おいしいもんが好き!

おいしい食べもんの記録

【銀座】ミシュラン二つ星フレンチ ESqUISSE(エスキス)

銀座にあるフレンチへ行ってきました。

オープンしてからずっとミシュランを獲得し続けるお店ですが、

2019年2月にリニューアルオープン。

約2年ぶりの再訪となりました。 

 

 

 

 

 

 

アクセス

並木通りにありますので、銀座駅からはすぐ。

公式HPによると、B6出口から徒歩1分。

ということは、雨が降っていても傘を開かずに到着できるかもしれません。

 

 

 

メニュー

 

ランチメニューは3種類。

¥19,200、¥15,200、¥11,000で、私たちがオーダーしたのは¥15,200のコース

大きな違いは前菜の品数で、それぞれ5品、4品、3品

他はグラスシャンパン、ミネラルウォーターが料金に含まれていて、

魚料理、肉料理、プレデセール、デセール、コーヒー&小菓子、お土産といった構成

 

 

R0000454

シェフのリオネル・ベカ氏は有名ですけど、

ソムリエの若林氏も、雑誌などメディアへの露出も多く有名人。

なのでワインのマリアージュも1万円と2万円の2コースあったので、

1万円でお願いしました。

 

パティシエの成田氏も有名人でしたが、リニューアルにともなって交代したそうです。

新パティシエは、リオネルと同じくミッシェル・トロワグロにいた後藤氏。

 

 

15,200円のコース 実食

 

Transversaloiteと銘打たれたコースです。

意味は横断性

幾何学において、内包する空間がどのように交わるかを表現する概念

 

 

ドヤって書いてますが、なんのことやらさっぱり。( ̄-  ̄ ) 

Transversaloiteのスペルも合ってるかどうかわかりません。

それに幾何学って(きかがく)って読むんですね。(いかがく)だと思ってました。

理数系は、ホント苦手。

 

 

R0000456

変化:稚鮎、マンゴー

 

 

R0000459

詩情:グリーンアスパラガス、貝

  

 

R0000460

フェルミエ・エル・マール 2018

 

 

R0000462

浸透:ホタテ貝、ふき

 

 

R0000463

シャサーニュ・モンラッシェ

相方が愛してやまないモンラッシェ。

 

 

R0000464

R0000466

伝統:モリーユ、山菜

 

 

R0000469

シャトー・グランド・ピュイ・ラコスト2007

若林氏は、こういう良いワインをサラッと開けちゃいます。

 

 

R0000470

炎:太刀魚、緑

 

 

R0000472

シャトー・シモーヌ

 

 

R0000473

獣性:鴨、酒粕

 

 

R0000475

ドメーヌ・デ・ランブレイ  モレ・サン・ドニ2011

 

 

R0000476

幾何学ルバーブ、ココナッツ

 

 

R0000477

ドメーヌ・レ・バスティッドヴァン・キュイ

 

 

R0000479

愉しみ:バナナ、ピーナッツ

 

 

R0000481

これはRococo Tokyo Whiteというビールですが、ご存じでしょうか?

私は知らなかったんですが、この日は友人の誕生日だったので、

相方がプレゼントで用意していました。

 

相方曰はく、

市販はしておらず、一部のレストランでしか提供していないビールなんだそうです。

  

 

b95e6a4bd158607ee55c5ca0f389d670

1aa620992ae89f4ad60e5514c50afa50

 

 

相方が一生懸命、購入できた武勇伝を語ろうとしていましたけど、

ソムリエの若林氏がその空気を読んで、

「Rococoですか、それはですね…」とスマートに説明をしてくれました。

相方のつたない説明よりも、よっぽど説得力があったと思います。

友人も喜んでくれてよかった。

もちろんエスキスでも提供しているそうですよ。

 

 

R0000484

お料理はおしゃべりに夢中で、あんまり覚えてないんですけど、

味に深みがあって、Transversaliteを感じられる味でした。(ドヤァ)