おいしいもんが好き!

東京を中心に食べ歩きをし、時々旅にも出ています。

【三軒茶屋】続・続 三軒茶屋一丁目食堂

 

 

 

このお店に行くのは何回目かしら?

 

おいしいだけじゃなく、食事内容の充実っぷりがすごくて、

2019年の10月に出会ってからまだ1年だというのに

何回通ったか分からなくなってきている、お気に入りのお店です。

 

日常使いに、ぜひおススメしたい。

 

 

R0001100

(店頭の写真は今回も使いまわしです)

 

 

 

 

場所は、三軒茶屋駅から徒歩で約5分。

住宅街にひっそりと佇んでいますが、かしこまった感じがしなくてとてもいい。

 

近所の洋食屋さんが安くておいしくてお腹いっぱいになる。

そんなイメージのお店で、マジでうちの近所に欲しい。

 

 

 

DSC05025

 

コースは2種類

2,800円と4,000円がありますが、今回も4,000円のコースでお願いしました。

 

前菜3皿、自家製パン、フォアグラのフラン、スープ、メインという流れですが、

いつもお腹いっぱいで、メインまでたどり着きません。

コスパ最強です。

 

メインはメニュー表の右。

ガレット、お肉料理、お魚料理から選べます。

 

※内容によっては追加料金あり。

 

 

 

DSC05029

 

キュヴェ・ジャン・パティスト

ポール・ダンジャン・エ・フィス

 

コクと酸味がしっかりあって、シャープなシャンパンでした。

 

 

 

A7C05033

 

前菜一品目は、揚げたてのカレーパン

一口サイズですが、中にはカレーがぎっしり。

 

 

 

A7C05042

 

瞬間燻製をしたブリと大根のマリネ

香りもそうですが、こんな乙女チックな演出をしてくるとは!

ご主人やるなぁ。( ̄∇ ̄)

 

 

 

A7C05047

 

フォカッチャ大好きです。

オリーブの酸味と塩味が最高ですよね!

 

 

 

A7C05051

 

ポルチーニの自家製タリオリーニ

私好みの極細パスタでした。

 

 

 

A7C05054

 

そして、このお店のトキメキポイント。

 

お料理はもちろんおいしいんですが、このパンもおいしい!

それも量がすごい。

 

だいたい4種類くらい提供されるんですが、

この日はフランスパン、フォカッチャ、ブリオッシュの3種類に

マロンペーストとアーモンドパウダーとマロングラッセ

キャラメルチョコレートの生地に、

上にはコーヒーのガナッシュをかけた甘いパン。

というラインナップ。

 

食べきれないと持ち帰らせてもらえるので、

私は毎回なにか一つだけ食べて、残りは持って帰ります。

翌日温めなおして食べると前日の感動がよみがえる、という嬉しい仕様。

 

豚肉のリエットも添えられてきます。

バターひとかけらでも十分なのに、このサービスの良さ。

 

 

 

A7C05062

 

これは中にウズラ、フォアグラ、栗が入っています。

ソースはマルサラ酒がベース。

 

メインっぽいですよね?

でもこれまだ前菜ですよ。

 

というか前菜3品といいつつ、4品くらい食べています。

(フォカッチャ、パン除く)

 

 

 

A7C05069

 

かぼちゃのポタージュ

 

 

 

A7C05076

 

フォアグラのフラン

これは定番です。 

 

 

 

A7C05078

 

そしてメインですが、これも量が多いです。

普段の食事なら、これにご飯とかパンとかで十分なくらい。

 

でも、メインを一品注文してシェアとかも大丈夫だし、

ご主人が親切に相談に乗ってくれるので、安心ですよ。

 

私と相方は、最近メインを注文せず

シュガーバターのクレープをお願いしてしまいます。

デザートはつかないので、ここでデザートにしてしまうかんじ。

 

でも我が家の息子たちはメインもガッツリ食べるので、

これをペロリと食べていました。

 

写真は鴨もも肉のコンフィ

 

 

 

A7C05083

 

これもメインで、松茸のなんちゃらって言ってました。

たぶん「松茸」というワードに惹かれてこれを選んだんだと思われますが、

見た目がすごい。

こんなにパイ生地って膨らむものなの?

 

 

 

A7C05090

 

シュガーバターのクレープ 

 

 

 

A7C05091

 

コーヒーも追加料金(500円)が発生しますが、小菓子を付けてくれるし、

なんと、これ出来立てですよ。

 

コーヒーを注文したら、ちゃちゃっと作ってくれました。

プロってすごいなぁ。

 

ごちそうさまでした。

まだまだ通うぞー。

 

 

 

 

 

 

<過去記事はコチラ>

 

 

2019年初回の記事

www.oisiimon.com

 

 

2020年2月の記事

www.oisiimon.com

 

 

2020年6月の記事

www.oisiimon.com

 

 

 

 

 

 

 

あわせて読みたい