おいしいもんが好き!

東京を中心に食べ歩きをし、時々旅にも出ています。

【石川県】加賀温泉 べにや無何有(むかゆう)宿泊記③ 食事編

 

 

 

<関連記事>

べにや無何有 お部屋編

べにや無何有 館内編

 

 

 

A7C07658.jpg

 

お食事はダイニングでいただきます。

 

この写真は朝に撮ったのですが、

右手のテラスでは、朝ヨガも行われているそうです。

現在はコロナで中止しているそうですが、ぜひ参加してみたかった。

 

なんと女将さんがインストラクターだそうです。

 

 

 

A7C07618.jpg

 

ダイニングの前には、蹲(つくばい)があります。

蹲とは、茶室に入る前に手を清める鉢みたいなものですが、

これは実際には触れません。

 

右端にある白いお皿に水が一滴ずつ落ちてきて、

それがレールを伝って、奥にある大きな白いお盆に流れていくのを見るだけです。

 

それだけの物なんですけど、不思議な魅力があって見入ってしまいました。

今はまだ動画編集中なんですけど、

いずれ紹介できればと思っています。 

 

 

 

A7C07565.jpg

 

一休のダイヤモンド特典は、日本酒1合かグラスワイン1杯。

 

二人で1合かと思ったら、一人1合。

そんなに飲めないし、私はお酒をやめるので(参考記事

ひとつソフトドリンクに変更してもらったら、

「割に合わないので…」と仰って、烏龍茶を2杯もいただけました。

 

現時点でお酒をやめて1か月以上経ちますけど、

疲れないし、お料理は最後まで楽しめるし、とにかく体が元気な気がします。

 

体質的に飲めないものを、たとえ少しとはいえ体に入れてたんですから、

そりゃそうだろって感じなんですけどね。

 

それでは、おいしかったお料理を写真とともに、一気にご紹介!

 

 

 

A7C07576.jpg

 

先付

地場野菜の柚香餡

 

 

  

A7C07579.jpg

 

前肴

加賀橋立港 毛蟹

琥珀ゼリー 花穂紫蘇

 

 

 

A7C07582.jpg

 

料理長の一品付プランでしたので、鮑の柔らか煮をいただきました。 

 

 

 

A7C07585.jpg

 

幻魚(げんげ)清汁仕立

茄子 新順蔡 つる菜

 

 

 

A7C07589.jpg

 

向付

平政 平目 鯵 甘海老 鮪

 

 

 

A7C07593.jpg

 

焼物

のどぐろ塩焼き 七宝仕立て

牛蒡、金時人参、茗荷、椎茸、長葱、独活、三つ葉、すだち

 

 

 

A7C07595.jpg

 

岩水雲と春野菜の春香鍋

タケノコ、わらび、茗荷、クレソン、新玉ねぎ、木の芽

 

 

 

A7C07597.jpg

 

お食事

新生姜ごはん、赤出汁

 

 

 

A7C07605.jpg

 

能登ジェラート 焼き最中

 

食事の評判が良いとは聞いていましたが、

間違いのないおいしさでした。

 

素材が良いのも当然のことながら、味付けが上品。

加賀野菜や北陸の海の幸のおいしさを満喫できて大満足でした。

 

特に蟹がおいしかったんですよね。

冬の時期はさぞおいしいことでしょう…。

 

 

 

A7C07622.jpg

 

気分よくお部屋に戻ると、

ちょうどよいサイズの夜食が置いてありました。

 

 

 

A7C07623.jpg

 

翌朝です。

なんかこの部屋、いろいろ絵になります。

 

 

 

A7C07560.jpg

 

明り取りの窓から、夜明けのタイムラプスを撮影しましたが、

前述のとおり編集中なので、しばらくお待ちください。

 

 

 

A7C07427.jpg

 

景色はこんな具合

 

 

 

A7C07645.jpg

 

朝食はフレッシュジュースから始まります。

 

「1種類でもいいし、全種類でもいいですよ」

と言われたら、全種類飲むしかない。

 

左から牛乳、ビタミンCスペシャル(グレープフルーツとオレンジ)

人参ジュース、大葉ジュース

 

 

 

A7C07644.jpg

 

効能書き

 

 

 

A7C07650.jpg

 

お膳が運ばれてきました。

 

 

 

A7C07652.jpg

 

温野菜は加賀野菜。

蒸すと野菜の甘味が増しておいしいですよね。

 

普段、そんなに甘みを感じない大根までもが甘くておいしかった。

 

 

 

A7C07653.jpg

 

卵焼き

 

 

 

A7C07654.jpg

 

キス

 

 

 

A7C07688.jpg

 

一度は行ってみたい宿でしたが、

評判通り気持ちよく滞在できて、食事もおいしく、大満足できた1泊2日でした。

 

写真を撮ってて楽しかったのも、個人的には嬉しかったな。

最近は、集中して撮ることもなく、

「撮っただけ」の写真ばかり人様に晒していて、

カメラもかわいそうで仕方がない。

 

写真を撮りたい発作に襲われ、

「撮影旅行にでも行ってみようかな」とワタクシがつぶやいたら、相方(夫)が

「どこどこ?どこへ行くの?俺も行くよ。荷物持ちでもなんでもするよ!」

 

嬉々として下僕宣言。

 

私が相方を荷物持ちとして引き連れる?

なんだそれ。 

なかなか面白そうじゃないか。( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あわせて読みたい