おいしいもんが好き!

おいしい食べもんの記録

【台湾】2泊3日台湾旅行⑦ 食べて買って食べて飲んで

<前回までの記事>

 

① 準備編

② 出発編 全日空 NH851便 ビジネスクラス搭乗機

③ ホテル到着編 王朝大酒店(サンワールドダイナスティホテル)

④ 占い横丁で、ズバズバ言い当てられる

⑤ 永康街で食べ歩き

⑥ 士林夜市で食べ歩き

 

 

 

台湾食べ歩き2日目です。

 

この日は台湾大好きYちゃん(長男の彼女)から与えられたミッションをこなします。

台湾の食べ歩きと言っても、どこへ行って何を食べたらいいかわからない我々に、

Yちゃんは9つのミッションを与えてくれました。

 

 

まずはその①

『魯肉飯を食べる』です。

 

 

 

台湾のごはんといえば魯肉飯  香満園

 

 

魯肉飯とは、豚肉を濃いめの味付けで煮込んだ丼物です。

 

 

アクセス

 

 

 

香満園は、雙連駅からとても近いです。

写真右に駅の2番出口が写っていますが、お店は写真の左にチラリと写っています。

歩いている男性の横に白い壁が見えますが、その反対側にお店があります。

 

 

 

A7R06956

 

 

 

 お店は半屋外

 

 

A7R06955

 

台湾では、このような半屋外のお店は珍しくないです。

おいしさが溢れてると思いませんか?

決して大きくない店舗に、これだけの人が集まっているんですよ。

 

台湾の人は親切なので(何度でも言う!本当にみんな親切)

ウロウロしていたら「何人?」といった感じで笑顔で声をかけてくれました。

 

とても入りやすいです。

 

 

 

A7R06953

 

目的は魯肉飯なので、これを2つ頼みます。

25台湾ドルと書いてありますが、日本円で約90円!

 

続けてオバちゃんが「スープ?」と訊ねてきました。

『スープも飲む?』という意味だろうと思って頷くと、

魚丸湯と貢丸湯を交互に指差しています。

 

パット見たとき『正露丸』にしか読めない漢字だけど、

貢丸湯にしてみました。

 

 

 

A7R06952

 

全部おいしそう。

どんな味付けなのか、さっぱり分からないんだけど

きっとおいしいに違いない。

 

 


A7R06948

 

魯肉飯と正露丸じゃなく貢丸湯が来ました!

これが食べたかったーーー!

 

大きさは子供茶碗くらいです。

小さいな、と思ったんですけど、

周りの方を見てみると、魯肉飯にスープ、

他のメニューを2~3皿加えて食べている方が多いので、朝食としては十分なのかも。

 

そして貢丸湯は、肉団子のスープでした。

緑の葉が見えますが、パクチーです。

 

台湾は予告なしに八角パクチーが口の中に入りますので、

苦手な方はお気を付けください。

 

 

 

A7R06950

 

魯肉飯だけで終わりにするつもりだったのですが、

空心菜がある!」と思って注文したら、空心菜ではありませんでした。

 

でもゴマ油とニンニクの香りがついた、おいしいおいしい青菜。

たしか10台湾ドル(約35円)だったと思います。

 

 

清心福全でお茶する

 

 

ミッションその②

ここで『四季春青茶を甘さゼロで飲む』です。

 

 

A7R06958

 

清心福全は、いろいろな所にあるそうですが、

探してみるとなかなか見つからず、やっと出会った店舗がここ。

 

 

 

 

香満園から、徒歩20分くらい。

まだ開店しておらず、シャッターが閉まっていました。

 

11時の開店まで待って、Yちゃんからのメモを見せたところ、

「調理に20分かかる」と言われてしまいました。

 

それならば、とタピオカミルクティーを注文したら、

40分かかると言います。

 

 

 

 

A7R06960

 

他にも店舗があるようなので、この場では断念し、

台湾の裏路地を眺めながら、次なるお店へ向かいます。

 

 

永久號でカラスミを買う

 

 

次はYちゃんのミッションではなく、自分たちの買い物です。

 

 

アクセス

 

 

 

 

 

A7R06961

 

再び歩くこと、約10分。

カラスミ専門店へやってきました。

 

 

 

A7R06963

 

店員さんは日本語が堪能なので安心です。

身振り手振りになるかと思いましたが、全然大丈夫でした。

 

「試食はありますか?」

 

と訊ねたら、奥の冷蔵庫から出してくれたんですけど、

これが日本のものとは比べ物にならないくらいおいしい!

少し食べただけなのに、カラスミの香りが口の中にずっと残ります。

 

 

 

A7R06962

 

ヒトツ750タイワンドルアルネ。

ニホンエンデ2,500エンクライアルヨ。

 

こんな片言じゃなく、ちゃんと説明してくれましたけど、

日本じゃ2,500円でカラスミなんて買えないよなー。

 

 

 

A7R06979

 

こんなに大きいし…。

 

レイトウスレバ、スウカゲツモツアルヨ。

 

主婦は冷凍保存という言葉に弱い!

ひとつ買って帰ってきました。

 

 


A7R06965

 

台湾の街並みを眺めながら、次は迪化街へ行きます。

しかし長くなってきたので、このへんでいったん閉めます。