おいしいもんが好き!

おいしい食べもんの記録

【有楽町】サバティーニ・ディ・フィレンチェ東京店 驚愕もののパスタに驚愕する

サバティーニ・ディ・フィレンチェといえば、イタリア料理の名門店。

 

本国イタリアの本店は1914年創業。

初めて星を獲得したお店として有名です。

イタリアで『サバティーニ』といえば、おいしい店の代名詞になっているとか。

 

その東京店に行ってきましたが、これもめちゃめちゃおいしかった!

特にパスタ!

あーやばかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクセス

 

元々は40年以上、銀座ソニービル内にあった店舗ですが、建て替えに伴い一時休業。

2018年10月にヒューリックスクエア3階に移転し、再オープンとなりました。

 

東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線銀座駅 C1出口からすぐです。

私たちは丸の内線を利用していきましたが、

丸の内線のホームから徒歩1分くらいでした。

JR有楽町駅からも徒歩3分で到着します。

 

 

R0000575

このエレベーターで3階に行きます。

 

 

シックな店内と初老のおじさまに胸を射抜かれる 

 

R0000548

店内の雰囲気はとてもシック。

上品で洗練されています。

奥には個室が見えますが、すぐ隣には首都高速が走っているので景色が良さそう。

 

 

R0000547

そして欧米人と思われる初老の男性が接客をしてくださいました。

イメージとしては、ちびまる子ちゃんのヒデじいの欧米人化。

 

私はあぁいうインテリに弱いのだ。

どうでもいい情報だけど。

 

そしてその初老のおじさまに「マダム」と呼ばれ、

ズギューン!となってしまった、ニッポンのオバちゃん。

メニューを渡される時も、ドキドキしてしまった。

 

 

 

予約は今回も一休.comから

 

restaurant.ikyu.com

 

ランチコースは数種類ありましたが、予約したのはAランチコース

前菜、パスタ、メイン、ドルチェワゴン付き5,500円です。

 

 

実食

 

前菜

 

R0000557 

私のです。

イタリア風前菜盛り合わせ。

 

 

R0000554

相方の前菜は、

アボカドとタラバガニ、キャビアのカクテル仕立てアウロラソース(+1,500円)

5,500円だって言ってるのに、いきなりのプラス料金でムカつきます。

あぁ悔しい。

明日から相方に迷惑メールが100件くらい届けばいいのに。

 

 

パスタ

 

R0000559

相方のパスタ

和牛のボローニャ風ミートソースと茄子の自家製幅広パスタ タリアテッレ

 

 

R0000563

私のパスタ

本日のパスタ:ボンゴレロッソ

 

サバティーニでパスタを食べるなんて、絶対においしいと分かっている物を食べるんですよ。

そりゃもう、まずは拝んでから食べたいくらいです。

 

そしてこの、イタリアンではオーソドックスといわれるボンゴレですが、

これがすこぶるとんでもなくおいしい。

なにがどうなってるのかさっぱりわからないけど、おいしい。

 

今まで食べてきたパスタの、どれと比べてもおいしかったです。

これはサバティーニに行くすべての方に召し上がってもらいたいくらい。

 

 

メイン

 

R0000564

相方のメインは、本日の鮮魚料理。

メカジキ、ホタテ、イカ

 

 

R0000565

私のメイン

骨付き子羊背肉のオーブン焼き マスタードソース

 

メインももちろんおいしかったけど、

ボンゴレを食べた後では、なかなかあれ以上の感動は得られず。

 

 

デザートワゴン

 

R0000569

そしてお楽しみのデザートワゴン登場です。

時間帯によるのか料金によりけりなのか、全種類食べられる場合もあるようですが、

私たちは、この中から2品しか選べないようです。

むむむ…。

 

 

R0000568

見るからにおいしそうなミルフィーユは即決。

 

 

R0000570

あと抹茶ケーキをいただきました。

サーブしてくれたのは、既出のヒデじい。

立ち居振る舞いも絵になる方。

 

 

R0000574

コーヒーは、ソーサーが2枚。

これが正式なのか、イタリア式なのかは分かりませんが、

2枚ってあまりない経験でした。

 

 

 

感想

イタリアで初めて星を獲得したお店の東京支店ということで、

クオリティは間違いないし、店内の雰囲気も良いし、

マダムが語らうのも、接待に利用するのでも可能なポテンシャルを感じました。

 

私たちはカジュアルに5千円くらいのランチでしたが、

2万円くらいの本気ディナーコースなどもあるので、それぞれの楽しみ方ができそうです。

 

兎にも角にも、私たちはもう一度ボンゴレロッソを食べたいです。

近いうちに再訪します!

 

 

 

 

 

 

/*ツリー化*/ /*アドセンス*/