おいしいもんが好き!

東京を中心に食べ歩きをし、時々旅にも出ています。

【出雲大社】いにしえの宿 佳雲(けいうん)宿泊記

 

 

 

 

「神様に呼ばれる」

ってよく言いますよね。

 

あれ?「呼ばれないと行けない」だったかな?

あれ? 出雲大社じゃなくて伊勢神宮でしたっけ?

 

なんか「呼ばれたので行ってきました」的な記事を書こうと思ったんですが、

冒頭から自信がなくなりました。

 

でもま、

「呼ばれた気がした」ので、

島根県にある出雲大社へお参りしてきました。

 

 

 

A7C08970.jpg

(前回の写真使いまわし) 

 

ご無沙汰しております。

皆さんお変わりございませんでしょうか。

 

緊急事態宣言が延長になってしまいましたね。

 

解除されるまでお休みしようかと考えていたのですが、

ブログ的にも自粛疲れが出てきてしまったので、細々と上げて行こうと思います。

 

あーもう、コロナ憎し。

 

 

 

 

 

 

いにしえの宿 佳雲 

 

 

A7C09034.jpg

 

今回の旅程は、

1日目 いにしえの宿佳雲 宿泊

2日目 出雲大社参拝 宍道湖温泉宿泊

3日目 神戸宿泊

4日目 帰京

3泊4日です。

 

 

まずは「いにしえの宿 佳雲」のご紹介です。

 

 

 

出雲大社から約500mで、徒歩5〜6分という好立地にありました。

早朝参拝に向かいたいという方にもピッタリです。

私たちは行かなかったケド。

 

 

 

A7C09214.jpg

 

館内は畳敷でした。

下駄箱に靴を預けて、そのまま歩くシステム。

これがなかなか気持ち良い。

 

 

 

A7C09220.jpg

 

フロントから振り返ってみたところ。

左に見えるお面は、出雲神楽面という工芸品。

 

 

 

A7C09215.jpg

 

右手にはラウンジが見えます。

 

 

 

A7C09211.jpg

 

 

 

A7C09122.jpg

 

ここで好きな浴衣を選べるようですが、

私はいつも通りスルー。

 

 

 

A7C09038.jpg

 

24時間稼働しているコーヒーマシンがありましたが(おいしかった)

ウェルカムカップ酒も置いてありました。

 

 

 

A7C09212.jpg

 

売店

 

 

 

A7C09206.jpg

 

出雲神楽衣装布地という、こちらも工芸品。

 

他には、天雲の剣(草薙剣)十束剣(とつかのつるぎ)

素戔嗚尊スサノオノミコト)が八岐大蛇を倒したレリーフ等も展示されていました。

 

伝統や伝説をモチーフにした館内装飾に満ちているので、

日本神話好きな方には喜ばれるのではないでしょうか。

私も好きです。

 

 

 

A7C09042.jpg

 

月見台と呼ばれるテラス

 

 

 

和洋DXダブルルーム

 

 

A7C09051.jpg

 

そしてお部屋です。

 

離れがあったりスイートルームがあったりしますが、

一番スタンダードな和洋DXダブルです。

広さは30㎡

 

宿泊料金は、共立リゾートの株主優待があったので、

1泊2食 @7,670円。

 

 

 

A7C09052.jpg

 

 

 

A7C09066.jpg

 

 

 

A7C09055.jpg

 

内風呂がありますが、温泉ではなかったはず。

バスアメニティはミキモトでした。 

 

 

 

A7C09063.jpg

 

 

 

A7C09061.jpg

 

作務衣

 

 

 

A7C09059.jpg

 

アメニティ

 

 

 

A7C09064.jpg

 

どことなく、伊豆高原にある「きらの里」に似ているな。

と思ったら、同じグループでした。

  

 

 

 

A7C09045.jpg

 

共有スペースには様々な種類の枕が置いてありました。

 

 

 

A7C09047.jpg

 

「夢枕」なんて、ネーミングセンスがキラリと光る枕もありましたよ。

 

 

 

貸切風呂

 

 

A7C09177.jpg

 

さて、こちらは5か所ある貸切風呂です。

予約制ではなく、空いていれば利用できます。

 

「絹の湯」「季の湯」「漆の湯」「泡の湯」「岩の湯」とあり、

それぞれ趣が違います。

 

 

 

A7C09070.jpg

 

絹の湯を利用してみました。

マイクロバブルが放出している、シルキーなお湯でした。

 

 

 

A7C09071.jpg

 

他のお風呂はHPをご参照ください。

 


 

 

 

 

A7C09202.jpg

 

湯上り処もありますが、こんなに広いです。

食事処みたい。

 

夜22時~23時は、夜鳴きそばのサービスもあります。

 

 

 

A7C09078.jpg

 

15時~翌5時までは、アイスキャンディーのサービス。

 

 

 

A7C09204.jpg

 

翌5時~10時まではヤクルトも置いてあります。

 

 

 

食事

 

 

A7C09185.jpg

 

食事は、夕食朝食ともに食事処でいただきました。

おいしかったお料理を一挙にご紹介します。

 

 

 

A7C09080.jpg

 

土器盛り

鮭昆布巻き 筍土佐煮 慈姑 真名鰹幽庵焼 黒豆松葉

梅人参 松前数の子 帆立煮 牛蒡利休揚げ 茗荷酢

 

 

 

A7C09085.jpg

 

凌ぎ

蛸切飯 有馬山椒

 

 

 

A7C09088.jpg

 

先椀

松茸土瓶蒸し

 

 

 

A7C09091.jpg

 

お造り

〆鯖 中トロ 梶木 数の子 鰤 ボタン海老

 

 

 

A7C09093.jpg

 

 

 

A7C09097.jpg

 

台物

島根和牛石焼

 

 

 

A7C09098.jpg

 

焼きながらいただきました。

 

 

 

A7C09111.jpg

 

煮物

伊佐木煮付け

 

 

 

A7C09105.jpg

 

「心ばかり」というメニューがあり、

4種類のお食事から、好きなものを好きなだけ選べました。

 

・小柱かき揚

・蟹の茶わん蒸し

・フグ塩辛 

・フグの糸切り和え

 

写真は小柱のかき揚

 

 

 

A7C09108.jpg

 

こちらは蟹の茶わん蒸し。

 

好きなものを好きなだけと言われても、

お腹がいっぱいでしたので、これで十分でした。

 

 

 

A7C09116.jpg

 

最後のお食事も選択制。

・鮭といくらのちらし寿司

・鴨せいろ蕎麦

・へしこ茶漬け

 

写真は、へしこ茶漬けです。

 

 

 

A7C09119.jpg

 

水物

リンゴコンポート 冬苺 梅餅 出雲神在 葡萄 メロン

 

夕食はここまでです。

全体的においしかったのですが、伊佐木の煮つけだけが

「別の人が作った?」と思うくらい味が全然違っていて、おいしくなかったです。

それまでがおいしかっただけに、ギャップがすごかった。

 

 

  

A7C09187.jpg

 

朝食です。 

朝食は特筆すべきことは特になく、

可もなく不可もなしといった内容でした。

 

 

 

A7C09200.jpg

 

ひさびさのブログ記事で

「公開する」アイコンをクリックする手が震えておりますが、

それは決して前回の記事で「痩せてやる」宣言をしたからではありませんよ。

 

「結果はっぴょー!!」

 

と行きたいところですが、それはまぁうん。

そうっとしておいていただけると幸いと思う次第でございます。

 

下書きがたくさんたまっちゃっているので、

しばらくの間、ぽんぽんとテンポよくアップしつつ、

うやむやにしていく所存。

 

 

 

 

<関連記事>

 

いにしえの宿 佳雲 宿泊記

出雲大社参拝  ←次ここ

皆美館① お部屋編

皆美館② お食事編

雪の中、高速で松江から岡山まで 

神戸炉窯工房で神戸牛をいただく

囲炉裏料理いわやで、ぼたん鍋をいただく

 

 

 

 

 

 

  

あわせて読みたい