おいしいもんが好き!

おいしい食べもんの記録

【西伊豆】土肥温泉 ふたりとわに縁 宿泊記② 食事編

前回の記事の続きです。

 


 

 

動画はこちらをどうぞ。

約7分です。音が出ます。4Kです。

 

 

 

 

 

A7R06166

 

食事は部屋ではなく、食事処でいただきます。

 

館内着は浴衣、作務衣と用意されていますが何を着て行っても大丈夫。

もちろん私服でもOKですが、

私たちは一番ゆったりできる作務衣、且つノーメイクで行きました。

 

エストはゴムが正義。(2回目)

 

 

 

A7R06132

 

まずは前菜から。

伊豆の旬の前菜 大地の恵み 心を込めて…

 

中央にあるサラダがとても新鮮。

横に添えてあるドレッシングもとてもおいしかったです。

周りに控えている小鉢も、それぞれ伊豆産のもの。

 

 

 

A7R06136

 

駿河の醍醐味 まるあき鮮魚店の地魚 お造里盛合わせ

ここにきて、お刺身がおいしくないわけがない。

 

 

 

A7R06141

 

鉢 おだし香紡沼田 こだわりの削り節の味わい

 

 

 

 

A7R06143

 

茶碗蒸しみたいなものですが、ねっとりしていて出汁の香りもとても良い。

これだけでプラス料金取れるんじゃないか?と思うくらいおいしかったです。

 

 

 

A7R06145

 

強肴 地海鮮または和牛 季節の鍋料理

海鮮か和牛から選べるようで、和牛にしました。

 

 

 

A7R06146

 

地和牛は伊豆牛でした。

サシがたっぷり入っていて、中年夫婦の胃袋には重たかったけど、

甘味があっておいしいお肉。

 

 

 

A7R06147

 

お口直しの氷菓

 

 

 

A7R06148

 

静岡和牛鉄板焼き…の予定でしたが、和牛が続くとつらいので、

アワビに変更していただきました。

 

 

 

A7R06150

 

シェフ特製石焼きぞうすい

 

お造りでもいただいた伊勢海老を出汁に使っています。

石焼なので、グラグラと煮えたぎった状態でサーブされました。

これもおいしかったなー。

 

 

 

A7R06152

 

甘味 至福のスイーツ

 

私もスイーツ大好きですが、

私以上の甘党男子(相方)はこの量にテンション上がってました。

 

 

 

A7R06154

 

お夜食に…といただいたおにぎりとゆで卵です。

おにぎりは出汁をかけてお茶漬けにしても良いということで、

水筒に入っている出汁を使いました。

 

お料理がおいしかったので、きっと出汁も良いはず!

と思ったのが正解。

お腹いっぱいでしたが、ついつい寝る前にペロリと食べてしまいました。

でも大丈夫です。

ウェストはゴムなので。

 

 

 

A7R06158

 

朝食は和食と洋食から選べますが、今回は二人とも和食を選びました。

洋食の情報がなくてすみません…。 

 

「私は和食が食べたいんです。でもブログ記事のために洋食を食べてくれませんか?」

と相方に問うたら答えは「NO!」でした。

そりゃそうか。

 

  

 

A7R06160

 

炊き込みご飯が少し残ってしまって残念でしたが、

こういうのをおにぎりにして、

チェックアウト時にお土産として持たせてくれたら嬉しいですよね。

 

夕食時はおにぎりにして夜食にしてくれるのに、朝食時はないのは、

衛生面の問題かしら。

 

 

 

A7R06161

 

金目鯛の塩麹焼き

 

 

 

A7R06164

 

お食事は全般的においしかったです。

盛り付けも良いし、土地のものをふんだんに使っているし、

宿泊客が2組だったせいか、タイミングも良かったし、接客も良かったし。

 

 

 

<総括>

2017年にオープンしたばかりで話題の宿ということでしたが、

宿やお部屋のネーミングからすると若い子向けなのか、

良さをお伝えするには、中年夫婦には荷が重かったです。

 

個人的には、LOVEを全面に出されると、

今は愛より健康なのよねーって思ってしまうので、

せっかくお料理がおいしいんですから「味覚の宿」とかつけてもらったほうが、

分かりやすい。(味覚の宿もハードル高いですけど)

 

そして、この価格帯のお宿だったら、もう少し驚きが欲しかったなー。

と思います。