おいしいもんが好き!

ミシュラン星獲得店・予約困難店など おいしい食べもんと旅行の記録

【奈良県】歴史文化が色濃く残る桜井市に建つ全9室 オーベルジュ・ド・ぷれざんす桜井(ひらまつ)宿泊記②

宿泊記①の続きです。

 

 


 

 

ぷれざんす桜井はオーベルジュ(泊まれるレストラン)なので、

食事だけを目的としたお客様もいらっしゃいます。

 

「いらっしゃいます(キリッ)」と言いつつ、

この日は私たちを含め利用者は2組のみで、どちらも宿泊客。

 

これだったらお風呂入ってお化粧落としてスッピンで来ても良かったじゃーん。

食べ終わったらゴロゴロしたいよー。

お風呂に入るとか、超めんどくさいよー。

 

 

 

A7R09454

 

心の声がダダ洩れしないよう、笑顔を振りまきながら着席し、

シレっと「シャンパンを…」なんてオーダーします。

 

オーベルジュってあまり泊まったことないですけど、

ちゃんとした格好で食事をいただかなければいけないのが、とても面倒(ワタシテキニ)

 

 

 

A7R09456

 

でもお客様が少ないので、サービスは行き届くし、

お料理のタイミングも良いし、悪いことばかりではありませんでした。

 

写真撮影の許可ももらったので、ジャンジャン撮りまくりたいと思います。

 

 

 

A7R09458

 

野菜畑に見立てた宇陀金牛蒡と人参のコルネ

 

収穫をイメージしたお料理となっています。

左から人参、牛蒡、人参、牛蒡。

 

 

 

A7R09460

 

牛蒡のエキスが効いたコンソメスープです。

サイフォンで抽出してからいただきます。

 

 

 

A7R09462

 

鱈の白子のコンソメロワイヤル 菊芋のスープ トリュフの香り

 

 

 

A7R09464

 

「これが菊芋ですよ」って見せてくれました。

生姜に似ていますね。

 

 

 

A7R09466

 

ひらまつといったら、丸ごとエシレバター。

 

過去の記憶では、使い終わるとまた1個丸ごと提供してくれたんですが、

さすがに中年夫婦が一人1個のバターは食べすぎだろうと思ったので

控えめに使います。

 

後で聞いた話だと、

やっぱりバックヤードにはエシレがてんこ盛りで置いてあるらしい。

 

 

 

A7R09467

 

奈良県産野菜 トマトと黒オリーブのタップナード 麹味噌風味

 

ぷれざんす桜井のお料理には奈良県産のものがふんだんに使われています。

よーく見ると、白い苺もあるんですよ。

「パールホワイト」という品種だそうです。

 

 

 

 

A7R09473

 

甘鯛の炭火焼きと焼きリゾット

 

このお料理の主役は甘鯛なんですが、

上に添えられているのは、ほうれん草の根っこです。

奈良県産の「大和寒熟(かんじゅく)ほうれん草」です。

 

根っこがとても甘いので、

農家さんに無理を言って根から引き抜いてもらっているんだそうです。

 

抜くのも大変ですが、洗うのも大変そうですよね。

手がかかっているであろう一品ですが、

ほうれん草がここで凝縮しているような甘味のある、おいしいおいしい根っこでした。

 

 

 

A7R09476

 

平目のア・ラ・ヴァプール シャンパンソース

大和ふとねぎのキッシュと共に

 

ネギが、とても甘い。

塩加減がちょうどよく、甘みを引き立てるためだけに使われていました。

 

 

 

A7R09482

 

網獲り尾長鴨とフォアグラのパイ包み

 

 

 

A7R09485

 

プレデセールは、奈良県産の紫芋 トンカ豆風味アイス

 

 

 

A7R09487

 

これがトンカ豆です。

杏仁のような、バニラのような香り。

 

 

 

A7R09489

 

フレッシュ ぷれざんすスタイル

と銘打たれたデザート

 

 

 

A7R09493

 

食後は、こちらのラウンジでお茶をいただきます。

 

 

 

A7R09494

 

 

A7R09495

 

小菓子も最後まで手を抜きません。

 

 

 

A7R09498

 

美しい…。

 

 

 

A7R09503

 

ここからは朝食です。

 

 

 

A7R09505

 

 

A7R09508

 

パンの量がとても多いのですが、残してしまったら、

アランミリアのジャムも一緒にお土産で持ち帰ることができました。

 

 

 

A7R09510

 

卵メニューは目玉焼き、スクランブル等々から

好きな調理法を選べました。

 

 

 

A7R09512

 

ガレッドも可。

 

 

 

A7R09513

 

朝食は、夕食時のシックな雰囲気とガラリと変わり、

窓からの明るい光を浴びながら、気分良くいただくことができます。

 

写真にも逆光の方が良く撮れるので、何枚も撮ってしまいました。

出来に関しては、ぼんやりした写真かもしれないけど、私的には激アツでしたのよ。

 

 

 

 

 

 

あわせて読みたい