おいしいもんが好き!

おいしい食べもんの記録

【浅草】女子的思考を持つ夫が結婚記念日に選んだレストラン ミシュラン二つ星フレンチ Nabeno-Ism 

うちの夫は女子だ。

それも面倒くさい系の女子。

記念日とかいちいち覚えている。

 

家族の誕生日は誰でも覚えているものでしょうけど、

夫はそこに「出会った日」とか「付き合い始めた日」が混ざってくる。

結婚記念日同様、これらも祝うことが義務付けられている。

 

そして女子は女子でも面倒くさい系女子なので、

「結婚記念日はフレンチに行くから」と言われたら

「ふーん」

などと、生返事で答えてはいけない。

「まじで?すごいじゃん!」と答えなければいけません。

面倒くさい系の女子は怒らせると面倒なのだ。

 

しかし今回、フレンチはフレンチでも、浅草にあるナベノイズムです。

ナベノイズムは東京恵比寿にあるシャトー・レストラン ジョエル・ロブション

長年エグゼクティブシェフを務めた渡辺氏のお店です。

これは素晴らしい!

 

各種記念日はもちろんですが、

デートなどにも抜群のお料理とロケーションのお店なので、おススメです。

ぜひご紹介させてください。

 

 

 

 

アクセス&ロケーション

 

 

東京メトロ銀座線 浅草駅 徒歩5分

都営大江戸線 蔵前駅 徒歩5分

 

 

R0000580

隅田川沿いにお店はあります。

この佇まいは、見るたびに緊張します。

 

 

R0000585

窓側の席に案内してもらえたので、今日は夜景が楽しめそうです。

目の前は隅田川

様々な種類の水上バスや、屋形船が目の前を通っていくので飽きません。

 

もし窓際に座れなくても、隅田川沿いには遊歩道があるので、

スカイツリーを眺めながらお散歩デートができます。

私はしないけど。

 

 

お値段&予約方法

 

お値段

ランチは1コース 10,000円(税込)

ディナーは2コース 20,000円、15,000円(税込)

 

予約方法

人気店ですので、予約は早めがおススメです。

ちなみに今回は1か月前に予約したそうです。

 

一休.comからも予約できるようですが、仮予約しかできないので不便。

ポケットコンシェルジュから予約した方が確実です。

 

pocket-concierge.jp

 

ポケコンは、とても便利です。

いずれ記事にできたらと考えていますが、とても便利です。(2回言った!) 

 

 

星を守り続けたシェフが贈る芸術的で革新的なフルコース9品 @20.000

 

 

R0000581

結婚記念日なので、シャンパンで乾杯しました。

今年は24回目ですが、来年はいよいよ銀婚式です。

 

 

恐る恐る「まさか、まだ何も考えてないでしょ?」と訊いたら

「だいたい考えているよ(即答)」 

  

怖いコワイこわい!

なんでこんなに女子なんだ?

 

 

 

アミューズ・ブーシュ 

 

夫の悪口はこれくらいにして、

あとは渡辺氏のお料理を写真だけですがお楽しみください。

 

R0000590

ナベノイズム定番のアミューズ・ブーシュです。

 

手前から

近隣老舗(大心堂、種亀)とのコラボスナックとアントナン風グリーンオリーブのマリネ

ペルノー酒の香るレモングラスのエキューム

リヨン伝統ソーセージ ロゼットで巻いたプラム

 

真ん中にあるのは、プロバンスガスパチョ、カフェフランセ仕立て

 

一品一品、心のこもった丁寧なお料理です。

渡辺シェフのお料理は、すべてのお料理から心意気が伝わってくるようです。

 

 

前菜

 

R0000591

両国江戸蕎麦ほそ川の蕎麦粉をソースエミュルッショネの技法で仕上げたそばがき

奥井海生堂蔵囲い2年物昆布のジュレキャビアウォッカクリーム、山葵をあしらって

 

 

R0000592

結婚記念日ということで、キャビアてんこ盛りサービスです。

 

 

R0000595

ピュリニーモンラッシェ

 

 

前菜

 

R0000598

日本伝統野菜とフランス伝統食材の融合

和歌山の清流からの鮎を米粉焼きと4年熟成パテ シャルトリューズを香らせて

イカとコンコンブルのルーロー 

ミント風味と江戸伝統野菜馬込半白胡瓜と水菜のマリネ、

冷たいソースオゼイユを添えて

 

 

前菜

 

R0000604

ニュージーランド産ラングスティーヌ、ア・ラ・ミニッツでポワレし、

ズッキーニの様々な変化(素揚げ、エチュベ、クリュ)

自家製混合スパイスのソースと共に

 

このスパイスの中にターメリックが入っていて、香りはまさにカレー。

見た目もカレーっぽくて「ごはん持ってこーい」と言いそうでした。

 

 

フォワグラ料理

 

R0000605

フォワグラV.C.C焼き バッハコーヒー粗挽き仕上げ

北海道産ルバーブ

 

 

R0000608

横からも撮影

見よ!この厚み!

 

 

魚料理

 

R0000612

山口県萩産天然マナガツオ

海藻のグラッサージュ、浜中町産塩ウニのピュレと共に焼き上げ、

ジロール茸と酒蒸しツブ貝のフリカッセ、フヌイユのマリネと花を添えて

現代版ムース・ムクラードと共に

 

 

 

R0000615

ヴォーヌ・ロマネ

 

 

肉料理

 

R0000616

Before

 

R0000619

After

 

国産牛フィレ肉をV.C.C調理 カンボジア産生胡椒ペーストをぬり

トウモロコシの様々な表現、テイスト、テクスチャーと共に

極上バーボンウイスキーと焦がしトウモロコシのコンソメアンフュージョンを注いで

 

 

肉料理その2

 

R0000620

夫はウサギ肉をオーダーしました。

 

 

アバン・デセール

 

R0000622

完熟桃のコンポート ヴェルヴェーヌのジュレ

桃の薫るソルベにロゼシャンパーニュを注いで

 

 

デセール

 

R0000625

ガトー・マルジョレーヌ @KOMAGATA2019

 

 

小菓子

 

R0000627

ここまで食べて、私は悪夢を思い出しました。

 

去年の結婚記念日は、サプライズで花束をもらったんですけど、

「まさか、今年も花束とか用意してないよね?(実は花が苦手)」

「まさか、今年はお前が何か用意とかしてないよね?」

 

するわけないじゃない。

私がそんな女子なこと。ヽ( ´ー`)ノフッ

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!