おいしいもんが好き!

ミシュラン星獲得店・予約困難店など おいしい食べもんと旅行の記録

【高知】四万十屋(しまんとや) 本場四万十川の天然鰻を食す!

 

 

 

 

 

<関連記事>

徳島県・虎屋壺中庵

淡路島・潮崎の湯 やぶ萬

奥祖谷観光周遊モノレール

祖谷の隠れ宿 祖谷美人① お部屋編

祖谷の隠れ宿 祖谷美人② 夕食編

最後の清流 四万十川

サンリバー四万十 宿泊記

四万十屋 天然鰻          ←今ここ

道後温泉 道後御湯 施設編

道後温泉 道後御湯 食事編

 

 

 

 

 

四万十川といえば『鰻』ですよね。

 

でも、鰻って子供のころは苦手でした。

皮がブヨブヨしているし、なんか川の匂いが臭いし。

 

夕食が鰻の蒲焼だったりしたら

「ご飯とお味噌汁だけでいい」なんて言って、親を怒らせたりなんかしてました。

 

だからこそ、大人になってから『本場四万十川の鰻を食べてみたい!』

と、食べてみたのが4年前。

 

その時は、圧倒的なおいしさに感動したもんです。

これが鰻なのか…と。

お母さん、今まで食べていたのは鰻じゃなかったよ…と。

 

絶対にもう一度、四万十川まで鰻を食べに来る!

と、4年前にたてた誓いを果たしに来ました。

 

 

 

A7R03350

 

お店は4年前と同じ、四万十屋です。

当時も食べログ高評価でしたが、現在も3.49と高評価。

 

四万十川には他にも鰻の名店がありますが、同じお店を選びました。

私、失敗したくないので。

 

 

 

食べログです。


 

 

 場所です。

 

 

 

  

A7R03352

 

開店は10時ですが、張り切りすぎて早く来てしまった…。

四万十川を眺めながら開店を待ちます。

 

 

 

A7R03373

 

メニューですが、写真が小さくてわかりづらいな、これ。

 

 

 

A7R03375

 

鰻の、お値段はこんな具合。

 

天然と養殖では1,000円くらいの差がありますが、

ここは迷わず天然を選びたい。


 

 

A7R03369

 

開店時間になり、2階のお食事処へ促されます。

1階はお土産処になっているのです。

 

壁に貼ってあるのは「美味しんぼ」のコピーですが、

四万十屋は実名で登場しているんですよ。

2階には有名人のサインなんかも、たくさんありました。

 


 

A7R03357

 

鰻を待っている間、川海老660円も注文してみましたが、これもおいしい!

高級なかっぱえびせんを食べているようでした。(ホメてます)

 

もちろん川海老も四万十川産です。

 

 

 

A7R03360

 

川海老を半分くらい食べ進んだころ、うな重が登場!

 

この4年間「また四万十屋の鰻が食べたいね」

と、私たちの心をつかんで離さなかった鰻です!

 

真ん中の小鉢にあるのは、鰻の肝です。

私は肝の類が食べられないので、これは相方にあげます。

 

お味噌汁は、青さのり。

 

 

 

A7R03359

 

本物の天然鰻は身がしっかりしています。

養殖と違って、ちゃんと筋肉があるんです。

でも身は柔らかい。

 

うわー! やっぱりおいしい~!!

 

甘めのタレも、甘党の私たちにはピッタリです。

 

温かいうちに一気に食べてしまうか、

それともゆっくりゆっくり、この4年間を噛みしめながら食べるか。

その狭間で揺れ動きながら食べました。

 

また次は数年後になってしまうかもしれないけど、

3回でも4回でも通いたいお店です。

 

 

 

 

<関連記事>

徳島県・虎屋壺中庵

淡路島・潮崎の湯 やぶ萬

奥祖谷観光周遊モノレール

祖谷の隠れ宿 祖谷美人① お部屋編

祖谷の隠れ宿 祖谷美人② 夕食編

最後の清流 四万十川

サンリバー四万十 宿泊記

四万十屋 天然鰻          ←今ここ

道後温泉 道後御湯 施設編     ←次ここ

道後温泉 道後御湯 食事編

 

 

 

 

 

 

あわせて読みたい