おいしいもんが好き!

東京を中心に食べ歩きをし、時々旅にも出ています。

【金沢】山乃尾で香箱蟹御膳&カフェたもんでインスタパンケーキ

 

 

 

<関連記事>

能登 九十九湾 百楽荘① のと里山空港からチェックインまで

能登 九十九湾 百楽荘② ラウンジ・貸切風呂・夕食・朝食

金沢 竹千代

 

 

 

この日は最初から何かが違っていました。

タクシーに乗り込み「山乃尾までお願いします」と言った時の運転手さんの反応。

 

 

 

A7C07225.jpg

 

タクシーを降りて、お店まで続くこの道。

 

 

 

A7C07204.jpg

 

お店の入り口。

 

 

 

A7C07175.jpg

 

お店の方は、着物を慣れ感じで着こなし、対応や所作が全然違う。

客層は上品な方が多く、年齢も高め。

 

私「(小声)ちょっとちょっと。ここどんなお店なの?」

相方「だから『山乃尾』だって言ってるだろ。お前知らないのかよ」

私「当然のように『山乃尾』言わないでよ」

相方「金沢の有名な料亭なんだよ。

 『金城楼』とどっちにするか迷って『山乃尾』にしたんだよ」

私「どっちも知らないし」

相方「あ、ほら食事が来た。静かに」

 

 

 

 

A7C07178.jpg

 

うわー。なんだこれ。(心の声)

 

 

 

A7C07184.jpg

 

「相方様。こちらは香箱蟹でございますか?」

「うむ。」(煉獄さん風)

 

 

 

A7C07187.jpg

 

前日の香箱蟹のような、モチ米で上げ底とかいう残念な仕様ではありません。

内子も外子もたっぷりです!

 

 

 

A7C07193.jpg

 

香箱蟹のご飯

 

 

 

A7C07194.jpg

 

 

 

A7C07198.jpg

 

葛餅

 

 

なんだかよく分からないままおいしい時間が過ぎていきましたが、

どうやら私は『山乃尾』で『香箱蟹御膳』というものを食べたようです。

 

山乃尾とは、創業1890年(明治23年)の老舗料亭。

北大路魯山人が長期滞在し、お料理を学んだことでも知られている有名店だとか。

 

前日に「山乃尾に行くよ」とは聞いていましたが、

言い方が軽かったので、すっかり大衆食堂的なお店を想像してしまいました。

 

しかしあまりの敷居の高さに、緊張しまくり。

もっと化粧をしっかりしておくんだった。と後悔しまくり。

ムダ毛処理は大丈夫かしら、と心配しまくり。(これは関係ないか)

 

肝心のお料理は、私のようなものが述べるのはおこがましく、

香箱蟹も含めて大変素晴らしいものでございました。

 

歴史のあるお店ですが、気軽に来てもらいたいという思いから、

治部なべ御膳、のどぐろ御膳、うなぎ御膳、香箱蟹御膳のランチを始めたそうです。

 

のどぐろ懐石を少し離れた席のお客様が召し上がっていましたが、

おいしそうな香りが、私たちのところまで届いてくるくらいでしたよ。

次回はぜひあれを食べたい。

 

 

金沢は料亭が多い印象ですが、

太平洋戦争の空襲を受けなかったため、老舗料亭が多く残っているそうです。

 

過去には浅田屋、銭屋にも訪問しましたが、

どちらも素晴らしいお料理でした。

山乃尾はこれらと肩を並べると聞けば納得。

ぜんぜん大衆食堂じゃなかった。

 

 

浅田屋の過去記事(2015年7月宿泊記

銭屋の過去記事(2018年5月 2017年11月

 

 

 

 

 

 

 

 

A7C07217.jpg

 

お庭も素敵でしたので、食後に散策させていただきました。

 

 

 

A7C07212.jpg

 

 

 

 

A7C07214.jpg

 

お庭からは、ひがし茶屋街が見下ろせます。

 

 

 

A7C07246-Edit.jpg

 

ここね。

 

 

 

A7C07240-Edit.jpg

 

感動するお料理を食べた後は、口の中の風味をそのままにして帰ればいいのに、

甘党男子の相方様がスイーツをご所望されたので、お付き合いします。

 

ひがし茶屋街のインスタスポットであるパンケーキ屋さんへ。

 

 

 

 

 

 

A7C07235.jpg

 

スイーツ男子はだいぶ周知されてきたので

恥ずかしがる必要なんてないんですけど、

昭和生まれの相方はまだ抵抗があるらしく、

あくまで「妻の付き添いで仕方なく来た」を装いたいようです。

 

なので、いろいろ面倒。

「これうまそうだから、これ注文して(小声)」

「写真いっぱい撮って。あとで全部ちょうだい(小声)」

みたいな。

 

言ってることはかわいいですけど、オッサンが言ってますからね。

やっぱり装ったほうがいいか。

 

お味は、やっぱり山乃尾のあとに食べちゃダメな味。

何を食べてもフツーに感じてしまうので、可もなく不可もない味でした。

 

お砂糖は控えめ。

甘党の相方様は「控えるな、加えろ」とおっしゃってましたけど。

 

 

 

 

石川旅行記はこれで終了です。

今回はおいしかったお店、そうでもなかったお店が両方でしたが、

旬の香箱蟹を。おいしく食べられたのは良かったです。

 

それにしても山乃尾はすごかったなー。

 

 

 

 

 

  

 

あわせて読みたい