どこもかしこもキレイ。

 

他の宿は、雲丹がもっと食べられるけど洗面所、トイレが共用だったり、

お風呂が予約制だったり。お部屋はキレイだけど、懐石料理。

など、宿によって様々あるようです。

 

私は懐石料理ではなく、そのまんまの魚料理が食べたいので、

切っただけ、焼いただけ。

というシンプルな料理を提供してくれる鱗光荘にハマリ中。

今回で5回目の訪問です。

 

食事の量が多くて、最後はお腹がはちきれんばかりになりますが、

魚しか食べないので、翌日には必ず体重が減っているのも不思議。

 

ちなみに、行ったのは今から2か月前の6月なので、

体重なんて戻ってますけどねなにか。

 

 

鱗光荘の施設については、過去記事に情報が載ってますので、

こちらをご覧いただければ幸いです。

 

2020年6月訪問

www.oisiimon.com

 

 

 

 

DSC06165.jpg

 

お部屋は8畳一間と、とてもシンプルです。

昨年まではなかったエアコンが設置されていました。

 

さすがに北海道もエアコンなしでは夏が越せなくなってきたのか。

 

 

 

DSC06168.jpg

 

お部屋もとてもシンプルなので、特に撮るものもないんですよ。

なので、浴衣とかバスタオルを撮ってみる。

 

 

 

DSC06169.jpg

 

冷蔵庫の中も、冷水があるだけです。

ペットボトル2本とビールは持ち込みました。

 

 

 

DSC06231.jpg

 

あなたの胃の中を水族館にします。

って書いてあります。

 

たしかになりますねぇ。

 

 

 

DSC06195.jpg

 

そしてこの日の夕食です。

内容は、過去5回変化ありません。

 

でもこれを食べに来たので、同じ方がいい。

 

 

 

DSC06193.jpg

 

今年の雲丹ですが、味が特に濃厚でした。

 

ご主人に伺ったところ、今年は昆布の生育が良いのだそうです。

雲丹は昆布を食べるので、必然的に雲丹の味も良くなるとか。

今年は当たり年だそうですよ!

 

毎年書いていますが、お醤油とか絶対に付けたらダメです。

これは、このまま自然の潮の味で食べるのが一番おいしいです。

 

ご飯をもらって雲丹丼とかもしないし、

普段では感じられない雲丹の「コク」を、そのまま味わいます。

 

東京とかで見る、形のキレイな雲丹は、

ミョウバンで型崩れを予防しているらしく、

この、少し水に溶けだしているのが無添加の証だそうですよ。

 

ちなみに、これで雲丹約10個分。

 

 

 

DSC06173.jpg

 

そして雲丹の次に私が愛してやまない大羽(おおば)

漁獲量が少なく、地元で消費されてしまうため、市場には出回らないそうですが、

これがまたおいしい!

 

お醤油なんてもちろんかけないし、

食べてるときは、話しかけないで欲しいくらい集中して食べます。

 

「いつも思うんですが、お魚の食べ方が上手ですよね」

 

頭と背骨だけ残したお皿を見て、ご主人に褒めてもらいました。

やった!漁師さんに褒められた!

 

でもこれは皮もおいしい証拠です。

おいしくなかったら、いろいろ残します。

 



DSC06176.jpg

 

そして、そのほかのシンプルなお料理の数々。

これは、ホヤ。

 

 

 

DSC06179.jpg

 

タコとわかめの酢の物

 

 

 

DSC06180.jpg

 

なまこ

 

 

 

DSC06182.jpg

 

めかぶ

 

 

 

DSC06183.jpg

 

小女子

 

 

 

DSC06184.jpg

 

ホッケのたたき

ホッケは足が速いため、生で食べられるのは珍しいそうです。

 

 

 

DSC06185.jpg

 

お刺身は、ヒラメ、活タコ、南蛮エビ、サクラマス

 

 

 

DSC06187.jpg

 

あわびの肝

 

 

 

DSC06175.jpg

 

いくら

 

 

 

DSC06188.jpg

 

真つぶ貝の水煮

 

 

 

DSC06189.jpg

 

活あわびの刺身

 

 

 

DSC06192.jpg

 

フルーツ盛り合わせの横に、塩ゆでの海老、イカ

 

 

 

DSC06198.jpg

 

あわび踊り焼き、ボタン海老、青つぶ貝

 

これもおいしいんですよね…。

過去記事にも書いてきましたが、あわびにバター醤油とかいりません。

そのまま食べた方が、断然おいしいんです。

あわびの自然の甘味に、自然の塩味が最高です。

 

ボタン海老も、今年は太かった。

生でも食べられるので、さっと火を通す程度。

つぶ貝も、身が柔らかくてうまい。

 

こうやって見ていると、お腹いっぱいになる要素はどこに?

と思ってしまうのですが、ここまで食べると、かなりお腹が膨れます。

 

しかし我々も5回目。

今までの失敗を踏まえて、

 

「ご飯を食べない」「煮付けを食べない」作戦を決行してみました。

 

 

 

DSC06174.jpg

 

これね。

ホッケの煮付けです。

 

ご飯は炭水化物なので言わずもがなですが、

煮物も砂糖を使っているので、すぐにお腹がいっぱいになってしまいます。

 

 

 

DSC06201.jpg

 

過去4回は、浜鍋がお出汁しか飲めなかったのに、

今回は半分以上食べられました。

 

 

 

DSC06202.jpg

 

でも潮汁は、やっぱり飲めなかった…。

雲丹もあわびも入っているのに、一口も食べられなかった…。

 

「残しても大丈夫なんですよ。というか、結構食べた方ですよ」

 

再びご主人に褒めてもらいましたが、

こんなにおいしいのに、本当にもったいない…。

 

 

 

続きます。

 

 

 

 

 

 

 

あわせて読みたい