おいしいもんが好き!

東京を中心に食べ歩きをし、時々旅にも出ています。

【修善寺】あさば① 施設編

 

 

 

日本を代表する旅館として、

西の「玉の湯」京の「俵屋」東の「あさば」と評される宿へ行ってきました。

 

歴史は古く、創業は1675年。

前身の温泉宿からの歴史は500年以上もあるそうです。

 

あ。

 

遅ればせながら明けましておめでとうございます。

最後の記事をアップしてから1か月くらい経ってしまいそうですが、

その間、無事に50歳を迎えました。

 

感慨深く静かに迎えるかと思っていたのに、

「祝50歳」「祝50歳」と、思いのほか家族に祝われ、

というか、しつこいくらい祝われ、

「いい?もう50歳だからね?わかった?」と説得させられているようでした。

 

今は様々なことが心から喜べる社会情勢ではありませんが、

食べ歩きも旅行もブログも、細く長く続けていければと考えています。

今年もどうぞよろしくお願いします。

 

で、なんの話でしたっけ?

 

そうそう。

西の「玉の湯」京の「俵屋」東の「あさば」でした。

 

 

 

A7C08245.jpg

 

「玉の湯」は2020年1月に訪問しましたが、(その時の記事はコチラ

お部屋もお料理も大変素晴らしいものでした。

 

「俵屋」の宿泊経験はないのですが、

並んで評される柊家には2020年3月に宿泊しましたので(コチラ

この辺りと比べれば良さそうです。

 

 

 

A7C08251.jpg

 

しかし「あさば」はネットで調べれば調べるほど賞賛のワードが並びます。

引くレベルで褒めちぎられています。

 

「ほんとにすごいの?みんな褒めすぎじゃない?」

と、斜に構えて行きましたが、これがほんとに素晴らしかった。

 

 

 

A7C08255.jpg

 

まず、到着時は当然のようにバレーパーキング。

 

入り口の門は狭いというのに。

駐車場までは目と鼻の先で、全然歩ける距離だというのに、バレーパーキング。

 

到着時は頭から突っ込み、

帰りはちゃんとバックでスタンバっている。

 

そして人が往来する中、宿泊客を嗅ぎ分けて声をかける嗅覚の鋭さ。

 

「お待ちしておりました」なんて声をかけて、

「いえ、違います」なんて言われることはないのだろうか。

それくらい何か確信をもって出迎えていただきました。

 

 

 

A7C08270.jpg

 

こちらは玄関付近ですが、陽光が素晴らしいですね。

写真を撮っていても見張られている感はぜんぜん無いのですが、

フロント担当の方、お部屋係などがしょっちゅう歩いているので、

困っていることがあったら、すぐに気が付いてもらえそうです。

 

 

 

A7C08590.jpg

 

正面に見えるのは能舞台

 

 

 

公式HPより

大聖寺藩主、前田利鬯子爵より寄進された能舞台「月桂殿」。
明治後期、七代目浅羽保右衛門があさばへと移築され、現代へと受け継がれています。
約40年前より「修善寺藝術紀行」と題し、日本の伝統芸能である能楽狂言、新内、
文楽、琵琶楽を、当世一流の師を招き、季節に応じて公演しております。
闇夜に奏でる幽玄な世界を堪能できる、一期一会のひとときをぜひお過ごし下さい。

 

 

 

A7C08243.jpg

 

令和3年の予定表です。

野村万作、萬斎親子の名前もあります。

 

万作氏は人間国宝ですね。

萬斎氏にはNHKにほんごであそぼ」で子どもたちが大変お世話になりました。

 

 

 

A7C08563.jpg

 

松本幸四郎氏、尾上菊之助氏の名前も並び、

著名人の舞台が開かれる日は宿泊料金が1泊2食9万円~

鑑賞だけでも17,000円だそうです。

 

 

 

A7C08229.jpg

 

テラスにも出られます。

 

 

 

 

お麩があります。

鯉の餌用なんですが、常に置いてありました。

 

ということは、むやみやたらにお客様が鯉に餌を与えないんでしょうね。

皆さん、節度を持って少量ずつ楽しまれるようです。

 

 一袋を全部ひっくり返すとか、

そんなやんちゃな血が流れている人はいないらしい。

 

 

 

A7C08222.jpg

 

1階に見えるのはサロンです。

 

 

 

A7C08468.jpg

 

サロンの利用時間はAM6:00-AM11:30、PM2:30-PM11:00

 

 

 

A7C08235.jpg

 

コーヒーや紅茶がいただけます。

 

 

 

A7C08553.jpg

 

スタッフは常駐していませんが、

電話をすればすぐに対応してもらえます。

アルコール等も、有料ですが注文できます。

 

 

 

A7C08484.jpg

 

この日は満室だったそうですが、

混みあうことはなく、多くても5~6名くらい。

とても静かに過ごせました。

 

 


A7C08548.jpg

 

 

 

A7C08231.jpg

 

 

 

A7C08274.jpg


 

 

A7C08269.jpg

  

階段が絵になるってなに。

 

 


A7C08244.jpg

 

なんだろう…。

売店ですら、オシャレに見えてきた。

 

これがあさばマジックか!

 

 

 

 

長くなったので続きます。

次はお部屋編です。

 

流れでいったら最初にお部屋のご紹介なんでしょうけど、

気が付いたらこんな具合になってしまいました…。

 

 

 

 

 

 

 

あわせて読みたい