おいしいもんが好き!

東京を中心に食べ歩きをし、時々旅にも出ています。

【乗船記】2021年7月就航 東京九州フェリー「それいゆ」 テラス付きデラックスルーム乗船記① 乗船編

 
 
 
また、うちの相方(夫)が変なことを言い出した。 
 
フェリーで北九州まで行きたい。
車も積んでいって、帰りは1週間かけて運転しながら東京に帰ってきたい。
そういう旅をしたい。
 
え?
 
私たちは陸マイラーなんだから、
北九州だってマイルで行けるのに、わざわざ旅費をかけて行く?
それも車も積んで?
人だけじゃなく、車まで積載代金を払うと?
 
え?
 
 
 

f:id:oisiimongasuki:20210713144626j:plain

 

というわけで、

2021年7月に就航したばかりの東京九州フェリーに乗船してきました。
 
 
 

f:id:oisiimongasuki:20210710215212p:plain


航路は横須賀港から北九州市の新門司港までの約980キロ
紀伊半島や四国の南を通過しながら豊後水道に入り、門司へ向かいます。
 
横須賀23:45に出航
門司港への到着は翌21時
所要時間は約21時間。
 
運航スケジュールは、日曜日を除く毎日。
この新航路では、2隻の船が横須賀と新門司から、
同じような時刻に出発します。
 
船の名前は、
横須賀市の花の名がついた「はまゆう」
北九州市の花の名がついた「それいゆ(ひまわり)」
 
今回は「それいゆ」に乗船しました。
 
 
 

お部屋のカテゴリー&料金について

 
 

A7C08710.jpg

 
車も載せていったわけですが、ここでいきなりご料金の話を…。
船旅って、いったいいくらかかるのかっていうね。
 
基本料金は大人一人 12,000円
そこにお部屋ごとの追加料金がかかるシステムです。
(※今回はレギュラーシーズンで乗船しています)
 
お部屋のカテゴリーは5つ
 
 
 
・デラックス (今回泊まったところ) 
 
 

A7C08268.jpg

 
追加料金48,000円
船1隻につき、2部屋あり、1室で2名利用 
バス・トイレ・専用テラス付き
 
<設備>
テレビ・テーブル・ソファ・コンセント・USBコンセント
 
<備品>
冷蔵庫・電気ケトル・茶器セット・ドライヤー・ガウン・バスタオル・タオル
シャンプー・コンディショナー・ボディーソープ・ハンドソープ
歯ブラシ・スリッパ
 
 
 
・ステート 
 
 

f:id:oisiimongasuki:20210717075809j:plain

(画像はHPより拝借)

 
追加料金32,000円
1室で4名まで利用可
船1隻に18室あり。
 
<設備>
シャワーブース・トイレ・ロッカー・テレビ・コンセント・USBコンセント
 
<備品>
デラックスと同じ
ステートウィズペットというお部屋は、ペットと同室可。
 
 
 
・ツーリストS
 
 

f:id:oisiimongasuki:20210717075505j:plain

(画像はHPより拝借)
 
追加料金 6,000円
シングルルームで、鍵付きのお部屋、テレビあり。
船1隻に62室あり。
 
<設備>
テーブル・イス・照明・コンセント・USBコンセントテレビ
 
 
 
・ツーリストA
 
 

A7C08561.jpg

 
追加料金なし
鍵のかかる部屋ではなく、カーテンで仕切られているだけ。
1隻に96名
 
 
 
・ドライバールーム
トラックドライバーさんの専用ルーム
 
 
 
車両代金
3m未満 30,000円
4m未満 35,000円
5m未満 40,000円
車両代金には、大人一人の基本料金が含まれます。
 
 
で、
 
 
私たちは5m未満の車を一台載せて、大人2名デラックスルームに宿泊したので、
車両代金 40,000円(大人一人乗船料金含)
お部屋代 48,000円
大人一人乗船基本料金 12,000円
合計10万円
 
マイル使えばムリョーで2時間で行けるのに、
10万円と21時間かけて北九州へ行きます。
 
やっぱ相方って変態。
 
 
 
 

今回の旅程

 
 
フェリーで新門司まで行くわけですが、
その後5日かけて車で帰京します。
全移動距離、約2,500キロ
 
 
ざっくり書くと、こんな具合です。
1日目:出発
2日目:21時 新門司港着 小倉泊
3日目:尾道しまなみ海道へ 今治
4日目:淡路島を経由して奈良へ ふふ奈良泊
5日目:高野山 橋本泊
6日目:東大寺、三輪神社 浜松泊
7日目:帰京
 
 
ここで驚くことを言うと、今回の旅の目的は6日目の三輪神社です。
1月に行ったばかりですけど、また行くんです。
フェリーが目的ではありません。(キリッ)
 
そして旅の目標は「安全に家に帰る」です。
1,500キロも運転して帰ってくるので、とにかく安全運転です。
 
 
 
 

横須賀港到着

 
  

A7C08238.jpg

 

出航は23:45ですが、横須賀港には21時半頃についてしまいました。

 

 

 

A7C08240.jpg

 

案の定「乗船時刻は23時なのでお待ちください」と言われ、ウロウロします。

 

 

 

A7C08253.jpg

 

なんとなく総合受付で乗船手続きをしたりして、お茶を濁しますが、

車両サイズは自己申告でした。

 

カーフェリーに乗るときって、車検証を提示することが多いと思うのですが、

それもなかったです。

 

 

 

A7C08323-Edit.jpg

 

だいぶ使ったあとに撮ったので、ボロボロになってしまいましたが、

チェックイン時に受け取った乗船チケット。

 

ここに印刷されているQRコードが、お部屋の鍵にもなります。

 

鍵機能だけじゃなく、乗船時、下船時にもチケットを提示するので、

最後まで大事に持っておきましょう。(ボロボロだけど… )

 

 

 

A7C08243.jpg

 

乗船時は、車には運転手しか乗れず、

同行者は、徒歩で乗船するように。

 

と説明を受けます。

 

今回は先に動画を公開していまして、

こちらでは、車での乗船と徒歩での乗船の動画を撮ってきました。

よろしければ、コチラもどうぞ。

 

 

 音が出ます。約30分です。

 

 

 

A7C08244.jpg

 

待合所は、こんな感じです。

乗船時刻になったら、右にあるエスカレーターが動き出します。

 

 

 

A7C08245.jpg

 

売店には横須賀、北九州、それぞれの名産品が売っていました。

ドリンク類の料金は、この売店でも船内でも、割高感はなく、

普段の購入金額と、大きく変わりません。

この辺の料金設定は親切。

 

 

 

A7C08247-Edit.jpg

 

乗船客は男性が圧倒的に多かった。

相方と同じ変態性を感じます。(失礼)

 

女性はとても少ないので、私は変態中の変態なんでしょう。

 

 

 

A7C08248.jpg

 

茶店もありました。

 

 

 

A7C08255.jpg

 

横須賀では、船にここまでしか近づけません。

1枚目の写真は、新門司で撮影しました。

 

因みに船のスペックは(スペックって言うのか?)
全長222.5メートル
幅25メートル
総トン数 15,515トン
主機関 8,540kw×4基
航海速力 28.3ノット
車両積載台数 乗用車約30台 トラック154台
 
すごさが素人には全然わからないですけど、
航海速度は最高で50キロくらい出るそうです。
 
乗船したのは7月5日。
 
1日に就航したばかり。
且つ新造船なので、どこもかしこもピカピカです。
 
 
 
 

乗船

 
 

Still0716_00000-Edit.jpg

 

23時の乗船時刻となりました。

まずはチケットの確認。

 

 ※映像はGoproを助手席に固定して撮影しています。

  動画からのJPEG書き出しなので画質が悪いです。

 

 

 

Still0716_00001.jpg

 

誘導されるまま、ゆっくり乗船していきます。

 

 

 

Still0716_00002.jpg

 

船内はこんな感じ。

 

 

 

Still0716_00003-Edit.jpg

 

ここは船では2階に相当するらしく、

車は2階と3階に分けて誘導されていました。

 

どのような判断で分けているのか分かりませんが、

2階に誘導されたのは4台のみ。

 

 

 

Still0716_00004.jpg

 

ここから入っていきます。

 

 

 

Still0716_00005.jpg

 

さて、こちらは徒歩乗船。

まずは先ほどのエスカレーターで上階へ。

 

 

 

Still0716_00006-Edit-Edit-Edit.jpg

 

チケットを提示してQRコードを読み取ってもらいます。

 

 

 

Still0716_00007.jpg

 

ボーディングブリッジを渡って…

 

 

 

Still0716_00008-Edit.jpg


乗船。
船員の方が出迎えてくれています。
 
 
 

A7C08340.jpg

 

船内は動画を見ていただいた方がよくわかるのですが、

乗船してまず目につくのは、この3階分の吹き抜け。 

 

一番下が4階という扱いになります。

エレベーターはシースルーです。

 

 

 

お部屋(デラックスルーム)

 

 

 

A7C08586.jpg

 

お部屋は6階の一番奥(船首の方)にあると言われたので、

ずんずん歩いていきます。

 

 

 

A7C08329.jpg

 

あった! 2号室。 

 

 

A7C08606.jpg

 

乗船チケットに印刷されたQRコードをかざすと、開錠されます。

 

 

 

A7C08268.jpg

 

客室は、とても船とは思えない広さです。

 

船旅は初めてではないですけど、

4人部屋で知らない人と一緒だったり、

仕切りがカーテンだけだったりしたので、

個室の船旅は初体験です。

 

 

 

A7C08265.jpg

 

さすが新造船されたばかりの船は、

どこを見ても輝いています。 

 

 

 

A7C08269.jpg

 

乗った直後は、救命胴衣の使い方が放送されていました。

救命胴衣は、ベッドの下に置いてあります。

 

 

 

A7C08272.jpg

 

このお部屋はバス・トイレ付きです。

船内と侮るなかれ。

なかなかの湯量でした。

 

 

 

A7C08278.jpg

 

クローゼットに、使い捨てスリッパ

 

 

 

A7C08280.jpg

 

飲み物は、インスタントコーヒーと、お茶のバック(4袋)

 

ドライヤーがなぜかこんなところにありますね。

船で揺れるから洗面所には置けなかったのかな。

 

 

 

A7C08288.jpg

 

冷蔵庫内は空っぽです。

 

 

 

A7C08501.jpg

 

これは翌日撮影したテラスです。

 

風が強いので、椅子などの調度品は何もないですけど、

ここから眺める水平線なんて素晴らしくキレイだし、

下を見れば、トビウオがしょっちゅう飛んでいました。

 

 

 

23:45 出航

  

 

 

A7C08294.jpg

 

予定通り、横須賀港を出航します。

3人の係員が大きく手を振ってお見送りしてくれました。

 

 

 

A7C08296.jpg

 

15分ほどで、こんなに岸から離れてしまいました。

もう忘れ物をしても取りに戻れないですね。

 

 

 

A7C08304.jpg

 

お部屋のテレビには情報チャンネルがあって、

船の現在地を教えてくれます。

 

ネット環境ですが、はっきり言ってよろしくありません。

陸に近づくと、4Gとか3Gが拾えるかな?くらい。

 

無料のWi-Fiが1日に5回まで、1回30分利用できますが、

速くないし、あっという間に30分なんて経ってしまうので、

いっそのこと「繋がらない」と割り切った方が良いです。

 

 

 

A7C08314.jpg

 

さぁ21時間の船旅が始まりましたが、とりあえず寝ます!

次の記事で、船内の細かい情報をお伝えできればと思っています。

 

気になる揺れですが、外洋に出ると揺れます。

この日は波が穏やかでしたけど、お世辞にも揺れませんとは言えません。

 

震度1~2の揺れがずーっと続いている感じで、

動いていれば気にならないけど、横になるとわかるレベルです。

私は乗り物酔いをしないのですが、

念のために酔い止めを飲んで寝たら、朝までグースカピーでした。

 

 

 

 

 

 

 

あわせて読みたい