おいしいもんが好き!

おいしい食べもんの記録

【西麻布】ミシュラン二つ星 レフェルヴェソンスでランチ

IMG_0589

表参道にあるレフェルヴェソンスへ再訪です。

 

ミシュラン二つ星獲得や、アジアのベストレストラン50にも選ばれるなど、

知名度も高いモダンフレンチの最高峰。

半年前に伺った時は、お料理内容が今一つで

自分の味覚が悪いんだろうか?と頭をひねりながら帰ってきましたが、

今回は大満足で、自分の味覚が悪かったんだと確認できた訪問となりました。

 

楽しかったお食事内容を写真でご紹介。

 

 

 

IMG_3892

素敵にエスコートしていただき、着席します。

なんだか素敵すぎて背筋がピンと伸びる気がします。

そして雰囲気に当てられて相方の事を「ムッシュ」と呼んでしまったりする自分が自分でキモチワリー

  

 

IMG_4744

レフェルヴェソンスとは”泡”という意味だそうです。

なのでまずは泡の前菜。

 

歳記事~ セイコ蟹、カリフラワー/柚子、お酒

 

こんな小さなお料理なので、繊細な味かと思ったら、

蟹が直球で存在をアピールしてきます。

身もほんの少しなのに、風味がすごい。

 

 

IMG_4746

アップルパイのように #35~ あん肝、マッシュルーム、黒トリュフ

 

定番のアップルパイです。

メニュー名に通し番号入っていますが、前回は#33だったので、

どうやら#34を食べ損ねたらしい。(チッ)

 

 

IMG_4748

北極星~ 帆立の薄づくり、ライムとエシャロットのヴィネグレット、白味噌、大根たち

 

 

IMG_3910

パンは大阪にあるル・シュクレクールというところから取り寄せているそうです。

 

これがとてもおいしくて毎回おかわりしてしまうんですが、

六本木ヒルズで、レフェルヴェソンスとル・シュクレクール、

あとノルウェーオスロ発のコーヒー店”フグレントウキョウ”のコラボによる

ブーランジェリー&カフェが出店されているらしい。

 

www.roppongihills.com

 

 

IMG_4749

定点~ 蕪とパセリ、キントアハム、ブリオッシュ

 

 

IMG_4751

これも定番で、どの季節に行ってもこの料理が提供されます。

蕪の旬は春と秋ですが、夏と冬に行ってもおいしい蕪に出会えます。

 

この日の蕪は千葉産って言ってたかな?

4時間じっくり火入れをしているので、甘味も水分もこの中にギュッと詰まっています。

 

 

IMG_4752

ぼんやりとした街の灯り~

アンコウのポシュリソレ、しじみ、乳清と酒粕のソース、春菊と菊芋と菊の花

 

 

IMG_4754

海の神 山の神~

七谷鴨炙り焼き&ブランダードのソース、ビーツ、長ネギ、カーボロネロの枯葉

 

 

IMG_4755

チーズは夜しか提供されないそうですが、特別にいただけました。

 

 

IMG_4756

帰郷~ 栗、山葡萄、林檎、蕎麦ほうじ茶のアイスクリーム

 

 

IMG_4757

小菓子と、お薄で終了です。

お薄は目の前で点てていただけますよ。(写真撮り忘れ)

 

冒頭にも書きましたが、前回は何を食べても味がイマイチで、

「いったいどうしたんだろう?」なんて思っていましたが、

どうかしていたのは私たちの方でした。

ホントに失礼極まりない。

何を食べてもおいしく頂戴できました。

 

ランチはこれで@1万円くらいです。

1万円のランチって高いけど、この内容が1万円だと思ったらアリ。

 

そして今回は恵比寿にあるジョエル・ロブションの元メートル・ドテル

M氏に会いに行くのも目的のひとつでした。

 

久しぶりのキラースマイルにオバチャンキュン死。(*´∇`*)