おいしいもんが好き!

ミシュラン星獲得店・予約困難店など おいしい食べもんと旅行の記録

【淡路島】潮崎の湯 やぶ萬  文久3年創業の老舗旅館で淡路島産の鱧三昧と鳴門の渦潮観光

 

 

 

 

 

<関連記事>

徳島県・虎屋壺中庵

淡路島・潮崎の湯 やぶ萬        ←今ここ

奥祖谷観光周遊モノレール        

祖谷の隠れ宿 祖谷美人① お部屋編   

祖谷の隠れ宿 祖谷美人② 夕食編   

最後の清流 四万十川         

サンリバー四万十 宿泊記

四万十屋 天然鰻         

道後温泉 道後御湯 施設編

道後温泉 道後御湯 食事編

 

 

 

 

虎屋壺中庵で『いい塩梅』を勉強した後は、

淡路島の老舗旅館、やぶ萬へ移動します。

 

 

 

ここには今回で3回目の訪問なんですが、

宿泊施設でありながら、日帰りでランチもやっていて、

今までは鱧三昧のランチをいただいたりしていました。

 

 

でも今回は宿泊もします!

やったー!

 

 

※鱧三昧のランチコースは1万円くらい。

 個室が用意されていて、食後には宿の大浴場で潮崎温泉に入浴することもできます。

 バスタオルも準備されています。

 

 

やぶ萬の創業は文久3年(1863)年

調べてみたところ、1853年が黒船来航なので、その10年後ということです。

徳川家茂の時代ですよ。

 

 

 

 

  プラン名:べっぴん鱧を満喫!「鱧すき鍋プラン」

 

 チェックイン15時 アウト10時

 宿泊料金 1泊2食2名 44,000円(税・サ込)

 やぶ萬のHPはコチラ

 

 

 

 

A7R02800

 

正面玄関の間口は狭いですが、奥は広いです。

やぶ萬で特筆すべきは「鱧がおいしい」はもちろん、

その次にくるのが「女将さん」でしょうか。

 

5代目になる若女将が、とにかく前面に出てくれます。

ランチで利用しているだけなのに、わざわざ個室まで来てご挨拶してくれるし、

今回のお出迎えも、若女将が一番に飛び出してきて車を誘導してくれました。

 

 

 

A7R02686

 

お部屋は昭和の香りが色濃く残っています。

 

 

 

A7R02687

 

「昔ながらの旅館っぽい雰囲気は怖いんだよ」

とかいつも言ってる乙女男子な相方がやぶ萬の宿泊を決めたのは意外。

 

 

 

A7R02688

 

私は子供の野球合宿で、

襖の向こうに知らない男性が寝ているような

部屋に鍵すら付いていない宿に宿泊した経験があるので、

だいたいのところは大丈夫です。

 

 


A7R02690

 

 

 

A7R02691

 

食事で利用する個室にはWi-Fiがあるので、いままで気づかなかったのですが、

宿泊するお部屋にはありません。

 

フロントでポケットWi-Fiを借りるシステムになっていますが、

ハッキリ言って遅い。

ほぼ使えないので、自分のキャリアを使った方が速いです。

 

 

 

A7R02689

 

お部屋からの景色は良く、

この港から鳴門の渦潮クルーズが出発します。

 

海の中でグルグル巻いている、アレです。

バカボンのほっぺたにもありますね。

 

 

 

A7R02750

 

というわけで、チェックイン後さっそく向かいます。

この日は「大渦」の日なのです! 

 

大渦(おおうず)とは、特に大きな渦が期待できる日で、

さらに1日の中でも時間によって渦の状態が変わるんです。

 

大渦の日でも、さらに渦の状態が良い時間帯を予約していました。

 

 

 

 

 

 

予約サイトはこちら

www.uzu-shio.com

 

 

料金は大人@1,500円

所要時間は約1時間です。 

 

 

 

A7R02748

 

この船に乗っていきます。

 

 

 

A7R02696

 

出航時には、若者が大きな声で見送りをしてくれました。

やらされてるよね。

あれ、絶対やらされてるわ。

 

と思いながら、こういうものには積極的に手を振り返すようにしているので、

オバちゃんも全力で手を振ります。

 

 

 

A7R02699

 

片道15分から20分くらいでしょうか。

その間は、鳴門の渦潮についてなどの案内を聞きます。

 

音声は録音ではなく、ちゃんとアナウンサーが乗っています。

リアリティがあって面白かったですよ。

 

 

 

A7R02705

 

大鳴門橋が見えてきました。

 

 

 

A7R02709

 

 

 

A7R02724

 

 

 

A7R02736

 

鳴門の渦潮は、

潮の満ち引きによる瀬戸内海と紀伊水道の潮位の差によってできるそうです。

大きな渦だと、直径が20mにもなるらしい。

 

 

 

A7R02715

 

 

 

 

A7R02720

 

大鳴門橋には徳島側に「渦の道」という遊歩道があり、

地上45mの高さから渦潮を見下ろすことができますよ。

 

 

 

 

 

 

A7R02743

 

渦がいくつも連なった「渦連」も見えます。

 

 

 

A7R02745

 

20分ほど見て、再び港へ戻ります。 

 

 

 

A7R02756

 

さてさて、宿に戻った後は夕食です。

 

通常ランチで使用されているお部屋に移動するんですが、

このお部屋は、前述の通りWi-Fiがきます。

 

 

 

A7R02765

 

見事に『鱧』の文字が並ぶ。

 

 

 

A7R02759

 

これが淡路島産の『べっぴん鱧』

目が大きくてクリクリしていますね!

 

べっぴん鱧は、身が厚くて皮が薄いのが特徴。

 

しかしこの写真は骨のみです。

「鱧すき」で出汁を取る時に使います。

 

 

 

A7R02764

 

鱧の肝

肝が食べられるのは産地ならでは。

 

 

 

A7R02767

 

鱧ちり

身の厚みが分かりますか?

 

 

 

A7R02772

 

鱧すき

先ほどの骨を使って出汁をとります。

 

 

 

A7R02761

 

写真は2人分ですが、結構お腹いっぱいになります。 

鱧の子も、ちゃんとあるんですが、これもうまい。

 

 

 

A7R02773

 

同じく淡路島名産の玉ねぎと一緒にいただきます。

 

 

 

A7R02780

 

締めは、素麺でした。

こちらでは定番だそうです。

 

細麺に出汁がたっぷり絡まっておいしい。

自宅でも真似してみたい!

 

 

 

A7R02776

 

鱧てんぷら

 

 

 

A7R02779

 

鱧寿司

 

このあたりでお腹いっぱいになる方が多いらしく、

最初から「お部屋に持って行ってもいいですよ」とご案内してもらえました。

 

日帰りで利用していた時も、これはいつも持ち帰っていて、

帰りの飛行機とかで食べるんです。

 

ちょっとお腹に余裕ができた時に改めて食べると、本当においしい。

 

 

 

A7R02781

 

赤だしにも鱧が入っています。

 

 

 

A7R02782

 

果物で終了。

 

 

 

 

A7R02789

 

朝食です。

 

 

A7R02791

 

玉ねぎサラダですが、苦みがなく、とても甘い。

さすが淡路島。

 

チェックイン時に淡路島で使える地域クーポンを

二人で4,000円分もいただいたので、たくさん買って帰りました。

 

東京都民なのでGoToは対象外だったんですが、

地域クーポン券はちゃんともらえたので良かった。

(やぶ萬はGoTo対象宿です)

 

 

 

A7R02792

 

 

 

A7R02794

 

 

 

A7R02796

 

昭和な炊飯ジャー

 

 

 

温泉は大浴場のみで露天風呂もありませんが、

淡路島で本場の鱧を食べるなら、このやぶ萬はおススメです。

 

宿泊が無理なら、ランチだけでもおススメ!

 

建物もお部屋もそうですが、接客も昭和な感じで、

とてもフレンドリーですよ。

 

「おいしいでしょ?」

「このへん、もう煮えてきたから食べて」

 

などなど、親戚のおばちゃんみたい。(ホメてます)

夕食時だけじゃなく、朝食時にもあいさつ回りをしていた元気な若女将にも

ぜひ会っていただきたい。

 

 

 

 

 

あと食べ歩きブログとは関係ないんですけど、

先日アストンマーティンDBXという、アストン初SUV試乗会に行ってきまして、

動画を作成しましたので、よろしければご覧ください。

 (注:買いません)

 

 

 

 

 

<関連記事>

徳島県・虎屋壺中庵

淡路島・潮崎の湯 やぶ萬        ←今ここ

奥祖谷観光周遊モノレール        ←次ここ

祖谷の隠れ宿 祖谷美人① お部屋編   

祖谷の隠れ宿 祖谷美人② 夕食編   

最後の清流 四万十川         

サンリバー四万十 宿泊記

四万十屋 天然鰻         

道後温泉 道後御湯 施設編

道後温泉 道後御湯 食事編

 

 

 

 

 

  

あわせて読みたい