おいしいもんが好き!

おいしい食べもんの記録

【京都】瓢亭本館で嬉しかったり残念だったりしたこと

IMG_0041

京都にあるミシュラン三ツ星の老舗料亭に行ってきました。

 

お料理はそれはそれは素晴らしい内容で、とてもおいしい。

しかしサービスがいまひとつで残念でした。

 

 

 

IMG_0035

大事なことなのでもう一度書きますが、お料理は全然問題ないです。

噛めば噛むほど味が染み出て、和食のあの繊細な味が堪能できます。

 

お値段はお昼が23,000円から。

この”から”ってところがミソで”そちらのご予算に合わせますよ”と勝負を挑まれます。

一番下はなんか負けた気がするので、3万円でお願いしました。

 

 

IMG_0016

瓢亭は400年の歴史があるので雰囲気満点なんですけど、一部屋一部屋がとても狭いです。

部屋全体の写真を引いて撮りたいんですが、狭いので(4畳半)下がれません。

天井も低いので「江戸時代の日本人は小柄だったんだねぇ~」と思いをはせる168㎝大女。

 

 

IMG_0026

初めて来たときは、ここが前室かと思ったくらい狭いしテーブルもないしだったんですが、

食事の段になると、こうやってお膳が運ばれてきます。

 

 

IMG_0025

まさに一の膳という言葉がピッタリ。

瓢亭はメニュー表がないので口頭での説明のみです。

 

 

IMG_0023

 

IMG_0024

流れるような説明を全部覚えられるわけもなく、写真だけになりますがなにか。

 

前菜って、お笑いで言うところの”つかみ”だと思うんですが、これは悶絶するほどおいしかった。

右は煮びたしだと思うんですけど、出汁が濃い!

悶絶するほどっていうか、悶絶しました。個室なので。

 

つかみはOKです。

 

 

IMG_0029

瓢亭は器も素晴らしく美しいので、これらも堪能します。

 

「器の良さって全然分からないんだよね。なんか味が変わるの?」

とか言っちゃう相方は、紙皿で食べればいいと思う。

 

 

IMG_0030

白味噌

それも京都の白味噌ですよ! ひゃっほーい!

 

 

IMG_0033

お刺身は鯛だったかなぁ…。

身がねっとりとしていて、とても甘い。

 

 

IMG_0034

この美しくておいしそうで、食べるのがもったいない感じが写真から伝わりますか?

塩辛も絶品だし、あん肝も絶品だし、これも悶絶しながら食べました。

瓢亭玉子と呼ばれている煮卵は、こちらの名物です。

 

 

IMG_0036

黄色いものは唐墨です。

三万円のお値段設定しておくと、こういうところが違うのかしら。

 

 

IMG_0039

IMG_0038

炊き合わせ

 

 

IMG_0040

これは覚えてる!

マナガツオの柚庵焼きです。

 

これは今まで食べた中で一番の柚庵焼きでした。

マナガツオそのものも好きですが、よくぞここまでおいしく調理してくれた!

 

 

IMG_0043

瓢亭は朝粥も有名だそうですが、これはそれとは違うのかな?

 

 

IMG_0044

IMG_0046

IMG_0047

以上で三万円のコースでした。

どぉどぉ?

三万円って感じしますか?

 

高いんですけど、なかなかこのレベルのお料理は食べられないし、

お部屋も雰囲気あるしで、私たちは妥当だと思いました。

 

ただ冒頭にも書きましたが、今回はサービスがイマイチ。

重箱の隅をつつくような内容なので書きませんけど、一言で言ってしまえばお部屋の担当さんが未熟でした。

私はそんなに気にならなかったんですけど、相方は帰京後責任者宛てにメールを送ったようです。

 

「だって、その場で言ったらクレーマーみたいじゃん!」

「安くしてほしいとか何か欲しいとかそういうのじゃないし!」

「あの子(担当さん・若かった)のためにもなるし!」

「これじゃ接待で使えない!」

 

と激オコでしたが、たしかに三ツ星店ではしないような失敗ばかりでした。

 

 

最近の若い子は嫌なことがあるとすぐに来なくなって辞めちゃう。

来てくれるだけありがたい。

という話を飲食業界関係者から聞いたばかりでしたので、あんまりいじめてあげるなよ、とは思いますけどね。

後日届いたお手紙が手書きではなくワープロだったのもイマドキっぽかったなぁ。

 

料理はおいしかったんです。

料理は。(3回目)