おいしいもんが好き!

ミシュラン星獲得店・予約困難店など おいしい食べもんと旅行の記録 目標はラグジュアリー

【ベトナム】ベトナム旅行記⑥ ハロン湾1泊2日クルージング パラダイス・エレガンス号 キャプテンビュー・テラススイート

 

 

 

<関連記事>

 

 

ベトナム旅行記① 準備編

ベトナム旅行記② 出発~到着 海外SIMやらGrabについて

ベトナム旅行記③ ホテル到着・激安スパ・初日の夕食はブンチャー

ベトナム旅行記④ インターコンチネンタルハノイ ウェストレイクの朝食ビュッフェ

ベトナム旅行記⑤ ハノイ市内観光

 

 

 

 

今回の旅のメインは、ハロン湾での1泊2日クルージング

 

 

3年前にも一度行ったことがあるハロン湾クルーズ。

とても良かったので、もう一度船を変えてクルーズしてみることにしました。

 

 

その時の記事(過去ブログです)

①ハロン湾クルーズ 乗船編

②ハロン湾クルーズ 鍾乳洞見学~夜まで

③ハロン湾クルーズ 2日目朝~下船まで

 

 

 

世界遺産 ハロン湾の成り立ち

 

1500k㎡を超える湾内に、約1600ほどの奇岩が大小あり、

これらの発生は、11~12万年ほど前の氷河時代にまでさがのぼると言われています。

中国の桂林から続く広大な石灰岩大地が沈降し、

長い年月をかけて雨風や波に侵食されてできたものだそうです。

 

この雄大な自然美をクルーズ船に乗って楽しみます。

 

 

 

申し込みは日本から

 

ハロン湾までは車で2時間半かかります。

(高速道路ができるまでは4時間半かかっていた)

ツアーに申し込むと送迎も含まれるため、今回はコチラのサイトから申し込みました。

 

 


 

ハロン湾へのツアーは日帰りも含め、多種用意されています。

大きな違いとしては、

 

・日帰りか一泊か

・高速道路を使うか、使わないか

・日本語ガイドを付けるか付けないか

 

 

ツアー会社もたくさんありますので、気に入ったものを選ぶとよいと思いますが、

とにかくケチってはダメです。

安いツアーを選ぶと、船がアイタタ…だったり、

高速道路を使ってくれなかったり、途中お土産屋さんに立ち寄ったりして、

いらないストレスを与えられます。

船のアイタタ感は、特に顕著です。

 

そして最短でも2時間半かけていくんですから、

日帰りではなく宿泊したほうが断然良いです。

 

 

 

最初は違う船で申し込んだ

 

 

過去の経験を踏まえ、申し込んだのは

 

・プレジデント号 キャビネットスイート

・1部屋2名850USドル

・日本語ガイド プラス300USドル

 

お部屋は船の後部に位置し、広いプライベートバルコニー付き。

ラグジュアリー感が満載の船です。

 

 

 

しかし

 

 

出発の2日前に代理店から

「コロナの影響でプレジデント号が消毒対象となってしまい欠航」

とのメールが届きました。

 

 

 

ショック!だがしかし

 

 

パラダイス・エレガンス号の

キャプテンビュー・テラススイートなら変更が可能。

895USドルだが差額45USドルは代理店がもってくれる。

とのこと。

 

ハロン湾クルーズをメインに来ているので、中止するわけにはいきません。

プレジデント号を楽しみにしていたけど、仕方なく承諾しました。

 

 

 

いざ出発! いきなり高級車でお出迎え

 

 

A7R09749

 

いやいやいやいや…

高級車で送迎とは聞いていたけど、

こんな立派なバンが来るとは思いませんでした。

 

 

 

A7R09738

 

同乗するのは、私たち以外に日本語ガイドさん、

欧米の女性2名、あとアジア人カップル2名。

 

お互い自己紹介することなく、車はどんどこ進みます。

 

 

 

A7R09748

 

1時間半ほど走ったところで、トイレ休憩。

お土産屋さんだったら嫌だなぁ…と思っていたら、本当にただのトイレ休憩。

10分ほどで再出発!

 

これ本当にありがたいです。

前回は片道4時間半かかったうえに、お土産屋さんに30分も滞在しましたから。

それも往復。

 

 

 

チェックインでもコロナの影響

 

 

A7R09756

 

12時少し前に到着しました。

 

 

 

A7R09757

 

日本語ガイド付きでしたので、チェックインはガイドさんが済ませてくれましたが、

ここで体温測定をされました。

 

ですよねー。

そりゃそうだ。

 

無事にチェックインが完了すると、

パラダイス・エレガンス号のリストバンドがもらえます。

 

 

 

A7R09754

 

それと、マスク。

 

ですよねー。

そりゃそうだ。

 

真面目に装着しましたけど、

欧米の方は誰も付けておらず、逆に目立ってしまいました。

目立つというか「え?コロナなの?」的な視線。

 

ベトナムはコロナの発生が16名。

それも全員完治したという喜ばしい時期でしたので(旅行時)

乗務員の装着率も低かったです。

 

 

 

いざ、乗船

 

  

A7R09766

 

乗船時間になりましたので、カートに乗って港に移動します。

 

 

 

A7R09771

 

一晩お世話になる、パラダイス・エレガンス号です!

 

 

 

A7R09776

 

ダイニングで歓迎の舞や1泊2日のスケジュール、

乗務員の紹介などがありましたが、当然ながら説明は全部英語です。

 

ちんぷんかんぷんでしたけど、盛り上がるべきところは一緒に盛り上がり、

みんなが爆笑していたら、とりあえず微笑んでおきました。

 

空気を読むのは得意です。

 

あとでガイドさんが要約して説明してくれたので大丈夫。

 

 

 

ツアースケジュール

 

 

 

IMG_6923

 

どの船に乗っても、だいたい旅程は同じだと思いますので、

ハロン湾クルーズをご検討の方は参考になさってください。

 

写真をクリックすると、Flickerに飛んで写真が大きくみられると思います。

ざっくり説明すると

 

13時 ランチタイム(ビュッフェ)

14:20 スンソット洞窟

15:30 アフタヌーンティー

16:00 ミキモト真珠島 またはカヤック

17:30 ベトナム料理(生春巻き) クッキング体験

19時 ディナータイム(コース料理)

21時 イカ釣り ピアノバーにてライブ

 

6:30 太極拳

7:00 軽食

7:40 ティートップ島上陸

8:30 朝食(ビュッフェ)

9:30 チェックアウト(鍵返却)

10:15 下船

 

アクティビティがいろいろありますが、参加は自由です。

追加料金が発生するのはカヤックだけで、あとは無料。

あと、ミキモトの真珠島に行くと、

誰か買わないと帰れない空気が流れるので生贄が必要。

行かない方が賢明です。

 

 

IMG_6924

 

こちらは航路。

 

 

 

A7R09779

 

説明をいろいろ受けているうち、おもむろに出航。

写真に写っているのは、乗船する予定だったプレジデント号です。

 

 

 

 

キャプテンビュー・テラススイートへ

 

 

 

A7R09780

 

あの船に乗りたかったんだよね…と言いながら、お部屋へ向かいます。

荷物はお部屋の前まで運んでくれていました。

 

 

 

A7R09839

 

お部屋は222号室。

 

 

 

A7R09782

 

あれ!? めちゃめちゃ素敵なんですけど!

 

 

 

A7R09784

 

2017年に船が完成したって言ってたと思いますが、

とにかく完成したばかりなので、キレイだけじゃなく、なんだか良い香りがします。

 

 

 

A7R09786

 

あとで調べたら、この船で一番良いお部屋でした。

もしかしてこれはラッキーだったのでは…。

 

 

 

A7R09785

 

ライフジャケットを見ると緊張しちゃうけど、これは大事な備品。

 

 

 

A7R09801

 

前回乗った船も二人で800USドルくらい払いましたけど、全然違う!

 

 

 

A7R09803

 

冷蔵庫空っぽは覚悟していました。

 

 

 

A7R09811

 

窓が大きくて明るい!

そうか。

キャプテンビューということは、お部屋の場所は船首なのか。

 

 

 

A7R09791

 

バスルームも広いです。

 

 

 

A7R09792

 

バスタブまであります。

船内だというのに湯量も豊富で、ストレスなく使えました。

 

 

 

A7R09795

 

アメニティはこじんまり。

 

 

 

A7R09796

 

左がトイレ、右がシャワールーム

 

 

 

A7R09798

 

しまったー!

コンディショナーがありません!

女子の皆さん、ご注意ください!

 

仕方なくシャンプーだけ使ったら、思ったほどゴワゴワしなかったですけど、

やはりあった方が髪には良いです。

 

 

 

A7R09787

 

テラスに出てみましょう。

 

 

 

A7R09788

 

うわ!これはすごいぞ。

本当に一晩過ごして良いんだろうか…。

 

 

 

A7R09790

 

興奮しているうちに、船はハロン湾を進んでいきます。

 

 

 

A7R09813

 

奇岩とか全然みてないし。

 

 

 

A7R09814

 

 

 

動画も撮影してきましたので、よろしければこちらもご覧ください。

約15分 音が出ます。

 

 

 

 

 

 

船の料理とあなどるなかれ! どれもおいしいランチビュッフェ

 

 

A7R09825

 

13時のランチタイムになったので、ダイニングへ向かいます。

お料理はビュッフェスタイルですが、どれもおいしい。

 

 

 

A7R09823

 

お寿司がありますが、ガリやワサビもちゃんとあります。(右下)

シャリがぎゅうぎゅうに握られていて、お米の隙間もないくらいでしたけど、

味はおいしい。

ネタも見たことがない色がついているけど、不思議とおいしかったです。

酢の具合が良かったのかな。

 

 

 

A7R09824

 

 

A7R09818

 

 

A7R09820

 

 

A7R09821

 

以前乗った船も、何を食べてもおいしくて関心したんですけど、

今回のお料理も全部おいしかったです。

 

やはりベトナムという新興国で外貨を得ようと思ったら、

こういうところに力を入れて良い料理人を使うんだろうか…。

と思ったり思わなかったり。

 

普通に考えたら1泊2名で8万円って高いし、

4泊したインターコンチネンタルは10万円と、ほとんど値段も変わらないし、

やっぱりクルージングって高いじゃんって思いますけど、

日本の観光地などに比べたら、全然ですね。

 

 

 

A7R09987

 

シャンパンもボトルキープできるというので、一本入れました。

173万ドン(約8,500円)

 

ランチとディナーで飲みきれなかったんですけど、

最後はお部屋まで持ってきてくれたので、サービスも良いです。

 

 

 

A7R09826

 

 船が新しいせいか、エンジンもとても静かでした。

アクティビティ等で船が停泊したときは特に静かで

「こういう時、エンジンは切るんですか?」と日本語ガイドさんに尋ねたら

「切りませんよ。エアコンとか動力をたくさん使いますからね」と。

 

雑音がないと、ハロン湾の静けさをより感じられます。

 

 

 

 続きます。

 

 

 

あわせて読みたい