おいしいもんが好き!

おいしい食べもんの記録

【日本橋】良い店発見! 2つ星レフェルヴェソンスのカジュアル版

コレド室町2の1階にある、ラ・ボンヌターブルへ行ってきました。

こちらは、青山にある2つ星フレンチ、レフェルヴェソンスの姉妹店です。

 

レフェルのエッセンスは残したまま、カジュアルな感じになっています。

フロアスタッフはスーツではなくエプロンで接客。

お水もミネラルウォーターではなく、水道水をじゃんじゃん注いでくれる。

でもレフェル。

 

私は『レフェル・カジュアル』と命名しました。

 

 

IMG_0459

オープンキッチンなので、厨房の雰囲気がそのまんま伝わってきます。

 

お店に入ったとたん、レフェルにいた方と再会。

「こちらに異動していたんですね!」

「そうなんですよ。スーツからエプロンになって雰囲気が違うから

分からない方が多いんですよ。」

 

レフェルの2つ星ならではのかしこまった接客もいいですけど、

修行を積んだうえでのカジュアルな接客も心地いい。

懐かしく、楽しい再会になりました。

 

 

IMG_0461

 

 

LUNCH 品数4品

¥3,960円(税・サ10%込)

食べログ

 

4品とはいえ5千円を切るお値段設定です。

食べログから予約もできるようですよ。

 

 

IMG_0463

ペアリングもできるようなので(ランチ2,900円 ディナー6,800円)

私はアルコール3種とノンアルコール1種でお願いしました。

内容は相談できる柔軟さもあります。

 

相方はノンアルコールでペアリング(ランチ1,500円 ディナー4,000円)

 

 

IMG_0465

サラダですが、普通のサラダではありません。

説明を聞く気満々で待ち構えていたら、空気を察知して細かく産地も説明してくれました。

 

「わー。相変わらずこだわりが強い!さすがだなー」

 

感動しながら聞き入っていましたが、今となってはまったく覚えていません。

自分の記憶力を呪いたくなります。

タチの悪い『説明してくれ詐欺』みたい。

 

 

IMG_0467

 窓からの景色も、とても日本橋とは思えないくらい小じゃれてました。

 

 

IMG_0469

パンはレフェルと同じものです。

これも高ポイント。

このパンは、とてもおいしいのです。

 

 

IMG_0471

新玉葱のスープ、ニョッキ、ベーコン、ビーツ

 

水は一切使わずに、新玉葱の水分だけを利用しているそうです。

30個も40個も使って作ると複雑な味に生まれ変わるそうで、とてもおいしい。

 

そこにニョッキを加えると、ジャガイモの甘味が加わり、

ベーコンを食べれば動物性の甘味。ビーツは根菜の臭み。オリーブオイルの香り。

すべてがバランスよく完成された一品でした。

 

 

IMG_0473

ペアリングは、ノンアルコールのクオリティが高かった。(写真はワインだけど)

様々なものを掛け合わせながら3日くらいかけて開発するそうで、

見た目は普通のワインなのに、ノンアルコール。

料理にも合うし、甘いだけのジュースではないので、

アルコールを飲めずに我慢させられている方にはおススメのペアリング。

 

 

IMG_0474

豚稲藁焼き、発酵菊芋と麦茶のソース、ローズマリー、エリンギ

 

運ばれてきたときから藁焼きの香りがしっかり香ってきます。

食べているうち香りに慣れそうなものなのに、最後まで楽しませてもらいました。

 

 

IMG_0476

IMG_0477

これは相方のメイン。

熊野地鶏と菜の花のパイ包み、縮みほうれん草とアサリ出汁のソース

 

本家のレフェルで毎回提供されるパイの、大きさが違うバージョンです。

本家はこの半分くらいのサイズですが、レフェルでパイを作っていた方が、

現在コチラでシェフをしているんだそうです。

パイの中身はもちろん違いますけど、味は間違いありません。

 

メインで食べることができるのも、レフェル・カジュアルならでは。

これを食べたくて来るお客様もいるとか。

 

 

IMG_0479

私のデザート

パッションフルーツ宇和島ベルガモット、セロリ

 

 

IMG_0478

ペアリングするのは、コチラ。

千葉の日本酒だそうです。

 

これがデザートにピッタリ合う!

お酒に合わせてデザートを作ったのか、

デザートに合わせてお酒を造ったのか。と思うくらい。

 

「よく見つけたって感じですよね?」っておっしゃってましたけど、

パッションフルーツの香りをお酒で増幅させるかのような、

不思議な力を持ったペアリングでした。

 

 

IMG_0480

相方のデザートは、その名も『苺と綿あめ』

ネーミングを聞けばだいたい想像できそうなものなのに、

これをチョイスするとは安定の女子っぷり。

 

 

IMG_0481

最後のドリンクは、加賀棒茶も選べるということでお願いしたら茶托で登場。

ハーブティーをお願いした相方も茶托で出してもらっていました。

こういうところもレフェルっぽい。

 

 

IMG_0482

ちなみにディナーはこんな内容らしいです。

デギュスタシオンなので、こんなには食べられないけども、7皿で8千円ちょいです。

安くないけど安い。

 

 

IMG_0484

最後のお茶菓子はたこ焼き?ではなくフォンダンショコラです。

 

合計2人で12,000円ちょい。

良いお店を発見しました!

 

 

 

 

 

 

 

あまりにも嬉しくて、全身の毛穴が開いた!

にほんブログ村 グルメブログへ