おいしいもんが好き!

おいしい食べもんの記録

【台湾】2泊3日台湾旅行③ ホテル到着 11月上旬の服装は?

<前回までの記事>

 

① 準備編

② 出発編 全日空 NH851便 ビジネスクラス搭乗機

 

無事、台湾に入国です。

心当たりは何もないけど、入国拒否されなくて良かった。

これで安心して食べ歩きできます。

 

 

さぁ次はホテルへ向かいましょう。

今回宿泊するのは、王朝大酒店 (サンワールドダイナスティホテル)

 

2019-11-18-(1)

 


 

 

 

 

 

アクセス良好

 

立地はとても良くて、台北松山空港からわずか1キロちょっと。

歩ける距離ですけど、私たちは年齢的にアレなので無理はしません。

タクシーに乗ります。

 

 

 

 

あまりにも近くて嫌がられるかと思いましたが、台湾の人はとても親切で、

「ウェルカム台湾!」と笑顔で乗せてくれました。 

 タクシー代は8台湾ドル。(約280円)

 

とても安いですが、台湾でタクシーを利用したのは、この時と、

あと九份の往復、帰りのホテル→空港間のみ。

 

タクシーも安いんですが、電車も安いんです。

ちょっとした場所ならば、だいたい20台湾ドル(70円)で行けます。

 

ホテルから最寄り駅(台北小巨蛋)も徒歩5分くらいなので、

とっても便利。

 

 

宿泊カテゴリー&料金

 

 

A7R06851

 

 

 

 王朝大酒店(サンダルダイナスティホテル) デラックスキングルーム 

 チェックイン15時 アウト12時

 宿泊料金 5,600台湾ドル(19,600円) 

 楽天トラベルのサイト

 

 

 

客室カテゴリーは、以下のようになっています。

・スーペリアルーム

・デラックスルーム

・エグゼクティブクラブスーペリアルーム

・エグゼクティブクラブデラックスルーム

・エグゼクティブクラブスーペリアスイートルーム

・エグゼクティブクラブデラックススートルーム

 

エグゼクティブクラブ以上だとラウンジが利用できますが、

今回の旅行は、街中での食べ歩きが目的なので、全然利用できそうもない。

もったいないので、デラックスルームにしました。

 

 

 

A7R06848

 

Yちゃん(長男の彼女)のご両親のお知り合いである方にも無事に会えて、

日本語で説明してもらいながらお部屋へ向かいます。

 

外観を見た時から大きなホテルだと思っていましたが、

この吹き抜けには圧巻。

 

下に見えるのはレストラン。

左のミノムシみたいなのはエレベーター。

 

 

 

お部屋の写真

 

 

A7R06835

 

デラックスキングルームです。

広さは30㎡あり、2人で滞在するには十分な広さです。

それにキレイだし、明るいし、これで一泊約10,000円ですよ。

 

 

 

A7R06836

 

A7R06838

 

A7R06839

 

A7R06840

 

A7R06841

 

A7R06842

 

トイレはウォシュレット付きでした。

 

 

A7R06843

 

A7R06844

 

冷蔵庫には長男と彼女からのプレゼントが入っていました。

 

 

 

A7R06940

 

なんとケーキです!

これは絶対に彼女のアイデアです!!

 

「ありがとう」

 

とYちゃんにLINEを送ったら「台湾旅行楽しんでください」って返信が来たけど、

同じく長男に送ったら「そういえば台湾行くって言ってたね」って返信だったし。

 

本当によくできた彼女です。

 

現在Yちゃんは日本、長男はアメリカと超長距離恋愛中。

それも18か月の留学期間で、帰国は一切認められないという厳しい環境ですが、

なんとか頑張って欲しいと心から願っています。

 

 

 

A7R06847

 

窓からの景色は街並み…といった感じ。

景色の良いお部屋は、現在改装中なんだそうです。

 

 

 

24時間営業のセブンイレブンあります

 

A7R06938

 

ホテルの1階には24時間営業のセブンイレブンがありました。

これは便利ですね。

 

そして驚いたことに、お店には日本茶のペットボトルがたくさん並んでいました。

私たちは台湾茶が好きなので、さっそくペットボトルを買おうと思ったら、ない!

逆に日本茶の方が種類が豊富でビックリ。

 

そうか。

これが隣の芝生は青く見えるってやつか。

 

日本人は台湾茶をおいしいと思い、

台湾人は日本茶をおいしいと思う。

 

 

 

台湾11月上旬の服装は?

 

このころ日本はといえば、しっかりとした上着が必要になる時期ですが、

台湾はどうなのか、さっぱりわかりませんでした。

 

こういうの、すごく悩みますよね。

旅先で無駄に洋服とか買いたくないじゃないですか。

 

「台湾」「11月上旬」「服装」

という検索ワードでこのブログに辿り着いた方もいると思うので、

参考程度に台湾での私の服装を書きますと、

 

日中…半袖

夜間…半袖に薄手の羽織もの。

 

要するに温かく、湿度がないので快適です。

ってことです。

相方は日中トレーナーを1枚着ていましたが、

日の高い時間(14時ころ)には腕まくりをしていました。

 

そしてバイクに乗っている台湾人の中には、

薄手のダウンジャケットを着ている人もいました。

 

私は半袖。バイクはダウンジャケット。

一見するとチグハグですが、でもまぁアリかな…って、そんな感じの気温でした。

 

 

 

 

 

 

続きます。